bmr

bmr>NEWS>ビヨンセや星野源らも注目するエンターテイナー、トドリック・ホールが来日公演を6月に

NEWS

ビヨンセや星野源らも注目するエンターテイナー、トドリック・ホールが来日公演を6月に

Todrick Hall American: The Forbidden 2018 Tour

ビヨンセ(Beyonce)や星野源らも注目し、経済誌フォーブスによる「30 Under 30」(30歳以下の重要人物30組)にも選ばれたエンターテイナー、トドリック・ホール(Todrick Hall)の来日公演が6月に開催されることが発表された。

1985年生まれ、テキサス州出身のトドリック・ホールは、『カラーパープル』などの舞台に出演後、2010年に『アメリカン・アイドル』第9シーズンに挑戦したのをきっかけに知られるようになったが、特に『アメリカン・アイドル』後に始めた動画シリーズが大反響を呼び、人気を博している存在。『アメリカン・アイドル』は惜しくも途中敗退となってしまったが、マクドナルドのドライブスルーや、ドミノピザの配達員の前でいきなりアカペラで歌い出し、この歌で注文したらどういう反応が返ってくるか?というフラッシュモブ的な動画をYouTubeに公開して話題となり、100万回再生を超えるバイラル・ヒットに。前者はすでに1000万回再生を超えている。

同様のシリーズには、小売の大型チェーン店やレストランで行うフラッシュモブも人気を呼び、特に2011年に公開された、ビヨンセ“End Of Time”を店内で突然踊り出すフラッシュモブ動画は、ビヨンセ自身がすぐにトドリック・ホールを讃える動画コメントを発表する反応を見せるなど、大きな話題となった。こうした縁により、ビヨンセが2013年に発表した『BEYONCÉ』収録の“Blow”のミュージック・ビデオではコリオグラフィ(振付)を担当している。

また、歌やダンスだけでなく、作詞作曲などでも才能を見せる彼は、2013年には、ジャスティン・ビーバーやアリアナ・グランデらのマネージャーとして知られるスクーター・ブラウン(Scooter Braun)にその才能を認められ、彼のマネジメント・アーティストに。ヴァージン・アメリカから非常用設備紹介のオリジナル・ビデオのオファーを受け、1000万回再生を超える話題の動画となるなどその影響力が注目され、2014年1月には、フォーブス誌が各業界に革新をもたらす30歳以下の若手を選出する「30 Under 30」でハリウッド&エンターテインメント部門のひとりにトドリックを選出。MTVが彼のドキュメンタリー・シリーズ『Todrick』を放送し、またブロードウェイ・ミュージカル版『キンキー・ブーツ』や『シカゴ』への出演、テイラー・スウィフト“Look What You Made Me Do”のビデオへの参加など、単なる「YouTuber」に留まらない活躍を見せるエンターテイナーとして支持されている。

2016年には、映像作品であり、自身のアルバムとしての最新作でもある『Straight Outta Oz』を発表。大好きなミュージカル映画『オズの魔法使い』をベースに自らの半生を描いたミュージカル作品となっており、テイマー・ブラクストン(Tamar Braxton)、ジョーダン・スパークス(Jordin Sparks)、ニコール・シャージンガー(Nicole Scherzinger)、アンバー・ライリー(Amber Riley)から、人気ブロガーでTVタレントのペレス・ヒルトン、ドラァグクイーンのカリスマ的存在であるルポールまで豪華ゲストの参加も話題になった。昨年1月には、星野源が自身のラジオ番組の中で、『Straight Outta Oz』収録の“Color”を紹介すると共にその才能を讃えている。

YouTubeチャンネルの総再生回数は5億回を超えるこのエンターテイナーが、日本に上陸。これは、3月から行われる世界ツアー〈Todrick Hall American: The Forbidden 2018 Tour〉の日本公演となり、6月5日(火)に代官山UNITで開催される。『Straight Outta Oz』発表時の北米ツアーでは、同作のコンセプトに沿ったミュージカル調のステージで魅せたトドリック・ホールだが、この新たなツアーではどんなエンターテインメントを提供するのか、注目されるところだ。

トドリック・ホール来日公演
日時:2018年6月5日(火)開場 18:45 / 開演19:30
会場:代官山UNIT
価格:
スタンディング ¥6,500 (税込・別途1Drink代)
ミート&グリート付チケット ¥10,000 (税込・別途1Drink代) ※ミート・アンド・グリート(公演後)、記念写真撮影、サイン入りポスター付き