bmr

bmr>NEWS>2017年のアメリカでもっとも人気のあったジャンルは「ヒップホップ/R&B」

NEWS

2017年のアメリカでもっとも人気のあったジャンルは「ヒップホップ/R&B」

2017 Nielsen Year End Report

音楽セールスなどの実態を調査し報告するニールセン・ミュージックが、アメリカにおける2017年の年間レポートを発表し、「ヒップホップ/R&B」がもっとも人気のあったジャンルだったことが明らかになった。

ニールセン・ミュージックによる2017年上半期のアメリカの音楽消費動向レポートの時点で、前年2016年の上半期に比べて17%上昇したと報告された「ヒップホップ/R&B」の音楽消費は全体の25.1%を占め、史上初めて、「ヒップホップ/R&B」が「ロック」(23%)を抜き、アメリカにおける音楽消費の占有率1位になったことが発表されていたが、その勢いは年間を通して続いていた。

先日発表された2017年の年間レポートによると、アルバムの実売セールスに加え、ストリーミング・サービスでの収録曲再生回数によるポイント(1500回の再生で1ユニット=アルバム1枚の売り上げ相当と換算)や単曲ダウンロードによるポイント(10曲の単独ダウンロード・セールスで1ユニット)を足した2017年全体の音楽消費は、6億3665万ユニットにのぼり、前年と比較して12.5%増と上昇した。そのうち、「ヒップホップ/R&B」が占める割合は全体の24.5%となり、年間を通してもアメリカにおける音楽消費の占有率1位となり、2017年でもっとも人気のあったジャンルだったことが分かった。ジャンル2位は「ロック」(20.8%)となる。

アメリカにおける音楽消費を上向きにさせている大きな要因は、やはりストリーミング・サービスの人気拡大にある。アルバムの実売セールスは前年のおよそ2億554万枚から17.7%減(およそ1億6915万枚)と大きく落ち込み、音楽消費全体における実売セールスが占める割合は26.5%に留まった。一方でストリーミングは、2017年の総再生回数がおよそ6180億回に上り、2016年(およそ4322億回)と比べて43%も上昇。2017年の総再生回数のうち、「ヒップホップ/R&B」は全体の29.1%を占め、ジャンル1位に。2位の「ロック」は15.1%に留まるため、右肩上がりのストリーミングにおける、ヒップホップ/R&Bの強さが明確に表れている。

特にストリーミングによるポイントを含む、総合ユニットによる年間アルバム・ランキングでは、トップ10中、実にヒップホップ/R&B系の作品が7作を占めた。2017年でもっともヒットしたのはエド・シーラン(Ed Sheeran)の『÷』(divide)でおよそ276万4000ユニット。3位にテイラー・スウィフト(Taylor Swift)の『Reputation』(およそ233万6000ユニット)、9位に映画『モアナと伝説の海』サウンドトラックとなるが、他は、2位にケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)『DAMN.』(およそ274万7000ユニット)、4位にドレイク(Drake)『More Life』(およそ222万7000ユニット)のほか、5位にブルーノ・マーズ(Bruno Mars)『24K Magic』、6位にポスト・マローン(Post Malone)『Stoney』、7位にミーゴス(Migos)『Culture』、8位にザ・ウィークエンド(The Weeknd)『Starboy』、10位にカリード(Khalid)『American Teen』となっている。

興味深いのは、ストリーミング・サービスがヒットの鍵となっていることが、よりはっきりと浮き彫りになったことだ。エド・シーラン『÷』は、およそ276万4000ユニットのうちストリーミングが占める割合はおよそ39.1%で、ストリーミングへの展開について消極的だったテイラー・スウィフト『Reputation』の場合は、およそ233万6000ユニットのうちストリーミングが占める割合はおよそ11.9%に留まるが、4作あるヒップホップ作品はいずれもストリーミングで100万ユニット以上を記録し、ストリーミングの占める割合が半数を超えている。ケンドリック・ラマー『DAMN.』は58.9%、ドレイク『More Life』は77%、ポスト・マローン『Stoney』は80%、ミーゴス『Culture』は79.9%と、ストリーミングでの人気がヒットを牽引した形だ。R&B系の作品では、ブルーノ・マーズ『24K Magic』の場合はストリーミングが占める割合はおよそ36.7%に留まるが、ザ・ウィークエンド『Starboy』は67.1%、カリード『American Teen』は64.6%となっている。

またストリーミングでのヒップホップ/R&Bの強さは、アルバムだけでなく楽曲単位でも表れている。2017年アメリカでもっともストリーミング・サービスで再生された楽曲は、ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)参加バージョンが大ヒットしたルイス・フォンシ(Luis Fonsi)の“Despacito”(およそ13億回)で、2位はエド・シーランの“Shape Of You”(およそ9.9億回)だが、この2曲をのぞく、トップ10中8曲は全てヒップホップ/R&B作品。3位にリル・ウージー・ヴァート(Lil Uzi Vert)の“XO Tour Llif3”、4位にポスト・マローンの“Congratulations”、5位にケンドリック・ラマーの“HUMBLE.”、6位にミーゴスの“Bad and Boujee”、7位にブルーノ・マーズの“That’s What I Like”、8位にフューチャー(Future)の“Mask Off”、9位にカーディ・B(Cardi B)の“Bodak Yellow”、10位にカイル(KYLE)の“iSpy”と、8曲中、ブルーノ・マーズを除けばすべてラップ曲が占めている。

実売セールスが落ち込む中、2017年で最大のセールスを記録したのはテイラー・スウィフトが11月に発売したばかりの『Reputation』で、およそ190万枚。前年同様に実売セールスのみでのWミリオン作は2017年も生まれなかった。また、2016年はミリオン・セラーとなったのは4作あったが、2017年に100万枚を突破したアルバムは2作のみに留まり、テイラー・スウィフト『Reputation』ともう1作は、エド・シーランの『÷』(およそ110万枚)だった。下降している実売セールスにおいては「ロック」が全体の34.6%を占めてジャンル1位に。「ヒップホップ/R&B」は14.6%に留まっている。なお、実売セールスにおいて、レコードのみは拡大傾向にあり、前年比で9%増。実売セールス全体におけるレコードのセールスの割合は、2016年の6.5%から、2017年はおよそ8.5%と伸びている。

2017年 米年間アルバム トップ10(総合) (total units)
1. Ed Sheeran 『÷』 (total: 2,764,000)
 (sales: 1,102,000) (TEA: 581,000) (SEA: 1,081,000)

2. Kendrick Lamar 『DAMN.』 (total: 2,747,000)
 (sales: 910,000) (TEA: 217,000) (SEA: 1,620,000)

3. Taylor Swift 『Reputation』 (total: 2,336,000)
 (sales: 1,903,000) (TEA: 153,000) (SEA: 280,000)

4. Drake 『More Life』 (total: 2,227,000)
 (sales: 363,000) (TEA: 149,000) (SEA: 1,715,000)

5. Bruno Mars 『24K Magic』 (total: 1,626,000)
 (sales: 710,000) (TEA: 320,000) (SEA: 597,000)

6. Post Malone 『Stoney』 (total: 1,564,000)
 (sales: 128,000) (TEA: 174,000) (SEA: 1,262,000)

7. Migos 『Culture』 (total: 1,438,000)
 (sales: 134,000) (TEA: 156,000) (SEA: 1,149,000)

8. The Weeknd 『Starboy』 (total: 1,408,000)
 (sales: 275,000) (TEA: 189,000) (SEA: 945,000)

9. soundtrack 『Moana』 (total: 1,254,000)
 (sales: 709,000) (TEA: 197,000) (SEA: 348,000)

10. Khalid 『American Teen』 (total: 1,220,000)
 (sales: 147,000) (TEA: 124,000) (SEA: 950,000)

*TEA: Track equivalent albums / SEA: Streaming equivalent albums

2017年 米年間楽曲ストリーミング再生総数トップ10 (streams – on demand audio & video combined)
1. Luis Fonsi & Daddy Yankee ft. Justin Bieber “Despacito” (1,322,799,000)
2. Ed Sheeran – “Shape Of You(999,694,000)
3. Lil Uzi Vert – “XO Tour Llif3(932,820,000)
4. Post Malone ft. Quavo – “Congratulations(910,667,000)
5. Kendrick Lamar – “HUMBLE.(885,588,000)
6. Migos ft. Lil Uzi Vert – “Bad and Boujee(858,123,000)
7. Bruno Mars – “That’s What I Like(835,856,000)
8. Future – “Mask Off(778,571,000)
9. Cardi B – “Bodak Yellow(724,118,000)
10. KYLE ft. Lil Yachty – “iSpy(693,564,000)