bmr

bmr>NEWS>再結成したエクスケイプ、キャンディ不在のまま6曲入りEPを来週リリース

NEWS

再結成したエクスケイプ、キャンディ不在のまま6曲入りEPを来週リリース

Xscape - Here For It (single)

昨年2月にオリジナル・メンバー4人が揃った形で再結成を実現させた、90年代を代表する女性R&Bグループのエクスケイプ(Xscape)が、シングルを除けばサード・アルバム『Traces Of My Lipstick』以来、およそ20年ぶりのリリースとなるEP『Here For It』を来週リリースすることを明かした。

マライア・キャリー、アッシャーなどを手がける人気プロデューサーのジャーメイン・デュプリ(Jermaine Dupri)が、自身のレーベル So So Def Recordingsの第一弾アーティストとして送りだした4人組女性コーラス・グループのエクスケイプは、全米シングル・チャート最高2位/米R&Bシングル・チャート1位を記録した1993年のデビュー・シングル“Just Kickin’ It”を始め、“Understanding”、“Who Can I Run To”、“The Arms Of The One Who Loves You”、“My Little Secret”といったトップ10ヒットを放った人気グループ。1998年に発表した3作目『Traces Of My Lipstick』を最後に解散していたが、2017年2月末になってオリジナル・メンバー4人が揃う形で再結成を発表。TV番組への出演や北米ツアー〈The Great Xscape Tour〉の敢行などを成功させ、人気グループ再始動への注目度の高さを窺わせている。

その勢いに乗って、昨年12月1日には“Dream Killa”と“Wifed Up”という2曲のシングルを同時リリースしていた彼女たちは、昨年5月の時点で「来年(2018年)は、私たちの最初のシングル“Just Kickin It”がリリースされて25周年になる。だから私たちは(来年の放送に向けて)伝記ドラマに動いていて、その伝記ドラマの中で新曲を披露しようと考えているの。アルバムについてはまだ考えていないけど、いくつかの新曲は聴くことができると思う」と話していたが、2018年1月12日にEP『Here For It』をリリースすることが発表された。

リアーナ(Rihanna)“Umbrella”や、ビヨンセ(Beyonce)“Single Ladies (Put A Ring On It)”などの大ヒット・シングルを手がけたことで知られる同じアトランタのトリッキー・ステュワート(Tricky Stewart)のレーベルであるRedZone Entertainmentからの発売となるこのEPは、先行して発表された“Dream Killa”と“Wifed Up”の2曲を含む、全6曲を収録。さらにこのEPの予約開始に合わせて、表題曲“Here For It”も解禁となった。

新曲“Here For It”は、“Wifed Up”同様にトリッキー・ステュワートがピエール・メドー(Pierre Medor)らと共に手がけたもので、流行のトラップ・サウンドに乗ったヒップホップ色の強いもの。ほぼラップ調の歌であり、彼女たちのトレードマークだったハーモニーは聞こえてこないため、知らずに聞くとエクスケイプの新曲ではなく、女性ラッパーの曲と思われそうだ。トリッキー・ステュワートの実兄で、最近ではクリス・ブラウン(Chris Brown)最新作『Heartbreak On A Full Moon』でも1曲プロデュースしていたレイニー・ステュワート(Laney Stewart)が手がけた“Dream Killa”など先行して発表された2曲は、現代風なアレンジにはなっているが、これまでのエクスケイプのイメージを踏襲した仕上がり。

但し、“Dream Killa”と“Wifed Up”同様に、オリジナル・メンバーのひとりであるキャンディ・バーラス(Kandi Burruss)はやはりレコーディングには不参加となっており、『Here For It』および“Here For It”のアートワークはキャンディを除く3人の姿となっている。4人のメンバーのうち、ソロでもっとも活躍しているキャンディは、ブロードウェイのアンバサダー劇場で今年1月15日から3月にかけて開催される人気ミュージカル『シカゴ』で看守長のメイトロン“ママ”モートン役に抜擢されており、昨年TV番組に出演した際、エクスケイプのレコーディングに不参加である理由について「私はブロードウェイの仕事が入ってるから(忙しい)」と説明していた。ツアーでは4人揃った姿でファンを歓喜させたエクスケイプだが、キャンディ不在での新作リリースがどう受け止められるのか、気になるところだ。

1. Memory Lane
2. Dream Killa
3. Wifed Up
4. Here For It
5. Craving
6. Last Of Me