bmr

bmr>NEWS>アニタ・ベイカー、60歳を機に引退コンサートを開催へ

NEWS

アニタ・ベイカー、60歳を機に引退コンサートを開催へ

Anita Baker

主に80年代から90年代にかけて活躍し、8度のグラミー賞に輝いたR&Bレジェンドのアニタ・ベイカー(Anita Baker)が、昨年1月の引退表明に続いて、引退に向けた“さよならコンサート”を開催予定であることを明かした。

アニタ・ベイカーは昨年1月中旬、浜辺でのんびりと過ごす写真などと共に「ツアーはしない。CDも出さない。 #引退」、「1月26日は私の59歳の誕生日。引退宣言は私の夢、目標のひとつだった」、「後悔はない」などとツイートし、突然の引退を宣言。以降、SNSの更新は続いているものの、具体的な音楽活動は行われていなかった。そして今年1月26日には60歳になるアニタ・ベイカーは、年明けの1月1日、再び自身の引退について触れ、「2018年をみなさんとたくさん祝いたい。60歳の誕生日まであと25日。フェアウェル・コンサート・シリーズが3月から始まります」などと述べ、引退に向けた“さよならコンサート”を2018年に行う予定だとした。

具体的な日程はまだ発表されていないが、2019年の引退を宣言しているベテラン・ラジオDJのトム・ジョイナー主催で毎年4月~5月に開催されるクルーズ・コンサート〈Tom Joyner Fantastic Voyage〉の中で、アニタの引退に向けたコンサートのひとつとして〈Evening with Anita Baker〉が開かれることが昨年11月の時点ですでに発表されていたほか、〈New Orleans Jazz & Heritage Festival〉への出演も決定しているという。

2000年代以降は活動ペースが下がっていたアニタ・ベイカーだが、2012年8月に、タイリース(Tyrese)が1998年に発表した曲のカバーとなる“Lately”をリリースし、1994年の“I Appologize”以来、18年ぶりにR&B/ヒップホップ・ソング・チャートでトップ20入りするヒットを記録。2013年2月に開催された第55回グラミー賞の候補にもなった。しかし、Blue Note Recordsから2013年にリリース予定だった、およそ8年ぶりとなる新作『Only Forever』は未発表のまま終わっている。また、昨年ケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)らが所属するTDEとの契約が発表された新進R&Bシンガー/ソングライターのSiR(サー)は、以前にアニタ・ベイカーの新曲をプロデュースしたと話していたが、こちらも具体的な話は聞こえてこなかった。

しかしここ数年、レイラ・ハサウェイ(Lalah Hathaway)による“Angel”のカバーが昨年の第59回グラミー賞で最優秀R&Bパフォーマンス部門に輝いたのを始め、ファボラス(Fabolous)とジェイダキス(Jadakiss)が“Caught Up In The Rapture”を大胆にサンプリングした“Rapture”を発表したりと再注目されている。今月末の第60回グラミー賞では最多ノミネートを誇る新世代ラップ・スター、ケンドリック・ラマーは昨年11月、Varietyのインタビューの中で「夢のコラボレーション相手」のひとりにアニタ・ベイカーの名を挙げたほか、アウトキャスト(Outkast)のアンドレ3000(Andre 3000)は、GQ誌のインタビューでアニタ・ベイカーのTシャツを作りたいと発言するなど、ヒップホップ勢からもラブコールが続いている。

アニタ・ベイカーは、チャプター・エイト(Chapter 8)のリード・シンガーとして1970年代後半から活動をスタートさせ、1983年に発表したソロ・デビュー・アルバム『The Songstress』から、今も歌い継がれる名曲“Angel”がヒット。1986年に発表したセカンド・アルバム『Rapture』は、グラミー賞にも輝いた“Sweet Love”がR&Bチャートだけでなく総合チャートでも最高8位の大ヒットを記録し、また“Caught Up In The Rapture”、“Same Ole Love (365 Days A Year)”、“No One In The World”とヒットを連発、『Rapture』はアメリカだけで500万枚を突破するベストセラー作品となり、その艶やかな歌声と共に人気シンガーの仲間入りを果たした。その後も、シングル・チャート最高3位とヒットし、さらなるグラミーを彼女にもたらした“Giving You The Best That I Got”などのヒットを放っており、90年代には“I Apologize”がグラミー賞に輝いた。2000年代に入ってからは活動ペースが落ちたものの、2004年には『My Everything』をヒットさせて9年ぶりにグラミー賞候補となったほか、2005年に『Christmas Fantasy』をリリースしている。2010年にはソウル・トレイン・アワードで、功労賞となるLegend Awardを授与された。