bmr

bmr>NEWS>ケラーニ、エイサップ・ロッキー、ホールジーら参加 G・イージーが2年ぶり新作を発売 [全曲フル試聴可]

NEWS

ケラーニ、エイサップ・ロッキー、ホールジーら参加 G・イージーが2年ぶり新作を発売 [全曲フル試聴可]

G-Eazy - The Beautiful & Damned

デビュー・アルバムから2作連続で米R&B/ヒップホップ・アルバム・チャート1位を制し、“Me, Myself & I”が全米シングル・チャート最高7位のヒットになったことでも知られる若手人気白人ラッパーのG・イージー(G-Eazy)が、2年ぶりの新作『The Beautiful & Damned』を15日に発売した。

大学で音楽ビジネスを学び、地道なライブ活動と無料配信の作品でファンを拡大させてきたG・イージーは、2014年6月にソニー系のインディ・ディストリビューター RED Distributionとの提携の形で『These Things Happen』を発表。インディながら初週およそ4万6000枚を売り上げ、全米チャートで初登場3位、R&B/ヒップホップ・アルバム・チャートでは初登場1位を記録し、かつて契約を断られたことがあるというRCA Recordsから、クリエイティブ・コントロールを自身が掌握する形でメジャー契約を手にする。

2015年12月には、本格メジャー・デビュー作品となった『When It’s Dark Out』を発売。クリス・ブラウン(Chris Brown)、ケラーニ(Kehlani)、キーシャ・コール(Keyshia Cole)、ビッグ・ショーン(Big Sean)、トゥー・ショート(Too $hort)、E-40らも参加した豪華な内容となった同作は、初週およそ10万3000枚を売り上げるという前作の倍以上のセールスを記録。アデル(Adele)やコールドプレイ(Coldplay)などの強豪の存在により全米アルバム・チャートでは初登場5位に留まったが、R&B/ヒップホップ・アルバム・チャートでは再び1位を手にした。また、ビービー・レクサ(Bebe Rexha)との“Me, Myself & I”は徐々にチャートを上昇していき、翌年3月には全米シングル・チャートで7位まで上昇。自身初のトップ10ヒットを手にした。

ハンサムな顔立ちに193cmの長身というモデル顔負けのルックスで、ファッション面でも注目されていたG・イージーは、この“Me, Myself & I”のヒットを機に一気にブレイク。2016年にはブリトニー・スピアーズ(Britney Spears)の“Make Me…”にゲストとして招かれ、全米シングル・チャート初登場17位を記録。またリブート版『ゴーストバスターズ』のサウンドトラックに“Saw It Coming”で参加したほか、今年は映画『ワイルドスピード ICE BREAK』のサウンドトラックで同じベイエリアのケラーニと共に“Good Life”で参加、人気を博した。

今夏には〈Summer Sonic〉で初来日パフォーマンスも披露したG・イージーは、6月の時点で新作『The Beautiful & Damned』をアナウンスしており、9月にはエイサップ・ロッキー(A$AP Rocky)とカーディ・B(Cardi B)をゲストに迎えたリード・シングル“No Limit”を発表。最近になって、さらにフレンチ・モンタナ(French Montana)やジューシィ・J(Juicy J)らも参加したバージョンも発表されたこの曲は、今月に入って全米シングル・チャートでトップ10入り。先週は“Me, Myself & I”と並ぶ自己最高位の7位まで上昇し、今週も10位とヒット中。この勢いに乗って、およそ2年ぶりのアルバムとなる『The Beautiful & Damned』が発売になった。

全20曲、CDでは2枚組となる新作『The Beautiful & Damned』は、F・スコット・フィッツジェラルドの同名作がタイトルの由来となっており、「本は、誰もが飲んで騒ぎ、クレイジーな日々を送っていた1920年代を舞台に、ある男女の恋を描いた作品。ふたりはこのとんでもない生活を夢見ていたけど、そのクレイジーな世界でやっていくことがいかに辛いことか、現実を知ることになる。30年代が間もなくという時代で、誰も世界恐慌でそんな生活が崩れ去るなんて知らないんだ」とRap-Upに説明。アルバムからは、現在の恋人ホールジー(Halsey)と共演する“Him & I”がセカンド・シングルとして発表されており、米Billboard誌のインタビューによると、コンセプト・アルバムになったのもホールジーとの交際が影響しているのだという。

セレブリティの光と影を描くこのアルバムには、 前作から共演の続くケラーニ、『These Things Happen』から3作連続で参加しているベテラン、E-40、『These Things Happen』ではE-40と共に参加していたジェイ・アント(Jay Ant)といったベイエリア勢を始め、トラップ・ソウル系デュオ=THEY.のドゥルー・ラヴ(Dru Love)、『ワイルドスピード SKY MISSION』の主題歌“See You Again”の大ヒットで知られるチャーリー・プース(Charlie Puth)らが参加。さらに、実験的なポスト・ロック・サウンドで知られるサン・ラックス(Son Lux)、タイラー・ザ・クリエイター(Tyler, the Creator)最新作『Flower Boy』にも参加していたノルウェーのドリーム・ポップ系シンガー、アナ・オブ・ザ・ノース(Anna of the North)、ディスクロージャー(Disclosure)らも注目する英新鋭エレクトロ・プロデューサーのSG・ルイス(SG Lewis)、アフロ・ソウル・バンドを率いているナイジェリア系アメリカ人のユゴチ(Ugochi)といったジャンル・国籍も多彩な顔ぶれがこのコンセプト・アルバムを彩っている。

15日に発売になったG・イージーの新作『The Beautiful & Damned』は、前作を上回る初動セールスを記録すると見られており、来週の全米アルバム・チャートで2位に初登場するとの見込み。日本盤は、今年8月に発表されるもアルバム未収録となった“Just Friends”をボーナストラックとして加え、12月27日に発売予定となっている。

なお、過去にもベドウィン&ザ ハートブレイカーズとのコラボレーション・コレクションを発表したことのあるG・イージーだが、来年3月1日からはH&Mとのコラボレーションによる「G-Eazy x H&M」が発売されることが決定している。

[disc 1]
1. The Beautiful & Damned (feat. Zoe Nash)

2. Pray For Me

3. Him & I – G-Eazy & Halsey

4. But A Dream

5. Sober (feat. Charlie Puth)

6. Legend

7. No Limit (feat. A$AP Rocky & Cardi B)

8. The Plan

9. That’s A Lot

10. Pick Me Up (feat. Anna of the North)

[disc 2]
1. Gotdamn

2. Leviathan (feat. Sam Martin)

3. Crash & Burn (feat. Kehlani)

4. Summer In December

5. Charles Brown (feat. E-40 & Jay Ant)

6. No Less – G-Eazy x SG Lewis x Louis Mattrs

7. Mama Always Told Me (feat. Madison Love)

8. Fly Away (feat. Ugochi)

9. Love Is Gone (feat. Drew Love of THEY.)

10. Eazy (feat. Son Lux)

[disc 2 - Japanese bonus track]
11. Just Friends (feat. Phem)