bmr

bmr>NEWS>グラミー候補になった日系女性R&Bシンガーのジェネイ・アイコ、3月に初来日公演が決定

NEWS

グラミー候補になった日系女性R&Bシンガーのジェネイ・アイコ、3月に初来日公演が決定

Jhené Aiko

第57回グラミー賞では3部門でノミネートを受けた人気女性R&Bシンガーで、日本人の血を引くことでも知られるジェネイ・アイコ(Jhené Aiko)が、3月に初来日公演を行うことが発表された。

母方に日本人の祖父を持つジェネイ・アイコは、姉たちが早くからエンターテイメントの世界に踏み入れていたこともあって弱冠12歳でメジャー・レーベルとの契約を獲得するも、2003年に発売を予定していたデビュー・アルバムがお蔵入りとなる苦渋を味わうなど、まだ29歳ながら業界歴は長いシンガー。一時シーンから消えていたが、ケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)ら西海岸の若手ラッパーたちとの共演を経て2011年に発表したミックステープ『sailing soul(s)』が絶賛され、見事に“復活”を遂げた。

2013年には再びメジャー・レーベルへと返り咲き、2013年にデビューEP『Sail Out』、2014年にデビュー・アルバムデビュー・アルバム『Souled Out』を発表。2015年の第57回グラミー賞では、『Sail Out』が最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム部門、収録曲“The Worst”が最優秀R&Bソング部門の候補になったほか、ゲスト参加したコモン(Common)の“Blak Majik”が最優秀ラップ/歌唱コラボレーション部門の候補となり、計3ノミネートを受けた。

2016年には恋人ビッグ・ショーン(Big Sean)とのユニットでデビューしたのに続き、昨年10月には待望のセカンド・アルバム『Trip』を発表。ビッグ・ヒットこそまだないものの、たゆたうようなアンビエント調のサウンドの上で、語りかけるように囁くスタイルで、2010年代のR&Bの潮流を作ったと言える存在だ。

日本の血を感じさせる、小柄で愛らしいルックスでも人気を呼ぶこの女性R&Bシンガーが、ついに来日。自身初の来日公演が、3月8日(木)に恵比寿リキッドルームで開催される。日本にルーツを持ち、3月16日には30歳を迎えるタイミングでの来日公演ということもあって、ジェネイ本人にとっても特別な夜となりそうだ。

ジェネイ・アイコ初来日公演
日時:2018年3月8日(木)OPEN 19:15 / START 20:00
会場:リキッドルーム
価格:¥7,800 (オールスタンディング・税込・別途1Drink代)
チケット発売日:
Live Nation Japan先行 1月26日(金)12:00 ~ 1月29日(月)23:59
その他先行 1月30日(火)~
一般発売日 2月10日(土)10:00~