bmr

bmr>NEWS>『ブラックパンサー』サントラにザ・ウィークエンド、アンダーソン・パーク、ジェイムス・ブレイクらも参加

NEWS

『ブラックパンサー』サントラにザ・ウィークエンド、アンダーソン・パーク、ジェイムス・ブレイクらも参加

Black Panther the Album: Music From and Inspired By

マーベル・スタジオの新作映画『ブラックパンサー』のサウンドトラック的作品で、先日のグラミー賞でラップ部門を総なめにしたスター・ラッパー、ケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)がプロデュースおよびキュレーションを務めることでも話題の『Black Panther: The Album』の収録曲目が正式に発表された。

ブラックパンサー』は、マーベルのスーパーヒーローたちが同じ架空世界を共有する「マーベル・シネマティック・ユニバース」作品の1作で、2016年に公開した『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』から続くストーリー。架空のアフリカの国家である「ワカンダ王国」の国王、そしてスーパーヒーローのブラックパンサーとふたつの顔を持つ主人公を、『42 〜世界を変えた男〜』などで知られるチャドウィック・ボーズマンが演じる。

人気のマーベル・スタジオの新作映画というだけでなく、アフリカ系キャストの多さ、アフリカの秘境にあるハイテク国家という設定から生まれたトライバルとSFが融合したビジュアル、王子が国王の座を引き継ぐことで生まれる政治的混乱と政権争いというストーリー、と様々な要素を持っていることもあってか、米映画チケット販売最大手のFandangoの発表によれば、前売りチケットの発売から24時間の売り上げが「マーベル・シネマティック・ユニバース」作品史上最高を記録。公開はまだ先だが、すでに現時点で公開から4日間で1億ドル(およそ109億円)の興行収益になるだろうと予測されており、今年屈指の大ヒット作になると見られる。

そしてこの『ブラックパンサー』の期待をさらに高めているのが、先日の第60回グラミー賞でラップ4部門すべてをさらった30歳のスター・ラッパー、ケンドリック・ラマーと彼の所属レーベル TDEの最高経営責任者が、『ブラックパンサー』のサウンドトラックとなる『Black Panther: The Album』のプロデュースおよびキュレーションを担当すること。すでに、受賞は逃したものの、第60回グラミー賞では新人賞を始め5部門にノミネートされていた人気女性R&BシンガーのSZA(シザ)とケンドリック・ラマーの共演による“All The Stars”が第一弾シングルとして公開。そして、TDEのジェイ・ロック(Jay Rock)、ケンドリック・ラマーに、フューチャー(Future)、ジェイムス・ブレイク(James Blake)がコラボレーションした“King’s Dead”も発表され、ケンドリック・ラマーはグラミー賞の授賞式で単独でこの曲のパフォーマンスも披露したばかり。

全米での『ブラックパンサー』公開の1週間前となる2月9日発売となるこの『Black Panther: The Album』が、発売まであと1週間となる2月2日、やはり先日のグラミー賞に輝いたザ・ウィークエンド(The Weeknd)とケンドリック・ラマーの共演となる“Pray For Me”を発表すると共に、トラックリストを正式に公開した。

キュレーターであるケンドリック・ラマーは、主題歌となりそうな“Black Panther”を始め、全部で5曲で参加。またTDE勢は、ケンドリック、SZA、ジェイ・ロックの他に、スクールボーイ・Q(ScHoolboy Q)、アブ・ソウル(Ab-Soul)も参加する。その他、アンダーソン・パーク(Anderson .Paak)、カリード(Khalid)、トゥー・チェインズ(2 Chainz)、トラヴィス・スコット(Travis Scott)、ヴィンス・ステイプルズ(Vince Staples)、レイ・シュリマーのスウェイ・リー(Swae Lee)といった人気アーティストから、ドレイク『More Life』への参加で注目を集めたジョージャ・スミス(Jorja Smith)や、ケンドリックの“LOVE.”への参加で知られるザカーリ(Zacari)、西海岸の新進ラップ・グループ=SOB X RBEといった新鋭の名前も。

また、ジェイムス・ブレイクが“King’s Dead”を含め2曲で参加しているほか、ベイブス・ウォドゥーモ(Babes Wodumo)、リーズン(Reason)、ジャバ(Sjava)と、舞台になっている南アフリカのアーティストたちも迎えられており、映画同様に音楽にもアフリカ色が融合されるようだ。

映画『ブラックパンサー』はアメリカで2月16日、日本では3月1日から公開予定。


prod. by Matt Schaeffer, Cardo, Cubeatz & Sounwave


prod. by Sounwave, Mike Will Made-It & Teddy Walton


prod. by Sounwave & Al Shux

1. “Black Panther” – Kendrick Lamar
2. “All The Stars” – Kendrick Lamar & SZA
3. “X” – ScHoolboy Q, 2 Chainz & Saudi
4. “The Ways” – Khalid & Swae Lee
5. “Opps” – Vince Staples & Yugen Blakrok
6. “I Am” – Jorja Smith
7. “Paramedic!” – SOB X RBE
8. “Bloody Waters” – Ab-Soul, Anderson .Paak & James Blake
9. “King’s Dead” – Jay Rock, Kendrick Lamar, Future & James Blake
10. “Redemption Interlude” – Zacari
11. “Redemption” – Zacari & Babes Wodumo
12. “Seasons” – Mozzy, Sjava & Reason
13. “Big Shot” – Kendrick Lamar & Travis Scott
14. “Pray For Me” – The Weeknd & Kendrick Lamar