bmr

bmr>NEWS>クリス・ブラウン、ジェレマイ、ロドニーら参加 K・ミシェルが新作を発表 [ほぼ全曲フル試聴可]

NEWS

クリス・ブラウン、ジェレマイ、ロドニーら参加 K・ミシェルが新作を発表 [ほぼ全曲フル試聴可]

K. Michelle - KIMBERLY: The People I Used To Know

これまで発表したすべてのアルバムが米R&B/ヒップホップ・アルバム・チャートで初登場1位を記録している33歳の実力派女性R&Bシンガー、K・ミシェル(K. Michelle)が、新作『KIMBERLY: The People I Used To Know』を発表した。

2008年にR.ケリー(R. Kelly)やジャスティン・ティンバーレイク(Justin Timberlake)らを抱えるJive Recordsと契約、R.ケリーのバックアップでデビュー予定だったものの、不遇の時を過ごしてレーベルが閉鎖されてしまるという苦境を乗り越え、2012年12月にメジャー・レーベルのAtlantic Recordsとの契約を手にしたK・ミシェル。翌年8月に発表したデビュー・アルバム『Rebellious Soul』は全米チャート初登場2位、米R&B/ヒップホップ・アルバム・チャートで初登場1位という好成績を残し、注目の女性R&Bシンガーである証を見せた。以降、2014年末は発表した2作目『Anybody Wanna Buy A Heart?』、昨年3月に発表した3作目『More Issues Than Vogue』もいずれもR&B/ヒップホップ・アルバム・チャート初登場1位を記録している。

人気リアリティ番組『Love & Hip Hop: Atlanta』や、自身の冠番組『K. Michelle: My Life』の出演などを通じて、他の女性アーティスト/タレントと喧嘩したり、整形手術の失敗を明かすなど、その率直なキャラクターでも度々話題を呼んでおり、今年9月にはルーパス、狼そうとも呼ばれる難病である全身性エリテマトーデスという自己免疫疾患だと診断されたことを明かしながら、代理母出産の形で婚約者との子供をもうけ、誕生を心待ちにしている心境も公にしている。

『Murder She Wrote』というミックステープも準備しているというK・ミシェルが、およそ1年9ヶ月ぶりとなるニュー・アルバム『KIMBERLY: The People I Used To Know』を完成させ、12月8日に発売した。自身のファーストネーム「キンバリー」を冠した同作からはすでに、前作で“Ain’t You”などを手がけていたヒットメイカ(Hitmaka)らのプロデュースによる“Birthday”、クリス・ブラウン(Chris Brown)との共演となる“Either Way”、ジェイ・Z(JAY-Z)の名曲“Song Cry”を引用した“Make This Song Cry”、そしてブラックストリート(BLACKstreet)“Don’t Leave Me”でのサンプリングも有名なデバージ(DeBarge)の“Dream”を使用した“Kim K”といった楽曲が発表されているが、アルバムは21トラックを収録。短いインタールード等を除くと全17曲となる。

ゲスト・アーティストは、クリス・ブラウンとジェレマイ(Jeremih)の人気R&Bシンガー2名のみ。但しアウトロには、新進女性ラッパーのプリンセス・ノキア(Princess Nokia)が今年5月にブラウン大学で語ったスピーチがサンプリングされている。「精神的な孤独は、自己を改革する際の大きな構成要素となる」というこの語りは、今年の6月~7月頃にTwitterやFacebook、InstagramなどのSNSで多く引用されて話題になったもの。なおプリンセス・ノキアは、今年10月上旬にブルックリンの地下鉄の中で、黒人乗客に向けて人種差別的発言をしていた白人男性が電車から降ろされたトラブルの映像が話題になった際、この白人男性にスープを投げつけていた女性だったとして話題にのぼったこともある。

また『KIMBERLY: The People I Used To Know』の制作陣には、初期から彼女の作品に関わっているエリック・ハドソン(Eric Hudson)や、メアリー・J.ブライジ(Mary J. Blige)最新作『Strength Of A Woman』で“Thick Of It”や“Love Yourself”など計5曲を手がけたことも話題の売れっ子R&Bプロデューサー、DJ・キャンパー(DJ Camper)、シャンテ・ムーア(Chante Moore)最新作『The Rise Of The Phoenix』でも辣腕を振るったリル・ロニー(Lil Ronnie)、ニーヨ(Ne-Yo)やファンテイジア(Fantasia)らを手がけていたチャック・ハーモニー(Chuck Harmony)らが参加。他にも、マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)やビヨンセ(Beyonce)らのプロデュースで知られる世界的ヒットメイカーのロドニー・ジャーキンス(Rodney Jerkins)が1曲を手がけている。

1. Welcome To The People I Used To Know

2. Alert [prod. by D.J. Camper]

3. God, Love, Sex and Drugs [prod. by Bongo ByTheWay]

4. Make This Song Cry [prod. by Lil Ronnie]

5. Crazy Like You [prod. by Lil Ronnie]

6. Kim K [prod. by D.J. Camper]

7. Takes Two (feat. Jeremih) [prod. by Ray Keys, Bongo ByTheWay & Hitmaka]

8. Rounds

9. Either Way (feat. Chris Brown) [prod. by Lil Ronnie]

10. Birthday [prod. by Rock Boy Beats, Yung Ladd & Hitmaka]

11. Fuck Your Man (Interlude) [prod. by Daniel Bryant, Clintunez & Lil Ronnie]

12. No Not You [prod. by Lil Ronnie]

13. Giving Up On Love [prod. by Louis Biancaniello]

14. Help Me Grow (Interlude)

15. Heaven

16. Run Don’t Walk [prod. by Chuck Harmony]

17. Industry Suicide (Interlude)

18. Talk To God [prod. by Daniel Bryant & Lil Ronnie]

19. Brain On Love [prod. by Eric Hudson]

20. Woman Of My Word [prod. by Rodney Jerkins]

21. Outro (feat. Princess Nokia)