bmr

bmr>NEWS>英ソウル・バンドのママズ・ガンが3年ぶり新作を12月に 年明けには来日公演も

NEWS

英ソウル・バンドのママズ・ガンが3年ぶり新作を12月に 年明けには来日公演も

Mama's Gun

キャッチーなメロディを武器に、アシッドジャズ、ロック、ファンクを呑み込んだポップなソウル・サウンドで人気を博しているイギリス発の人気バンド=ママズ・ガン(Mamas Gun)が、12月に発売予定の新作を引っ提げて、来年1月末から2月に来日公演を開催することが発表された。

エリカ・バドゥ(Erykah Badu)の名作『Mama’s Gun』からその名を取ったママズ・ガンは、2009年のデビュー作『Routes To Riches』が本国を始め、ここ日本でも支持を得たロンドンの5人組バンド。英国人とフィリピン人の両親のもと香港に生まれたフロントマンのアンディ・プラッツ(Andy Platts)は、そのキャッチーなメロディセンスを生かして、Every Little Thingの「BFF」や「ANATA TO」、「Little Dancer」を手がけてきたことでも日本と縁のあるアーティストだ。またアンディ・プラッツは、グールー(Guru)の『Jazzmatazz Volume II』やインコグニート(Incognito)作品にも参加した西海岸のベテラン、ショーン・リー(Shawn Lee)と共にヤング・ガン・シルヴァー・フォックス(Young Gun Silver Fox)というグループを結成し、70年代西海岸サウンドにオマージュを捧げた『West End Coast』を2015年にリリースしたことも話題になった。

ママズ・ガンは、アデル(Adele)“Rolling In The Deep”を80sエレクトリック・ファンク調にリメイクするなどひねった解釈が面白いカバー集『Aversions』を2012年に自主リリース後、2014年に原点回帰的な3作目『Cheap Hotel』を発表。昨年は5曲入りのEP『Room Service』をリリースした彼らは、デビュー作の共同プロデューサーだったジュリアン・シモンズ(Julian Simmons)らと共にスタジオ入りするなど4作目のニュー・アルバムの制作を進めている様子も明かしており、12月6日に発売予定となっているが、この3年ぶりのニュー・アルバムを携えての来日公演が決定。2018年1月30日(火)にビルボードライブ大阪2月1日(木)にビルボードライブ東京で開催となる。

〈ママズ・ガン来日公演〉
大阪公演
日時:2018年1月30日(火)1stステージ開場17:30 開演18:30 / 2ndステージ開場20:30 開演21:30
会場:ビルボードライブ大阪
価格:サービスエリア ¥7,900 / カジュアルエリア ¥6,900

東京公演
日時:2018年2月1日(木)1stステージ開場17:30 開演19:00 / 2ndステージ開場20:45 開演21:30
会場:ビルボードライブ東京
価格:サービスエリア ¥8,000 / カジュアルエリア ¥6,500

来日予定メンバー:
Andy Platts(Vocals, Guitar)
Terry ‘Spiller’ Lewis(Guitar, BGV)
Dava ‘eighties’ Oliver(Keyboards, BGV)
Cameron Dawson(Bass)
Christopher Boot(Drums)