bmr

bmr>NEWS>リトル・シムズが最新作のデラックス版を11月に ハイエイタス・カイヨーテ、BBNGらとのコラボ曲を追加

NEWS

リトル・シムズが最新作のデラックス版を11月に ハイエイタス・カイヨーテ、BBNGらとのコラボ曲を追加

Little Simz - Stillness In Wonderland (Deluxe)

ケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)に「今一番ヤバい」と絶賛されたことでも知られるイギリスの新たな女性ヒップホップ・スター、リトル・シムズ(Little Simz)が、最新作『Stillness In Wonderland』に8曲を追加したデラックス版を11月に発売する。

2010年、16歳頃からミックステープを発表してきた女性ラッパー/シンガーのリトル・シムズは、2014年に3作を発表した無料EPシリーズ『AGE 101』で注目を集め、2015年1月には、世界的な影響力を持つジャイルス・ピーターソン(Gilles Peterson)が主催する〈Worldwide Awards〉でブレイクスルー・アーティスト・オブ・ザ・イヤーを授賞。この2015年には、デビュー・アルバム『A Curious Tale Of Trials + Persons』から“Wings”がiPhone 6sのCMに採用され、さらにケンドリック・ラマーがラジオ番組のインタビューの中で「めちゃくちゃドープな若い女性がいるんだ。リトル・シムズって言う子なんだけど。リトル・シムズ……彼女は今一番ヤバいかも」と賛辞を送ったことでさらに注目されることに。

そして2016年にはインディペンデントでありながら、あのフォーブス誌が、30歳以下の注目ラッパーを紹介する「Hip-Hop Cash Princes」においてリトル・シムズをピックアップ。フェティ・ワップ(Fetty Wap)、G・イージー(G-Eazy)、ジョーイ・バッドアス(Joey Bada$$)、ロジック(Logic)らと共に選出されたが、英国人ラッパーとしては初の快挙となった。

2017年にはローリン・ヒル(Lauryn Hill)のツアーの前座を務めたほか、米Rolling Stone誌が「ポップの神童」と評した新人カリード(Khalid)をブレイクさせたヒット・シングル“Location”の「ロンドン・リミックス」にゲスト参加。また、ゴリラズ(Gorillaz)の久々の新作『Humanz』のスーパー・デラックス・エディション収録曲などに参加し、ゴリラズのツアーに同行。6月に行われたゴリラズ主催フェスティバル〈Demon Dayz Festival〉でもゴリラズと共演するなど、その活躍の幅をどんどん広げており、今年5月に開催された〈TAICOCLUB ’17〉で初来日パフォーマンスも披露したばかり。

アフリカ系アメリカ人を視聴者層として持つ米BET放送によるヒップホップの祭典〈BET Hip-Hop Awards〉では、エミネム(Eminem)のフリースタイルが大きな反響を呼んでいるサイファーに唯一の英国人として参加するなど、アメリカでの人気も確立し始めているこの23歳の注目アーティストが、昨年12月にリリースした最新作『Stillness In Wonderland』に新曲などを追加し、デラックス版『Stillness In Wonderland (Deluxe Edition)』として再リリースする。そもそも『Stillness In Wonderland』は、ジ・インターネット(The Internet)のシド(Syd)や、ケンドリック・ラマーらを抱えるTDEに所属するサー(SiR)、リアーナ(Rihanna)“のBitch Better Have My Money”を手がけたソングライターとしても知られるビビ・ブレリー(Bibi Bourelly)らがゲスト参加し、ジル・スコット(Jill Scott)からジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)までを手がけたDK・ザ・パニッシャー(DK The Punisher)や、ドレイク(Drake)やジェイ・Z(JAY-Z)のプロデュースで知られるワンダガール(WondaGurl)といった才能が集結した話題作だった。

だが、『Stillness In Wonderland (Deluxe Edition)』にはさらに8曲が追加。「Red Bull 20 Before 16」の企画で実現した、気鋭ジャズ・グループ、バッドバッドノットグッド(BADBADNOTGOOD)とのコラボレーション曲で、今年3月に発売された『Stillness In Wonderland』のフィジカルCD盤のボーナストラックでもあった“Our Conversations”や、エラ・メイ(Ella Mai)やヴァンジェス(Vanjess)といった注目の新進R&Bアーティストも参加した最新シングル“Backseat”を始め、ふたたびサービビ・ブレリーと組んだ新曲に加え、オーストラリア発の人気フューチャー・ソウル・バンド=ハイエイタス・カイヨーテ(Hiatus Kaiyote)との初コラボ曲“Morning”も。この“Morning”は、iTunes Storeではスウーピング・ダック(Swooping Duck)というグループとの共演曲として表記されているが、これはハイエイタス・カイヨーテの4名のうち、ボーカルのネイ・パーム(Nai Palm)以外の3人によるグループだ。

さらにリトル・シムズは、この『Stillness In Wonderland (Deluxe Edition)』のアナウンスに合わせて、追加収録される新曲“Good For What”のミュージック・ビデオを公開している。『Stillness In Wonderland (Deluxe Edition)』は11月3日発売予定。

1. LMPD (feat. Chronixx) [prod. by Josh Arcé + Loner Muaka + SHE]
2. Cheshire’s Interlude: Welcome To Wonderland [prod. by SHE]
3. Doorways + Trust Issues [prod. by Astronote + SHE]
4. Her (Interlude) [prod. by Loner Muaka + SHE]
5. One In Rotation (feat. SiR) [prod. by DK The Punisher + SHE] // Wide Awake [prod. by Astronote + SHE]
6. Shotgun (feat. Syd) [prod. by The Rascals]
7. Picture Perfect [prod. by Rascal]
8. Cheshire’s Interlude: Misled [prod. by SHE]
9. King Of Hearts (feat. Chip + Ghetts) [prod. by Prezident Jeff + FrancisGotHeat]
10. Bad To The Bone (feat. Bibi Bourelly) [prod. by WondaGurl + Eestbound]
11. Zone 3 (feat. Tilla, Josh Arcé + Chuck20) [prod. by Astronote + SHE]
12. Poison Ivy (feat. Tilla) [prod. by SHE + Loner Muaka]
13. Cheshire’s Interlude: Stay [prod. by SHE]
14. Low Tides [prod. by Astronote + SHE]
15. No More Wonderland [prod. by Astronote + SHE]

[deluxe edition]
16. Our Conversations (with BADBADNOTGOOD)
17. Backseat [prod. by Astronote]
18. Out Of Sight (yhyh)
19. Morning (with Swooping Duck / Hiatus Kaiyote)
20. Phases (feat. SiR)
21. Days Like This (Interlude) [feat. Josh Arcé]
22. Customz (feat. Bibi Bourelly)
23. Good For What [prod. by Astronote + SHE]

>> リトル・シムズがフォニー・ピープルと共に3曲を披露するライブ映像