bmr

bmr>NEWS>スヌープ、エイサップ・ロッキー、ミーゴスら25組が集結 ウィル・スミス主演作『ブライト』のサントラが発売 [全曲フル試聴可]

NEWS

スヌープ、エイサップ・ロッキー、ミーゴスら25組が集結 ウィル・スミス主演作『ブライト』のサントラが発売 [全曲フル試聴可]

Bright: The Album

ウィル・スミス(Will Smith)主演ということで話題のNetflixオリジナル作品『ブライト』の配信が来週22日に迫る中、そのサウンドトラック『Bright: The Album』が先行して15日に発売された。

『ブライト』は、昨年のヒット映画『スーサイド・スクワッド』と同じく監督デヴィッド・エアー、主演ウィル・スミスとなるNetflixオリジナル映画。オーク、フェアリー、エルフ、ケンタウロスといった種族が人間と共存する“もうひとつの世界”のロサンジェルスを舞台に、人間のダリル・ウォード(ウィル・スミス)と、オークのニック・ジャコビー(ジョエル・エドガートン)という異なる種族の警官がバディを組む、異色のファンタジー・アクション作品だ。

この『ブライト』は12月22日にNetflixで世界同時配信となるが、その1週間前となる12月15日に、豪華アーティスト25組が集結したサウンドトラック『Bright: The Album』が発売された。このサウンドトラックは、“See You Again”の大ヒットを生んだ『ワイルド・スピード SKY MISSION』や、全米アルバム・チャート初登場1位となった『スーサイド・スクワッド』などのサウンドトラックをヒットさせてきたAtlantic Recordsが手がけるということで、これらのサウンドトラックのように、様々なアーティストたちの珍しいコラボレーションが収録されている。

サウンドトラックの1曲目を飾ったのは、全米シングル・チャート最高3位のヒットとなった“1-800-273-8255”が話題になったばかりの若手ラッパー、ロジック(Logic)と、今年のフジロックにも出演した英新進シンガー、ラグンボーン・マン(Rag’n'Bone Man)の共演となる“Broken People”。プロデュースを務めるのは、エミネム(Eminem)の大ヒット“Love The Way You Lie”を手がけたことで知られ、このサウンドトラックと同日発売となったエミネム最新作『Revival』にも参加しているアレックス・ダ・キッド(Alex Da Kid)で、ラグンボーン・マンのソウルフルな歌声が映える曲だ。

ヒップホップ・ファンに注目を集めそうなのが、ミーク・ミル(Meek Mill)、YGスヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)の3人のラッパーによる“That’s My N****”。これは、ドクター・ドレー(Dr. Dre)がスヌープをゲストに迎えて発表した1999年の名曲“Still D.R.E.”をサンプリング、リメイクしたもので、原曲に参加したスヌープも新たなラップで参加している。

意外なコラボレーションと言えるのは、昨年、全米シングル・チャート最高5位まで上昇した“Broccoli”のヒットで知られる29歳の新進ラッパー/シンガー、DRAMと、72歳の大御所ニール・ヤング(Neil Young)という取り合わせの“Campfire”だろう。また人気ラッパーのエイサップ・ロッキー(A$AP Rocky)は、同じニューヨーク出身のトム・モレロ(Tom Morello)との共演でロック色の強い“FTW (F**k the World)”に参加している。

Bad and Boujee”が全米シングル・チャート1位を獲得したアトランタの新進ヒップホップ・トリオ=ミーゴス(Migos)が“Danger”でマーシュメロー(Marshmello)と、“Bad and Boujee”にゲスト参加していた新進ラッパーで、来年のグラミー賞で新人賞候補となっているリル・ウージー・ヴァート(Lil Uzi Vert)が“Smoke My Dope”でスティーヴ・アオキ(Steve Aoki)と組むなど、ラップとダンス・ミュージックのコラボレーションも。

他にはフューチャー(Future)、タイ・ダラー・サイン(Ty Dolla $ign)、マシンガン・ケリー(Machine Gun Kelly)といったヒップホップ勢から、元フィフス・ハーモニー(Fifth Harmony)のカミラ・カベロ(Camila Cabello)や、キアラ(Kiiara)、ビービー・レクサ(Bebe Rexha)といったポップ・アクト、さらにポーチュガル・ザ・マン(Portugal. The Man)、アルト・ジェイ(alt-J)、バスティル(Bastille)、エックス・アンバサダーズ(X Ambassadors)といったロック勢まで、多彩な顔ぶれが参加している。

1. “Broken People” – Logic & Rag’n'Bone Man [prod. by Alex Da Kid]

2. “World Gone Mad” – Bastille [prod. by Dan Smith & Mark Crew]

3. “Home” – Machine Gun Kelly, X Ambassadors & Bebe Rexha [prod. by David Pramik / co-prod. by D Phelps]

4. “Crown” – Camila Cabello & Grey [prod. by Grey]

5. “Darkside” – Ty Dolla $ign & Future feat. Kiiara [prod. by Andrew Bolooki, Linus Wikland & JMIKE / co-prod. by AC]

6. “Danger” – Migos & Marshmello [prod. by Marshmello & Judge]

7. “That’s My N****” – Meek Mill, YG & Snoop Dogg [prod. by Viruss Beats]

8. “Smoke My Dope” – Steve Aoki & Lil Uzi Vert [prod. by Steve Aoki]

9. “FTW (F**k the World)” – A$AP Rocky & Tom Morello [prod. by DJ Khalil]

10. “Cheer Up” – Portugal. The Man [prod. by D. Sardy / co-prod. by Casey Bates]

11. “Hares On The Mountain” – alt-J [prod. by Charlie Andrew]

12. “Campfire” – DRAM & Neil Young [prod. by Joe London / co-prod. by Gabe Niles & DRAM]

13. “This Land Is Your Land” – Sam Hunt [prod. by Zach Crowell]