bmr

bmr>NEWS>元テンプテーションズのデニス・エドワーズ、75歳の誕生日を前に亡くなる

NEWS

元テンプテーションズのデニス・エドワーズ、75歳の誕生日を前に亡くなる

Dennis Edwards - Don't Look Any Further

テンプテーションズ(The Temptations)のリード・ボーカリストとして“Just My Imagination (Running Away With Me)”や“Papa Was A Rollin’ Stone”といった全米ナンバーワン・ヒットを放ち、またソロ・シンガーとして、ヒップホップのサンプリング・クラシックとして今なお愛される“Don’t Look Any Further”を歌ったことでも知られるデニス・エドワーズ(Dennis Edwards)が亡くなったことが発表された。74歳だった。

テンプテーションズのリード・ボーカリストとしてグラミー賞に輝き、1989年にはロックの殿堂入りも果たしたレジェンド・シンガーが、この世を去った。デニス・エドワーズは近年、妻と共にミズーリ州セントルイス近郊のフローリッサントに住んでいたとのことで、遺族がセントルイスの地元紙セントルイス・ポスト・ディスパッチに対し、亡くなったことを認めた。妻によると、昨年5月頃から髄膜炎によりイリノイ州シカゴの病院に入院していた。この髄膜炎による合併症により、現地時間で2月1日に亡くなったとのこと。2月3日には75歳の誕生日を迎えるところだった。

この訃報に、Motown Recordsの設立者であるベリー・ゴーディ(Berry Gordy, Jr.)は声明を発表し、「モータウン・ファミリーからまたひとつ、光が失われてしまった」としながら、「デニスは、テンプテーションズのこれからという重要な時期に加わるメンバーとして、まさに理想的なアーティストでした」、「デニス・エドワーズは、モータウンの歴史の中でいつまでも輝く光であることでしょう」などとデニス・エドワーズを讃えた。

また、1984年のデニス・エドワーズのソロ曲“Don’t Look Any Further”でフィーチャーされたことがきっかけで注目を集めたサイーダ・ギャレット(Siedah Garrett)を始め、ブーツィー・コリンズ(Bootsy Collins)、チャック・D(Chuck D)、クエストラヴ(Questlove)、MC・ハマー(MC Hammer)など多くのミュージシャンたちが追悼のコメントを綴っている。同じMotown Recordsで活躍していたスモーキー・ロビンソン(Smokey Robinson)は米Rolling Stone誌に、「またひとり、モータウンの戦士が旅立ってしまったことを知るのは本当に悲しい。安らかに。君は素晴らしい才能の持ち主だった」と心境を明かした。

2011年には、クリーブランドで開催されたアレサ・フランクリン(Aretha Franklin)のトリビュート・コンサートでアレサ・フランクリン、デニス・エドワーズ、ロナルド・アイズリー(Ronald Isley)の3者で“A Song For You”を披露し、元気な要素を見せていたが、ロナルド・アイズリーはこの時すでに、デニス・エドワーズが病気を患っていることを聞かされていたという。「彼が快復し、また一緒に歌えるよう祈っていた。でも彼は今、主のもとにいるんだね」とポスト・ディスパッチに語っている。

1943年2月3日生まれのデニス・エドワーズは、アラバマ州出身で生まれたが、幼少期に家族と共にデトロイトに引っ越した。父親の教会で歌うことで歌手としての才能を開花させ、ゴスペル・グループなどで歌った後、60年代初頭にはカントゥアーズ(The Contours)の初期メンバーとなったのを経て、1968年に脱退したデイヴィッド・ラフィン(David Ruffin)の代わりにテンプテーションズのリード・ボーカリストを務めることになる。そのソウルフルな歌声で、彼はテンプテーションズに“I Can’t Get Next To You”、“Just My Imagination (Running Away With Me)”、“Papa Was A Rollin’ Stone”といった全米ナンバーワン・ヒットを始め、“Ball Of Confusion (That’s What The World Is Today)”、“Cloud Nine”といった人気ヒットをもたらし、60年代末から70年代前半にかけて活躍した。特に、“Cloud Nine”でのグラミー賞獲得は、Motown Recordsのアーティストとして初だったとされる。

70年代後半からはグループへの脱退、再加入を何度か繰り返し、1989年を最後にテンプテーションズを離れたが、1984年に『Don’t Look Any Further』でソロ・デビュー。サイーダ・ギャレットとデュエットした表題曲“Don’t Look Any Further”は当時のR&Bチャートでヒットを記録したほか、エリック・B&ラキム(Eric B. & Rakim)の87年ヒット“Paid In Full”を筆頭に、トゥパック(2 Pac)、ジュニア・マフィア(Junior M.A.F.I.A.)、TLC、メアリー・メアリー(Mary Mary)など多くの後進アーティストたちに愛されてきたサンプリング・クラシックとなっており、近年もファット・ジョー(Fat Joe)“So Excited”で使われたばかり。

テンプテーションズは1989年にロックの殿堂入りを果たし、2013年にはグラミー功労賞も贈られている。

 

 

 

The great #DennisEdwards wasn’t just God’s GIF(t) to Meme Culture (I’m still scratching my head about how a completely horrible video in the age of #BillieJean suddenly transforms to an art piece some 35 years later) Dennis was a complete miracle. In the #MtRushmore of gruff soul (the Father #MarvinJunior of #TheDells, the son Edwards, the Holy Ghost @EddieLevertSr & the disciple? #TeddyPendergrass no doubt) Black male crooners were standing on shaky ground as is. for the most part falsetto/silky smooth vocals was a survival code more than a choice. From #CyldeMcphatter to #TonyWilliams of #ThePlatters to #BillKenny of #TheInkSpots to #BillyStewart to #SmokeyRobinson to #JohnnyMathis to #NatKingCole— in the rock n roll era EVERY aspect of your presentation had to be non threatening from clothes (“street clothes” was late 60s but even then most labels had you fresh & clean) to album covers (#BerryGordy famously kept #TheIsleyBrothers OFF their #ThisOldHeartOfMine cover so that they wouldn’t scare off potential unknowing fans) to actual ALBUMS check BOTH live albums by #SamCooke the ultimate code switch move: his shelved until 20 years later #LiveAtTheHarlemClub was gritty & down home black (which was enough for his label to shelve it for fear that him SANGIN all gruff would mess up the pallet of his white fan base that came to love his silky gentle tenor—hence the #LiveAtTheCopa shows no sign of struggle blood nor sweat. Most of you that seen @EddieMurphyOfficial’s #Delirious know the “Teddy be scaring women into sleeping with him bit: “YOUGOTyougotYOUGOTWHATINEED!!”…”TURNEMOFF!!!!!!!!!” But pretty much BRASH masculinity was a risk not many labels were willing to take back in the day. Brother Ray was able to escape because his tone was more wise old man, than a threat. James Brown’s voice was ruff but almost in a female gospel belter way. Edwards was able to take his untouched vocal gruffs to higher levels than his contemporaries (He had Motown muscle)Note that Dennis is probably next to Phil Collins in the replacement more popular than OG member awards. Just want y’all to know his GRUFF was mana from heaven in a time where it was far & few between. Rest Well.

Questlove Gomezさん(@questlove)がシェアした投稿 –