bmr

bmr>NEWS>チャンス・ザ・ラッパー、ケレラ、J・バルヴィンらが今年のサマソニに出演決定

NEWS

チャンス・ザ・ラッパー、ケレラ、J・バルヴィンらが今年のサマソニに出演決定

Summer Sonic 2018 1st lineup

毎年8月に開催される恒例の国内都市型フェスティバル〈SUMMER SONIC〉が2018年も開催され、第一弾ラインナップとしてチャンス・ザ・ラッパー(Chance The Rapper)、ケレラ(Kelela)、J・バルヴィン(J Balvin)らの出演が発表された。

毎年恒例の都市型音楽フェス〈SUMMER SONIC〉だが、今年は8月18日(土)と19日(日)の両日に渡って、関東はZOZOマリンスタジアム&幕張メッセにて、関西は舞洲SONIC PARK(舞洲スポーツアイランド)にて開催される。この第一弾ラインナップが発表され、チャンス・ザ・ラッパーの初来日パフォーマンスが決定したことが明らかに。2017年にも出演の噂があったが、ついに24歳の新世代スターが日本のステージに立つ。

多くのメジャー・レーベルから契約オファーを受けるも断り、インディペンデントで活動を続けているチャンス・ザ・ラッパーは、これまで作品を有料で販売したことはなく、2016年に発表した『Coloring Book』もApple Musicを始めとしたストリーミング・サービスおよび、音声ファイル共有サービスのsoundcloudといったプラットフォームにおけるストリーミング配信のみという形式でリリース。その音楽性の素晴らしさから、ストリーミング限定作品としては史上初めて全米チャートにランクインするなど大きな反響を呼び、グラミー賞が「ストリーミングのみの作品も、グラミー賞のノミネート資格に値する」と規定を改めるまでに。そして昨年2月に授賞式が開催された第59回グラミー賞では見事、最優秀新人賞、最優秀ラップ・アルバム賞など3冠に輝いた。またその影響力の大きさから昨年は、米TIME誌による「インターネット上で最も影響力のある25組」(The 25 Most Influential People on the Internet)や、米ビジネス誌フォーチュンによるビジネスにおいて影響力のある若い人物をピックアップする「40歳以下の40人」(40 Under 40)に選ばれるなど、音楽ビジネスを変革させる存在として注目を集めている。

また昨年、“Mi Gente”が全編スペイン語の楽曲として史上初めてSpotifyのグローバル・チャート1位を獲得し、ビヨンセ(Beyoncé)参加バージョンが発表されたことでさらなる人気を集めたラテン界の新たなスター、J・バルヴィンも登場。他にも、ソランジュ(Solange)からゴリラズ(Gorillaz)までコラボレーションし、ビョーク(Bjork)もその才能を讃える気鋭女性R&Bシンガーのケレラを始め、クリーン・バンディット(Clean Bandit)のグラミー受賞ヒット“Rather Be”のボーカリストとしても知られるジェス・グリン(Jess Glynne)、ダンス系プロデューサー/DJのマーシュメロー(Marshmello)らがラインナップ。

今年のヘッドライナーは、最新作『Colors』で新たな面を見せたベック(Beck)、そして元オアシス(Oasis)のノエル・ギャラガー率いるハイ・フライング・バーズ(Noel Gallagher’s High Flying Birds)が務める。第二弾ラインナップの発表は2月1日(木)を予定しているとのこと。

SUMMER SONIC 2018
日時:2018年8月18日(土)と19日(日)
会場:
関東公演 ZOZOマリンスタジアム&幕張メッセ
関西公演 舞洲SONIC PARK(舞洲スポーツアイランド)

出演予定アーティスト:
Beck
Noel Gallagher’s High Flying Birds
Chance the Rapper
Marshmello
Nickelback
Shawn Mendes
J Balvin
Jess Glynn
Kelela
Mastodon
+ more