bmr

bmr>NEWS>サイハイ・ザ・プリンスがデビュー作を発売 カニエ、2チェインズ、ジャギド・エッジら参加 [全曲フル試聴可]

NEWS

サイハイ・ザ・プリンスがデビュー作を発売 カニエ、2チェインズ、ジャギド・エッジら参加 [全曲フル試聴可]

CyHi The Prynce - No Dope On Sundays

カニエ・ウェスト(Kanye West)作品に多数貢献してきたソングライターとしても知られる実力派ラッパーのサイハイ・ザ・プリンス(CyHi The Prynce)が、ついに待ち望まれていたデビュー・アルバム『No Dope On Sundays』を発売した。

元々、2009年にはエイコン(Akon)のKonvict Musicを通じて名門Def Jam Recordingsと契約していたサイハイ・ザ・プリンスだったが、カニエの目に留まり、翌年、カニエが興したG.O.O.D. Musicと契約。サイハイの弁によれば、ビヨンセ(Beyonce)がカニエに「契約したほうがいい」と助言したとされる。それからは、後に『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』に収録される“So Appalled”を始め、カニエが2010年に毎週金曜日に新曲を発表していく「GOOD Fridays」に度々ゲスト・アーティストとして招かれ、翌2011年には、米ヒップホップ専門誌XXLがこれからの活躍が期待される若手を選出する企画「XXL Freshman Class」に選ばれるなど注目を集めた。

その後も、G.O.O.D. Musicのコンピレーション『Cruel Summer』に2曲で参加したほか、カニエ・ウェストの2013年作『Yeezus』はほぼ全曲でソングライターとして名を連ね、昨年の『The Life Of Pablo』でも半数以上に関与。彼が関わったカニエ楽曲は、2014年には“New Slaves”、2015年には“Bound 2”、2016年は“All Day”、今年は“Ultralight Beam”や“Famous”と毎年グラミー賞のノミネートを受けており、カニエ作品に欠かせない存在だ。

その一方でサイハイ自身のアーティスト活動は、カニエ・ウェストが監修した『Black Hystori Project』などミックステープこそ発表し続けているものの、以前から準備中としていた『Hardway Musical』というデビュー・アルバムは一向に陽の目を見ず、2015年にはDef Jamから契約を解除されてしまう。だが昨春には、ふたたびカニエと共にアルバムを制作していると報告し、カニエの『The Life Of Pablo』への参加を経て、ついに今年2月になって先行シングル“Nu Africa”の発売と共にデビュー・アルバム『No Dope On Sundays』を予告。6月にはスクールボーイ・Q(ScHoolboy Q)をゲストに迎えた正式なファースト・シングル“Movin’ Around”が発表したのに続き、ハロウィンの10月31日にカニエ・ウェストが参加した“Dat Side”をサプライズ・リリース。そして先週末になってついに、『No Dope On Sundays』を11月17日に発売することを明かし、ついに長らく待たれていたサイハイ・ザ・プリンスのデビュー・アルバムが到着した。

G.O.O.D. Music入りが発表されてから7年以上の月日が流れて届けられた『No Dope On Sundays』は、G.O.O.D. Musicからではなく、自身のレーベル Brooklyn Knightsと、ソニー系列のRAL (RED Associated Labels)からの発売となった。最終的に全15曲入りとなったこのデビュー・アルバムには、カニエやスクールボーイ・Qを始め、プッシャー・T(Pusha T)、2チェインズ(2 Chainz)、トラヴィス・スコット(Travis Scott)から、BJ・ザ・シカゴ・キッド(BJ The Chicago Kid)、エステル(Estelle)、ジャギド・エッジ(Jagged Edge)と豪華アーティストが集結。

プロデューサー陣は、ザ・フレッシュマン(The Fr3shmen)のマーク・バード(Mark Byrd)や、ブランドン・ブラック(Brandon Black)といった2015年のミックステープ『BHP 2: N.A.A.C.P.』にも参加していた顔ぶれなど若手が中心。また、デヴィッド・ゲッタ(David Guetta)の大ヒット作『One Love』への参加や、ファンテイジア(Fantasia)のプロデュースなどでも知られるノヴェル(Novel)が3曲に関わったほか、カニエ・ウェスト“Power”のプロデュースでも知られるS1ことシンボリック・ワン(Symbolic One)、カニエ作品の常連プロデューサーであるアンソニー・キルホファー(Anthony Kilhoffer)らも参加している。

1. Amen (Intro) [prod. by The Olympicks / co-prod. by Edsclusive]

2. No Dope On Sundays (feat. Pusha T) [prod. by Novel, Mark Byrd, Lex Luger & Shawty Redd]

3. Get Yo Money [prod. by Novel, Mark Byrd & Brandon Black]

4. Movin’ Around (feat. ScHoolboy Q) [prod. by Oz & Syk Sense]

5. Trick Me (feat. 2 Chainz) [prod. by Mark Byrd, Edsclusive & David & Eli]

6. Murda (feat. Estelle) [prod. by Shawty Redd, Brandon Black, Anthony Kilhoffer & Mark Byrd]

7. Don’t Know Why (feat. Jagged Edge) [prod. by Novel, Mark Byrd & Nate & Charity]

8. God Bless Your Heart [prod. by Mark Byrd & Brandon Black]

9. Dat Side (feat. Kanye West) [prod. by Edsclusive]

10. Looking For Love [prod. by FreeP & thankgod4cody]

11. Nu Africa (feat. Ernestine Johnson) [prod. by Mark Byrd, S1 & Epikh Pro]

12. Free [prod. by Fr23sh & Edsclusive]

13. 80′s Baby (feat. BJ the Chicago Kid) [prod. by Mark Byrd & Brandon Black]

14. Closer [prod. by Mark Byrd & Brandon Black]

15. I’m Fine (feat. Travis Scott) [prod. by Mark Byrd, Brandon Black, Anthony Kilhoffer, Josh Simons & K. Rachel Mills]