bmr

bmr>NEWS>ネプチューンズが9曲をプロデュース! ジャスティン・ティンバーレイクが待望の新作を発売

NEWS

ネプチューンズが9曲をプロデュース! ジャスティン・ティンバーレイクが待望の新作を発売

Justin Timberlake - Man Of The Woods

今年1月2日に予告されたとおり、ジャスティン・ティンバーレイク(Justin Timberlake)がおよそ5年ぶりの新作『Man Of The Woods』を2月2日に発売した。

2016年には声優としても出演した映画『トロールズ』のサウンドトラックのエグゼクティヴ・プロデューサーを務め、リード曲となった“Can’t Stop The Feeling!”が全米シングル・チャート初登場1位の大ヒットを記録するなど、改めてそのスターぶりを示したジャスティン・ティンバーレイク。今年1月2日には公式サイトをリニューアルし、2013年にリリースした『The 20/20 Experience』とその続編『The 20/20 Experience – 2 of 2』に続くニュー・アルバムとなる『Man Of The Woods』を2月2日に発売すると発表していた。

1月5日の金曜日には、ジャスティン・ティンバーレイクの全米ナンバーワン・ヒット“SexyBack”および大ヒット作『FutureSex/LoveSounds』などを手がけた盟友ティンバランド(Timbaland)とデンジャ(Danja)のタッグによる第一弾リード曲“Filthy”が発表され、1月20日付の全米シングル・チャートでは初登場で9位にランクイン。新作への期待度の高さが窺える好チャートアクションとなった。

続けて1月19日の金曜日には、ジャスティンが2002年に発表したデビュー・アルバム『Justified』でも“Like I Love You”、“Rock Your Body”など過半数を手がけたことで知られるネプチューンズ(The Neptunes)ことファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)&チャド・ヒューゴ(Chad Hugo)のプロデュースによる“Supplies”が解禁。26日の金曜日には、“Filthy”と同じくティンバランド&デンジャらとの制作で、先日のグラミー賞にも輝いたカントリー界のスター、クリス・ステイプルトン(Chris Stapleton)をゲストに迎えた“Say Something”が発表と、新作リリースに向けて動き出し、ついに2月2日にその全貌が明らかになった。

インタールードの1曲を含めて全16曲となる『Man Of The Woods』は、一部ですでに噂になっていたとおり、ネプチューンズが過半数以上の9曲をプロデュース所属レーベルとファレルの間の確執によって、『Justified』以降の作品にはこれまで参加してこなかったファレルとチャドだが、15年以上ぶりにジャスティンとネプチューンズのタッグが復活。またネプチューンズ自体、近年はソロ活動でも活躍するファレルと反し、チャド・ヒューゴはあまり表に出てこず、ふたりの共作はほぼ無かった状態だったのに加え、はっきりと「ファレル・ウィリアムス&チャド・ヒューゴ aka ネプチューンズ」とネプチューンズの名前がクレジットされており、90年代末から2000年代にかけて一躍ヒットメイカーとなったネプチューンズの本格復活としても大きなトピックだ。

『FutureSex/LoveSounds』や『The 20/20 Experience』を全面的に手がけた盟友ティンバランドは、今回は3曲の関与に留まった。他には、ジャスティンがかつてY’sというプロデュース・チームを組んでいた時の仲間でもあるロブ・ノックス(Rob Knox)や、『The 20/20 Experience』をティンバランドと共に手がけたジェローム・ハーモン(Jerome “J roc” Harmon)らが制作で参加しているほか、ラファエル・サディーク(Raphael Saadiq)が“Wave”の演奏に加わっている。

また、「このアルバムには幅広いサウンドが詰まっている。例えるなら、現代のアメリカーナと、(リズムマシンの)808の融合かな」とジャスティンは話しているほか、最初に発表された予告編映像では、幼少期から親しんだカントリー音楽のようなサウンドも聞かれたことから、R&Bやソウル、ファンク、ヒップホップとカントリーが融合したようなものになると見られていた。実際に、「歴史遺産を感じさせるような音というか。自分のルーツへの愛を使って、それを今僕らが生きている現代的なものとミックスさせている」とも説明。

アルバムでは、ジャスティンのプロデュースでメジャー・デビュー予定もあった地元メンフィスのオルタナティヴ・ヒップホップ~ソウル・バンド=フリーソール(FreeSol)のメンバーで、『The 20/20 Experience』からジャスティンのギタリストとして活躍しているエリオット・アイヴス(Elliott Ives)が、ウクレレやアコースティック・ギターなどの音色を加え、カントリー的な風情が強まっているようだ。

ゲスト・アーティストはクリス・ステイプルトンに加え、アリシア・キーズ(Alicia Keys)が“Morning Light”で共演している。また、『Man Of The Woods』というアルバムのタイトルは2015年に生まれた愛息サイラスの名前に「森」などの意味があることに由来しているそうで、Beats 1のインタビューでは「今までで一番内省的なアルバムになった」とコメント。アルバムの最後を飾る“Young Man”では妻ジェシカ・ビールに息子サイラスの話し声もフィーチャーされている。

2013年に長い沈黙を破って発表した『The 20/20 Experience』は発売1週目で実売セールスがおよそ96万8000枚を記録、2013年内にアメリカ国内だけでおよそ243万枚を売り上げ、国内セールスで年間1位となる大ヒットとなった。ジャスティン・ティンバーレイクはこの2月4日の日曜には、ミネソタ州ミネアポリスで開催される予定の第52回スーパーボウルのハーフタイム・ショウの大舞台でパフォーマンスを行う予定で、全米の注目が集まるこのステージと共に、この新作『Man Of The Woods』で同様の成功を収められるか、注目が集まるところだ。

1. Filthy [prod. by Timbaland, Justin Timberlake & Danja]
2. Midnight Summer Jam [prod. by Pharrell Williams & Chad Hugo aka The Neptunes / add'l prod. by Justin Timberlake]
3. Sauce [prod. by Danja & Justin Timberlake / add'l prod. by Elliott Ives]
4. Man Of The Woods [prod. by Pharrell Williams & Chad Hugo aka The Neptunes / add'l prod. by Justin Timberlake]
5. Higher, Higher [prod. by Pharrell Williams & Chad Hugo aka The Neptunes / add'l prod. by Justin Timberlake]
6. Wave [prod. by Pharrell Williams & Chad Hugo aka The Neptunes / add'l prod. by Justin Timberlake]
7. Supplies [prod. by Pharrell Williams & Chad Hugo aka The Neptunes / add'l prod. by Justin Timberlake]
8. Morning Light (feat. Alicia Keys) [prod. by Rob Knox & Justin Timberlake / co-prod. by Eric Hudson]
9. Say Something (feat. Chris Stapleton) [prod. by Timbaland, Justin Timberlake & Danja / add'l prod. by Larrance Dopson]
10. Hers (Interlude) [prod. by Justin Timberlake]
11. Flannel [prod. by Pharrell Williams & Chad Hugo aka The Neptunes / add'l prod. by Justin Timberlake]
12. Montana [prod. by Pharrell Williams & Chad Hugo aka The Neptunes / add'l prod. by Justin Timberlake]
13. Breeze Off The Pond [prod. by Pharrell Williams & Chad Hugo aka The Neptunes / add'l prod. by Justin Timberlake]
14. Livin’ Off The Land [prod. by Pharrell Williams & Chad Hugo aka The Neptunes / add'l prod. by Justin Timberlake]
15. The Hard Stuff [prod. by Rob Knox & Justin Timberlake]
16. Young Man [prod. by Timbaland, Justin Timberlake & Jerome "J roc" Harmon]