bmr

bmr>NEWS>SZA、エイサップ・ロッキー、ケンドリックら参加 マルーン5新作は11月発売に

NEWS

SZA、エイサップ・ロッキー、ケンドリックら参加 マルーン5新作は11月発売に

Maroon 5 - Red Pill Blues

アルバムの総売上げ枚数は全世界で累計2500万枚以上を誇る人気バンド、マルーン5(Maroon 5)が、3年以上ぶりとなる新作『Red Pill Blues』を11月に発売することを正式に発表した。

昨年10月にケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)をフィーチャーしたトロピカル・ハウス風の“Don’t Wanna Know”を発表、全米シングル・チャートで最高6位になったのを皮切りに、今年2月にはフューチャー(Future)をゲストに迎えた“Cold”を、そして8月にはSZAと共に歌う“What Lovers Do”と発表し、ニュー・アルバムへの期待を高めていたマルーン5。彼らがいよいよ、『V』に続く3年以上ぶりの新作『Red Pill Blues』を正式にアナウンスした。

10月6日にiTunesなどでの予約がスタートした『Red Pill Blues』は、通常盤が全10曲、同時発売のデラックス盤が全15曲という構成。ケンドリック・ラマーとの“Don’t Wanna Know”、フューチャーとの“Cold”はいずれもデラックス盤のみ収録の曲となるが、通常盤にはさらにエイサップ・ロッキー(A$AP Rocky)が参加。また、アルバムからは新鋭R&BシンガーのSZAとの“What Lovers Do”に続いて“Help Me Out”が次のシングルとして公開されたが、こちらは、ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)の大ヒット“Sorry”のソングライターとして知られ、今年、自身のデビュー・シングル“Issues”が全米シングル・チャート最高11位まで上昇したジュリア・マイケルズ(Julia Michaels)とのデュエットになっている。通常盤にはさらに、ジェイソン・デルーロ(Jason Derulo)の“Swalla”などのソングライターとして知られるランチマニー・ルイス(LunchMoney Lewis)がゲストとして迎えられている。

映画『マトリックス』の中に登場するシーンでも有名な「赤いカプセル(錠剤)か青いカプセル(錠剤)、どちらを選ぶか」の選択にかけたタイトルである『Red Pill Blues』は、2012年から正規メンバーとなったPJ・モートン(PJ Morton)が以前に語ったところによると、新作には「クールなR&Bの曲も作ったよ。マルーン5にこれまであったR&B系の曲以上にR&Bな曲」もあるとのことで、ゲスト・アーティストにも表れているように、人気ラッパーを始めとしたアーバン・サウンドと、ここ最近のマルーン5が得意とするポップが絶妙なバランスで取り入れられているようだ。アルバムは、マルーン5の2015年の大ヒット“Sugar”などにも関わり、最近はチャーリー・プース(Charlie Puth)“Attention”などにも関わったJ・キャッシュ(J. Kash)ことジェイコブ・キャッシャー(Jacob Kasher)が、アダム・レヴィーン(Adam Levine)と共にエグゼクティヴ・プロデュースを務めているとのこと。

マルーン5の新作『Red Pill Blues』は11月3日発売

1. Best 4 You
2. What Lovers Do (feat. SZA)
3. Wait
4. Lips On You
5. Bet My Heart
6. Help Me Out (with Julia Michaels)
7. Who I Am (feat. LunchMoney Lewis)
8. Whiskey (feat. A$AP Rocky)
9. Girls Like You
10. Closure

[deluxe edition]
11. Denim Jacket
12. Visions
13. Plastic Rose
14. Don’t Wanna Know (feat. Kendrick Lamar)
15. Cold (feat. Future)