bmr

bmr>NEWS>アギレラ待望の新作にアンダーソン・パーク、サンダーキャット、ジャネル・モネイら集結か!?

NEWS

アギレラ待望の新作にアンダーソン・パーク、サンダーキャット、ジャネル・モネイら集結か!?

Christina Aguilera - Family that slays together stays together

以前から新作を準備中であることが明かされていたクリスティーナ・アギレラ(Christina Aguilera)だが、豪華アーティスト勢たちと一緒に写った写真が公開され、新作に参加しているメンバーではと大きな話題となっている。

2012年発表の『Lotus』以来、アルバム・リリースの途絶えているクリスティーナ・アギレラだが、2014年にはア・グレイト・ビッグ・ワールド(A Great Big World)との共演となった“Say Something”が全米シングル・チャート最高4位を記録する大ヒットとなり、翌年の第57回グラミー賞では最優秀ポップ・パフォーマンス(デュオまたはグループ)部門を受賞。アギレラにとって、2002年の“Beautiful”(最高2位)以来となるトップ5ヒット、そして8年ぶりのグラミー受賞となった。また昨年は、Netflixドラマ『ゲットダウン』のためにナイル・ロジャース(Nile Rodgers)とのコラボレーション曲“Telepathy”が録音され、米ダンス・チャートで1位を獲得している。

先日は、“Beautiful”など数々のヒット・シングルを生み、世界セールスは1000万枚を超えるとされるセカンド・アルバム『Stripped』の発売15周年を迎え、改めてクリスティーナ・アギレラがポップス史にもたらした影響が再確認されると共に、彼女のニュー・アルバムを待つ声はさらに高まっている。

2016年には、グラミー賞に輝いた“Ain’t No Other Man”などを手がけたDJプレミア(DJ Premier)がクリスティーナ・アギレラの近況について「彼女と会って話したんだけど、『The Voice』(の審査員)が忙しすぎて数曲しか新曲をレコーディングできてなかった。だから彼女はまだアルバム・モードじゃない」と伝えていたが、アギレラは昨年5月に放送が終わった第10シーズンをもって番組を降板。そして今年9月、なんと“Uptown Funk”のメガヒットも記憶に新しいマーク・ロンソン(Mark Ronson)、そしてドクター・ドレー(Dr. Dre)やケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)も称賛する気鋭シンガー/ラッパー/プロデューサーのアンダーソン・パーク(Anderson .Paak)、さらにフランク・オーシャン(Frank Ocean)『blonde』などを手がけたオンマス・キース(Om’Mas Keith)と共にスタジオ入りする様子が公開され、いよいよ新作のレコーディングが本格的に始まったのではと話題に。

そしてクリスティーナ・アギレラは今週月曜、「ファミリー」と称して豪華アーティスト/プロデューサーたちが集結した写真を公開。この中にはアンダーソン・パークに加え、最新作『Drunk』が絶賛されているサンダーキャット(Thundercat)、そして『ドリーム』(原題『Hidden Figures』)や『ムーンライト』など女優としても大活躍中のジャネル・モネイ(Janelle Monae)、ジャネル同様に晩年のプリンス(Prince)に目をかけられたリアン・ラ・ハヴァス(Lianne La Havas)、さらにドレイク(Drake)の右腕として知られるノア“40”シェビブ(Noah “40″ Shebib)など、豪華な顔ぶれがズラリ。リアン・ラ・ハヴァスとサンダーキャットは先月下旬にも一緒にスタジオにいる写真が公開されており、この「ファミリー」たちで集中的に制作をした……と想像できそうだ。

なおクリスティーナ・アギレラは、11月19日に開催される〈American Music Awards〉にパフォーマーとして出演が決定。今年、映画『ボディガード』が25周年を迎えるのを記念してホイットニー・ヒューストン(Whitney Houston)のトリビュート・ステージを務めることが発表されており、その圧巻の歌声でニュースのヘッドラインを賑わすことになるかどうか、こちらにも注目が集まっている。

Family that slays together stays together

Christina Aguileraさん(@xtina)がシェアした投稿 –