bmr

bmr>NEWS>トラヴィス・スコットとクエヴォによるユニット作、米ラップ・チャートで初登場1位

NEWS

トラヴィス・スコットとクエヴォによるユニット作、米ラップ・チャートで初登場1位

Travis Scott & Quavo - Huncho Jack, Jack Huncho

25歳のトラヴィス・スコット(Travis Scott)、26歳のクエヴォ(Quavo)の人気ラッパーふたりによる新たなユニット=ハンチョ・ジャック(Huncho Jack)のデビュー・アルバム『Huncho Jack, Jack Huncho』が今週発表された米R&B/ヒップホップ・アルバム・チャートで初登場1位を記録した。

マドンナ(Madonna)やリアーナ(Rihanna)らの楽曲を手がけたプロデューサーとしての顔も持ち、全米シングル・チャートで最高16位のヒットとなった“Antidote”や、全米アルバム・チャート初登場1位を記録した『Birds In The Trap Sings McKnight』などのヒットで知られるトラヴィス・スコット。そして、“Bad and Boujee”が昨年1月に全米シングル・チャート1位を獲得したアトランタの新進ヒップホップ・トリオ=ミーゴス(Migos)のメンバーであり、ポスト・マローン(Post Malone)との“Congratulations”が全米チャート最高8位、DJキャレド(DJ Khaled)の“I’m The One”が全米シングル・チャート1位、リアム・ペイン(Liam Payne)の“Strip That Down”が全米チャート最高10位と、ソロ・アーティストとしてゲスト参加した楽曲が昨年、軒並みヒットを飛ばしたクエヴォ

このふたりは、トラヴィス・スコットが2015年に発表したデビュー・アルバム『Rodeo』での共演以来、全米シングル・チャート最高9位を記録したドレイク(Drake)の“Portland”を始め、『ワイルド・スピード ICE BREAK』サウンドトラックからの第一弾シングルとなった“Go Off”、ヤング・サグ(Young Thug)の“Pick Up The Phone”、メジャー・レイザー(Major Lazer)の“Know No Better”など一緒になることが度々あったが、2016年末には、コラボレーション・アルバムを制作していると明かした。

その後しばらく音沙汰は無かったが、昨年12月にそのコラボ作のタイトルが『Huncho Jack, Jack Huncho』になると明かされ、「この最大級のコラボ・アルバムは2017年か2018年に聞くことができるだろう」とリリース間近なことが伝えられていたが、12月21日になってトラヴィスが「Jack」、クエヴォが「Huncho」の文字と共に「メリークリスマス:とInstagramでコメント。続けて、翌12月22日に「『Huncho Jack, Jack Huncho』、今晩」との告知がなされ、日付の変わった12月23日、トラヴィス・スコットとクエヴォは「ハンチョ・ジャック」名義でコラボ作『Huncho Jack, Jack Huncho』をついに発表した。

ミーゴスからオフセット(Offset)とテイクオフ(Takeoff)のふたりがゲスト参加した『Huncho Jack, Jack Huncho』は、発売初週におよそ1万7000枚を売り上げ、ストリーミング・サービスでの再生回数によるポイントだけでおよそ7万枚相当を記録。単曲ダウンロードによるポイントも足した総合ではおよそ9万枚相当となり、今週発表された全米アルバム総合チャートでは、テイラー・スウィフト(Taylor Swift)の『Reputation』、エド・シーラン(Ed Sheeran)の『÷』(divide)に続いて、初登場3位となった。特にエド・シーランの『÷』は今週、およそ9万2000枚相当を記録と、その差は僅差だった。総合チャートでは惜しくも3位だったが、米R&B/ヒップホップ・アルバム・チャートおよび米ラップ・アルバム・チャートでは初登場1位を記録している。

また全米シングル・チャートでは、アルバムからテイクオフ参加の“Eye 2 Eye”が65位に初登場となったのを始め、“Modern Slavery”(68位)、“Black & Chinese”(71位)、オフセット参加の“Dubai Shit”(83位)、“Huncho Jack”(87位)、“Motorcycle Patches”(90位)、“Saint”(92位)と、トップ100に7曲が初登場で同時チャートイン。これにより、これまでソロとしても全米トップ100入りを果たしたことがあったクエヴォ、オフセットに続いて、テイクオフが初めてソロ・アーティストとして全米トップ100入りを達成。ミーゴスのメンバー3人それぞれがソロでも全米トップ100入りを果たした

1. Modern Slavery [prod. by Buddha Bless]

2. Black & Chinese [prod. by Southside]

3. Eye 2 Eye (feat. Takeoff) [prod. by Murda Beatz]

4. Motorcycle Patches [prod. by Southside, TM88 & Travis Scott]

5. Huncho Jack [prod. by Murda Beatz / co-prod. by Mike Dean & Quavo]

6. Saint [prod. by Murda Beatz]

7. Go [prod. by Vinylz]

8. Dubai Shit (feat. Offset) [prod. by Travis Scott & Vinylz]

9. Saint Laurent Mask [prod. by Mike Dean & Buddha Bless]

10. Moon Rock [prod. by Vinylz]

11. How U Feel [prod. by Carlos Desrosiers, Pas Beatz & Yipsy]

12. Where U From [prod. by Cardo & Cubeatz]

13. Best Man [prod. by Dun Deal & Wheezy / co-prod. by Mike Dean]