bmr

bmr>NEWS>「ラッパーズ・ディライト」のシュガーヒル・ギャングが年末に来日公演を開催

NEWS

「ラッパーズ・ディライト」のシュガーヒル・ギャングが年末に来日公演を開催

Sugarhill Gang

ラップ・ソングにおける初のヒットとして音楽史に名を刻む“Rapper’s Delight”で知られる伝説的グループ、シュガーヒル・ギャング(Sugarhill Gang)が、カウントダウン公演を含む来日公演を年末に行うことが発表された。

シュガーヒル・ギャングは、ワンダー・マイク(Michael “Wonder Mike” Wright)、ビッグ・バンク・ハンク(Henry “Big Bank Hank” Jackson)、マスター・ジー(Guy “Master Gee” O’Brien)のトリオとして結成。シルヴィア・ロビンソン(Sylvia Robinson)のプロデュースにより、シック(Chic)のディスコ・ヒット“Good Times”のトラックにラップを乗せた“Rapper’s Delight”を1979年に発表。翌年1月には米Billboardチャートで最高36位まで上昇し、総合チャートでトップ40入りした初のラップ・ソングとなった。“Rapper’s Delight”はカナダ、イギリスなどでも大ヒットするなど世界的な反響を巻き起こし、80年代のヒップホップの隆盛へと導いた。2014年に同曲はグラミーの殿堂入りを果たしている。

2014年11月にはビッグ・バンク・ハンクががんにより58歳の若さでこの世を去ったが、以前からメンバーとなっていたヘン・ドッグ(Henry “Hen Dogg” Williams)とのトリオとして昨年、10年以上ぶりの世界ツアーを敢行。昨年11月には、コナン・オブライエンの人気TV番組などで“Rapper’s Delight”を披露し、話題となったばかり。

この夏には再びヨーロッパ・ツアーを行うなど世界各都市を盛り上げてきた伝説的グループが、いよいよ来日。12月30日(土)にビルボードライブ東京で、31日(日)にビルボードライブ大阪で来日公演が開催される。1日2ステージとなるが、大阪公演のセカンド・ステージはカウントダウン公演となるため、盛り上がること必至。“Rapper’s Delight”や“Apache”といったヒップホップ・クラシックを生んできた彼らのエンターテイメント精神溢れるパーティ・ラップで、2017年を楽しく締め括る夜となりそうだ。

「シュガーヒル・ギャング来日公演」
ビルボードライブ東京
日時:
2017年12月30日(土)1stステージ開場15:30 開演16:30/2ndステージ開場18:30 開演19:30
価格:サービスエリア 10,000円/ カジュアルエリア 8,500円

ビルボードライブ大阪
日時:
2017年12月31日(日)1stステージ開場18:30 開演19:30/2ndステージ開場21:30 開演22:30 ※2ndステージはカウントダウン公演
価格:
1stステージ サービスエリア 10,000円/カジュアルエリア 9,000円
2ndステージ サービスエリア 12,500円/カジュアルエリア 11,500円(全席グラスシャンパン付き)

来日予定メンバー:
Wonder Mike (MC)
Master Gee (MC)
Hen Dogg (MC)
DJ Dynasty (DJ)
Robb The Noize (DJ)