bmr

bmr>NEWS>カーディ・Bの楽曲が3曲同時に全米トップ10入り ラッパー初の新記録達成も

NEWS

カーディ・Bの楽曲が3曲同時に全米トップ10入り ラッパー初の新記録達成も

Cardi B - Bartier Cardi

昨年、デビュー・シングル“Bodak Yellow”が、女性ラッパーによるゲスト無しの単独曲としておよそ19年ぶりに全米シングル・チャート1位を制し、「ニューヨークの新たな女王」とも讃えられる25歳新進女性ラッパー、カーディ・B(Cardi B)が、新たな記録を打ち立てた。

SNSで注目を集めたネットセレブから、人気リアリティ番組の出演を経てさらに知名度を拡げた米エンターテイメント界の有名人だったカーディ・Bは、多くのメジャー・レーベルが争奪戦に乗り出す中、2017年に入って数百万ドルに及ぶと報じられた契約金でAtlantic Recordsと契約。デビュー・シングル“Bodak Yellow”は、昨年9月末にチャートイン12週目で全米シングル・チャート1位を制し、ローリン・ヒル(Lauryn Hill)以来、およそ19年ぶりに女性ラッパーによるゲスト無しの単独曲が全米トップの座に就くという快挙を達成した。さらに、Bodak Yellow”は3週連続で1位となり、ローリン・ヒルを上回る新記録を樹立。同曲は、2017年のアメリカにおけるストリーミング・サービスでの年間再生回数で9位、そのうちYouTube等のビデオ再生に限った場合は年間再生回数で5位という大ヒットとなった。

また先月には、ゲスト参加したG・イージー(G Eazy)の“No Limit”がトップ10入りしたのに続き、ミーゴス(Migos)、ニッキー・ミナージュ(Nicki Minaj)との“MotorSport”もトップ10入り。これにより、初めて全米シングル・チャート入りした楽曲(“Bodak Yellow”)から3曲連続でトップ10入りした初の女性ラッパーになった。そして今週、さらなる新記録を打ち立てている。

今週発表された1月6日付の全米シングル・チャートで、トップ10外になっていた“Bodak Yellow”が10位に再浮上。ゲスト参加したG・イージーの“No Limit”が先週5位から今週4位に上昇、そしてミーゴス、ニッキー・ミナージュとの“MotorSport”は先週に続いて7位をキープし、カーディ・Bの全米シングル・チャート入りした楽曲が今週、3曲同時にトップ10入りを果たした。しかも彼女の場合、初めて全米シングル・チャート入りした楽曲(“Bodak Yellow”)から3曲連続でチャートインし、その3曲が同時にトップ10以内に入るという異例の事態で、これまでこの快挙を達成したのは、1964年のビートルズ(The Beatles)、そして2002年に“Always On Time”、“What’s Luv?”、“Foolish”が同時ランクインしたアシャンティ(Ashanti)の2組のみ。カーディ・Bは、史上3組目、ラッパーとしては史上初の快挙を成し遂げたことになる。

これは「初めて全米シングル・チャート入りした楽曲を起点にした、チャートインした最初の3曲」が同時にトップ10入りという条件においての記録であり、単純に同時に3曲がトップ10入りしたことがあるというアーティストとしては、カーディ・Bは史上15組目となる。また女性アーティストでは、カーディ・Bやアシャンティのほかに、イギー・アゼリア(Iggy Azalea)、アリアナ・グランデ(Ariana Grande)、アデル(Adele)が3曲同時チャートインを達成しており、カーディ・Bは女性アーティストとして史上5人目となった。

さらにカーディ・は今週、トゥエニーワン・サヴェジ(21 Savage)をゲストに迎えた新曲“Bartier Cardi”が14位に初登場。加えて、新進レゲトン/ラテン・トラップ系アーティストのオスーナ(Ozuna)とのコラボレーションとなる“La Modelo”が52位に初登場となっており、トップ100に5曲が同時にチャートイン。また、ブルーノ・マーズ(Bruno Mars)によるニュー・ジャック・スウィング調の人気曲“Finesse”にカーディ・Bが参加したニュー・バージョンが1月4日にリリースされたばかりで、こちらもヒットを飛ばしそうだ。

なお、全米シングル・チャートの1位は、変わらずエド・シーラン(Ed Sheeran)の“Perfect”が制し、これで4週連続でのトップとなった。2位はポスト・マローン(Post Malone)とトゥエニーワン・サヴェジの“rockstar”、3位はカミラ・カベロ(Camila Cabello)の“Havana”とトップ3に動きはない。大きく動いたところでは、ミュージック・ビデオが公開されたばかりのケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)“LOVE.”が、先週22位から今週11位にジャンプアップしている。

Hot 100 全米シングル・チャート
1.(→) Ed Sheeran with Beyonce - Perfect Duet
2.(→) Post Malone ft. 21 Savage – rockstar
3.(→) Camila Cabello ft. Young Thug – Havana
4.(↑5) G-Eazy ft. A$AP Rocky & Cardi BNo Limit
5.(↑6) Imagine Dragons - Thunder
6.(↓4) Lil Pump – Gucci Gang
7.(→) Migos, Nicki Minaj & Cardi BMotorSport
8.(→) Sam Smith – Too Good At Goodbyes
9.(↑10) Halsey – Bad At Love
10.(↑12) Cardi BBodak Yellow
11.(↑22) Kendrick Lamar ft. Zacari – LOVE.
12.(↑13) Dua Lipa – New Rules
13.(↓9) Mariah Carey - All I Want For Christmas Is You
14.(-) Cardi B ft. 21 Savage – Bartier Cardi
=
52(-) Ozuna x Cardi BLa Modelo