bmr

bmr>NEWS>ディディ改めパフ・ダディ、48歳の誕生日にさらなる改名を宣言 [update]

NEWS

ディディ改めパフ・ダディ、48歳の誕生日にさらなる改名を宣言 [update]

Sean Combs / Puff Daddy

米経済誌フォーブスによる長者番付企画では常連となるなどビジネスマンとしての活躍でも知られるパフ・ダディ(Puff Daddy)ことショーン・コムズ(Sean Combs)が、48歳の誕生日を迎え、ふたたび改名を宣言した。

[11/8 update: 改名宣言を撤回。詳しくは下記にて]

1993年にBad Boyを立ち上げてヒップホップ・プロデューサーとして頭角を現し、ノトーリアス・B.I.G.(The Notorious B.I.G.)など、主に90年代にヒップホップ~R&Bで数々のスターとヒットを創出、シーンに多大な影響を与えてきたショーン・コムズ。デビュー当初パフ・ダディと名乗っていた彼は、2001年にP・ディディ(P. Diddy)、2005年にはディディと名前を変え、10年ほどは「ディディ」で定着していたものの、2014年3月に“Big Homie”という新曲のリリースに合わせてデビュー当初の名前である「パフィ・ダディ」にアーティスト名を戻した。2015年にはパフ・ダディ&ザ・ファミリー名義でミックステープ『MMM』を発表しているほか、今年7月にもパフ・ダディとして新曲“Watcha Gon’ Do?”をリリースしている。

パフィ・ダディに名前を戻した際、Twitterでは「公式に言っておくと、俺は名前を変えたわけじゃない。俺はいままでもパフ・ダディだったし、そしてこれからもずっとパフ・ダディだ」とコメントしていたが、それから3年半、また新たな名前に変わるのだという。11月4日に48歳の誕生日を迎えた彼は、ラヴ(Love)もしくはブラザー・ラヴ(Brother Love)というアーティスト名に変えるのだとSNSで宣言した。TwitterやInstagramに投稿した動画メッセージの中で彼は、「すごく真剣な話がある」として、「リスクがあることは分かっている。中にはつまらないと感じる人もいるだろうが、また名前を変えることにした。今の俺は、昔の俺と違うから。変わったんだ。だから、俺の新しい名前は、ラヴ、またの名をブラザー・ラヴ (Love aka Brother Love) だ。パフィやディディ、パフ・ダディ、その他のあだ名で呼ばれても返事はしないよ。ラヴ、もしくはブラザー・ラヴだ」とコメントした。もっとも、その後Instagramに投稿した風景写真のハッシュタグには「#diddyview」とディディの名前を使っているものもあり、どこまで本気なのかは不明だ。

[11/8 update: 酷評されたのを受けてかは不明だが、2日後に「インターネットではふざけちゃいけないって結論に今日達したよ。メディアがものすごく反応したため、そしてそれによる混乱を避けるために、俺はジョークを言っただけだと言っておく。いいか? 名前は変えない」と改名宣言を撤回。また最後に、「古い名前で呼んでくれていいし、“ラヴ”って呼びたいなら呼んでいいんだぜ」とも付け加えた]

なお、Bad Boy Recordsの設立を記念して、当時Bad Boyに所属していた人気アーティストたちも集まって昨年開催されたコンサート〈Bad Boy Family Reunion〉を核としてBad Boyの歴史にも迫るドキュメンタリー『Can’t Stop Won’t Stop: A Bad Boy Story』が今年になって、オンデマンド・ストリーミング配信やデジタル・ダウンロード配信されたが、先日開催された第21回ハリウッド映画賞でドキュメンタリー映画賞に輝いたことが発表された。

I see you can't play with the internet be calm. Spread LOVE.

Diddyさん(@diddy)がシェアした投稿 –

I did it again BREAKING NEWS!!!! MY NEW NAME IS LOVE OR BROTHER LOVE!!! Or NOTHIN! HAPPY BIRTHDAY TO ME!!!

Diddyさん(@diddy)がシェアした投稿 –