bmr

bmr>NEWS>ジェイ・Zが最多ノミネート 第60回グラミー賞はヒップホップ~R&B勢の勢いを反映か

NEWS

ジェイ・Zが最多ノミネート 第60回グラミー賞はヒップホップ~R&B勢の勢いを反映か

Grammy 2018

来年1月に授賞式が開催される第60回グラミー賞のノミネートが発表され、ヒップホップ界の帝王ジェイ・Z(JAY-Z)が最多の8ノミネートを受けた。

第60回グラミー賞ノミネートのひとつ目のサプライズは、6月におよそ4年ぶりの新作『4:44』を発表したジェイ・Z。『4:44』がアルバム・オブ・ザ・イヤー、表題曲“4:44”がソング・オブ・ザ・イヤー、“The Story Of O.J.”がレコード・オブ・ザ・イヤーと主要4部門のうち3部門にノミネートを受けたほか、最優秀ラップ・アルバムを始めとするラップ部門の4部門すべての候補となり、また“The Story Of O.J.”が最優秀ミュージック・ビデオ部門の候補にも選出され、合計で8ノミネートで最多となった。

また、レコード・オブ・ザ・イヤーでは候補の5曲中、今夏を席巻したルイス・フォンシ(Luis Fonsi)の“Despacito”を除く4曲がヒップホップ~R&B曲、アルバム・オブ・ザ・イヤーでも候補の5作中、ロード(Lorde)の『Melodrama』を除く4作がヒップホップ~R&B作品となっているなど、主要4部門に占めるヒップホップ~R&B勢の多さも注目されている。音楽セールスなどの実態を調査し報告するニールセン・ミュージックによる2017年上半期のアメリカの音楽消費動向では、ヒップホップ/R&B作品が全体の25.1%を占め、これまで1位だったロックを2位(今期は23%)に押し下げて史上初めてジャンル占有率1位となったことが発表されており、先日発表された経済誌フォーブスによる恒例の「30 Under 30」(30歳以下の重要人物30組)の音楽カテゴリーでは、ヒップホップ~R&Bのアーティストだけで全体の3分の1を占めるといった近年の音楽動向が、グラミー賞のノミネート結果にも通ずるところがありそうだ。

ジェイ・Zに続く7ノミネートとなったのはケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)で、最新作『DAMN.』がアルバム・オブ・ザ・イヤー、自身初のナンバーワン・ヒットとなった“HUMBLE.”がレコード・オブ・ザ・イヤーと主要4部門中2部門の候補になったのに加え、ジェイ・Z同様にラップ部門の4部門すべての候補となった。また、ジェイ・Zと並んで主要4部門中3部門にノミネートを受けたのはブルーノ・マーズ(Bruno Mars)で、彼はケンドリックに次いで6ノミネートとなっている。ちなみに、ブルーノ・マーズ“24K Magic”の冒頭部分をサンプリングし、逆再生するなど加工したものを使っているケンドリック・ラマーの“LOYALTY.”がノミネート(ラップ部門)されているのも面白いところだ。

意外な活躍を見せたのが、俳優/監督ドナルド・グローヴァーのアーティストとしての顔であるチャイルディッシュ・ガンビーノ(Childish Gambino)。昨年末に発表した『“Awaken, My Love!”』は高い評価を集め、“Redbone”もロングヒットを記録していたが、それぞれアルバム・オブ・ザ・イヤーとレコード・オブ・ザ・イヤーの候補になったのを始め、最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム部門、最優秀R&Bソング部門など、計5ノミネートでブルーノ・マーズに続いている。

同じく5ノミネートとなったのは、米Rolling Stone誌に「ポップの神童」とも評された、弱冠19歳の新人カリード(Khalid)。新人賞にノミネートを受けたほか、デビュー・アルバム『American Teen』が最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム部門、デビュー・ヒット“Location”が最優秀R&Bソング部門の候補となり、さらにゲスト参加したロジック(Logic)の“1-800-273-8255”がソング・オブ・ザ・イヤーと最優秀ミュージック・ビデオ部門の候補に選出された。カリードと共にロジックの“1-800-273-8255”に参加したアレッシア・カーラ(Alessia Cara)もまた新人賞の候補となっている。チャイルディッシュ・ガンビーノとカリード以外で5ノミネートで並んだのは、カリードらと同様に新人賞の候補となった新進女性R&BシンガーのSZA、そしてジェイ・Z『4:44』などを手がけたベテラン・ヒップホップ・プロデューサーのノーI.D.(No I.D.)の2人。

『÷ (Divide)』が大ヒットしたエド・シーラン(Ed Sheeran)が今回、主要4部門のいずれにもノミネートを受けなかったのも話題となっているが、意外なノミネートでは、実力派女性シンガー・ソングライターのインディア・アリー(India.Arie)が今年7月に発表した『SongVersation: Medicine』が、R&B部門ではなく、ニューエイジ部門の候補となっており、喜多郎の『空海の旅5』などと競い合うことになる。

また、90年代に“Hey Mr. DJ”、“Groove Thang”などのヒットを放ったジャネイ(Zhane)の元メンバーであるジーン・ベイラー(Jean Norris-Baylor)が、元イエロージャケッツ(The Yellowjackets)の夫マーカス・ベイラー(Marcus Baylor)との夫婦デュオ=ベイラー・プロジェクト(The Baylor Project)として自主リリースした『The Journey』が最優秀ジャズ・ボーカル・アルバム部門、そして収録曲“Laugh and Move On”が最優秀トラディショナルR&Bパフォーマンス部門と2部門でノミネートを受けた。

第60回グラミー賞の受賞式は2018年1月28日にマディソン・スクエア・ガーデンにて開催される。今回は、2003年の第45回以来、15年ぶりにニューヨークでの開催となる。日本時間では1月29日(月)となり、例年どおりWOWOWが午前8:30から独占生中継する。

Record Of The Year
Redbone” – Childish Gambino
“Despacito” – Luis Fonsi & Daddy Yankee featuring Justin Bieber
The Story Of O.J.” - JAY-Z
HUMBLE.” – Kendrick Lamar
24K Magic” – Bruno Mars

Album Of The Year
“Awaken, My Love!”』- Childish Gambino
『4:44』- JAY-Z
『DAMN.』- Kendrick Lamar
『Melodrama』- Lorde
『24K Magic』- Bruno Mars

Song Of The Year
“Despacito” – Luis Fonsi & Daddy Yankee featuring Justin Bieber
(Ramón Ayala, Justin Bieber, Jason “Poo Bear” Boyd, Erika Ender, Luis Fonsi & Marty James Garton)
4:44” – JAY-Z
(Shawn Carter & Dion Wilson)
“Issues” – Julia Michaels
(Benny Blanco, Mikkel Storleer Eriksen, Tor Erik Hermansen, Julia Michaels & Justin Drew Tranter)
1-800-273-8255” – Logic featuring Alessia Cara & Khalid
(Alessia Caracciolo, Sir Robert Bryson Hall II, Arjun Ivatury & Khalid Robinson)
That’s What I Like” – Bruno Mars
(Christopher Brody Brown, James Fauntleroy, Philip Lawrence, Bruno Mars, Ray Charles McCullough II, Jeremy Reeves, Ray Romulus & Jonathan Yip)

Best New Artist
Alessia Cara
Khalid
Lil Uzi Vert
Julia Michaels
SZA

Best Rap Performance
Bounce Back” – Big Sean
Bodak Yellow” – Cardi B
4:44” – JAY-Z
HUMBLE.” – Kendrick Lamar
Bad And Boujee” – Migos Featuring Lil Uzi Vert

Best Rap/Sung Performance
PRBLMS” – 6LACK
Crew” – Goldlink featuring Brent Faiyaz & Shy Glizzy
“Family Feud” – JAY-Z featuring Beyoncé
LOYALTY.” – Kendrick Lamar featuring Rihanna
Love Galore” – SZA featuring Travis Scott

Best Rap Song
Bodak Yellow” – Cardi B
(Dieuson Octave, Klenord Raphael, Shaftizm, Jordan Thorpe, Washpoppin & J White)
Chase Me” – Danger Mouse featuring Run The Jewels & Big Boi
(Judah Bauer, Brian Burton, Hector Delgado, Jaime Meline, Antwan Patton, Michael Render, Russell Simins & Jon Spencer)
HUMBLE.” - Kendrick Lamar
(K. Duckworth, Asheton Hogan & M. Williams II)
“Sassy” – Rapsody
(E. Gabouer & M. Evans)
The Story Of O.J.” – JAY-Z
(Shawn Carter & Dion Wilson)

Best Rap Album
『4:44』- JAY-Z
『DAMN.』- Kendrick Lamar
『Culture』- Migos
Laila’s Wisdom』- Rapsody
『Flower Boy』- Tyler, The Creator

Best R&B Performance
Get You” – Daniel Caesar featuring Kali Uchis
Distraction” – Kehlani
High” – Ledisi
That’s What I Like” – Bruno Mars
The Weekend” – SZA

Best Traditional R&B Performance
Laugh And Move On” – The Baylor Project
Redbone” – Childish Gambino
What I’m Feelin’” – Anthony Hamilton featuring The HamilTones
“All The Way” – Ledisi
Still” – Mali Music

Best R&B Song
“First Began” – PJ Morton
(PJ Morton)
Location” – Khalid
(Alfredo Gonzalez, Olatunji Ige, Samuel David Jiminez, Christopher McClenney, Khalid Robinson & Joshua Scruggs)
Redbone” – Childish Gambino
(Donald Glover & Ludwig Goransson)
Supermodel” – SZA
(Tyran Donaldson, Terrence Henderson, Greg Landfair Jr., Solana Rowe & Pharrell Williams)
That’s What I Like” – Bruno Mars
(Christopher Brody Brown, James Fauntleroy, Philip Lawrence, Bruno Mars, Ray Charles McCullough II, Jeremy Reeves, Ray Romulus & Jonathan Yip)

Best Urban Contemporary Album
Free 6LACK』- 6LACK
“Awaken, My Love!”』- Childish Gambino
『American Teen』- Khalid
Ctrl』- SZA
『Starboy』- The Weeknd

Best R&B Album
Freudian』- Daniel Caesar
『Let Love Rule』- Ledisi
『24K Magic』- Bruno Mars
『Gumbo』- PJ Morton
Feel The Real』- Musiq Soulchild

Best Jazz Vocal Album
The Journey』- The Baylor Project
A Social Call』- Jazzmeia Horn
『Bad Ass And Blind』- Raul Midón
『Porter Plays Porter』- Randy Porter Trio With Nancy King
『Dreams And Daggers』- Cécile McLorin Salvant

Best Pop Solo Performance
“Love So Soft” – Kelly Clarkson
“Praying” – Kesha
Million Reasons” – Lady Gaga
“What About Us” – P!nk
Shape Of You” – Ed Sheeran

Best Pop Duo/Group Performance
“Something Just Like This” – The Chainsmokers & Coldplay
“Despacito” – Luis Fonsi & Daddy Yankee featuring Justin Bieber
Thunder” – Imagine Dragons
“Feel It Still” – Portugal. The Man
Stay” – Zedd & Alessia Cara

Best Pop Vocal Album
『Kaleidoscope EP』- Coldplay
『Lust For Life』- Lana Del Rey
『Evolve』- Imagine Dragons
『Rainbow』- Kesha
『Joanne』- Lady Gaga
『÷ (Divide)』- Ed Sheeran

Best Gospel Performance/Song
Too Hard Not To” – Tina Campbell
“You Deserve It” – JJ Hairston & Youthful Praise featuring Bishop Cortez Vaughn
“Better Days” – Le’Andria
My Life” – The Walls Group
Never Have To Be Alone” – CeCe Winans

Best Gospel Album
『Crossover: Live From Music City』- Travis Greene
『Bigger Than Me』- Le’Andria
『Close』- Marvin Sapp
『Sunday Song』- Anita Wilson
『Let Them Fall In Love』- CeCe Winans

Best New Age Album
『Reflection』- Brian Eno
SongVersation: Medicine』- India.Arie
『Dancing On Water』- Peter Kater
『Sacred Journey Of Ku-Kai, Volume 5』- Kitaro
『Spiral Revelation』- Steve Roach

Best Dance Recording
“Bambro Koyo Ganda” – Bonobo featuring Innov Gnawa
“Cola” – Camelphat & Elderbrook
“Andromeda” – Gorillaz featuring DRAM
“Tonite” – LCD Soundsystem
“Line Of Sight” – Odesza featuring WYNNE & Mansionair

Best Dance/Electronic Album
『Migration』- Bonobo
『3-D The Catalogue』- Kraftwerk
Mura Masa』- Mura Masa
『A Moment Apart』- Odesza
『What Now』- Sylvan Esso

Best Reggae Album
『Chronology』- Chronixx
『Lost In Paradise』- Common Kings
『Wash House Ting』- J Boog
『Stony Hill』- Damian “Jr. Gong” Marley
『Avrakedabra』- Morgan Heritage

Best Compilation Soundtrack For Visual Media
『Baby Driver』
『Guardians Of The Galaxy Vol. 2: Awesome Mix Vol. 2』
『Hidden Figures: The Album』
『La La Land』
『Moana: The Songs』

Best Song Written For Visual Media
“City Of Stars” – Ryan Gosling & Emma Stone
(Justin Hurwitz, Benj Pasek & Justin Paul)
“How Far I’ll Go” – Auli’i Cravalho
(Lin-Manuel Miranda)
I Don’t Wanna Live Forever (Fifty Shades Darker)” – ZAYN & Taylor Swift
(Jack Antonoff, Sam Dew & Taylor Swift)
“Never Give Up” – Sia
(Sia Furler & Greg Kurstin)
Stand Up For Something” – Andra Day featuring Common
(Common & Diane Warren)

Producer Of The Year, Non-Classical
Calvin Harris
Greg Kurstin
Blake Mills
No I.D.
The Stereotypes

Best Remixed Recording
“Can’t Let You Go (Louie Vega Roots Mix)” – Loleatta Holloway
(remixed by Louie Vega)
“Funk O’ De Funk (SMLE Remix)” – Bobby Rush
(remixed by SMLE)
“Undercover (Adventure Club Remix)” – Kehlani
(remixed by Leighton James & Christian Srigley)
“A Violent Noise (Four Tet Remix)” – The xx
(remixed by Four Tet)
“You Move (Latroit Remix)” – Depeche Mode
(remixed by Dennis White)

Best Music Video
“Up All Night” – Beck
“Makeba” – Jain
The Story Of O.J.” - JAY-Z
HUMBLE.” - Kendrick Lamar
1-800-273-8255” – Logic featuring Alessia Cara & Khalid