bmr

bmr>NEWS>ケンドリック・ラマー、テラス・マーティン、アンダーソン・パークら参加 ラプソディが新作を発売

NEWS

ケンドリック・ラマー、テラス・マーティン、アンダーソン・パークら参加 ラプソディが新作を発売

Rapsody - Laila’s Wisdom

昨年のグラミー賞に輝いたケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)の話題作『To Pimp A Butterfly』への参加で知名度を上げた実力派女性ラッパーのラプソディ(Rapsody)が、オリジナル・スタジオ・アルバムとしては5年以上ぶりとなる新作『Laila’s Wisdom』を22日に発売した。

ラプソディは、ジェイ・Z(JAY-Z)からデスティニーズ・チャイルド(Destiny’s Child)まで数々のトップ・スターを手がけた人気プロデューサーのナインス・ワンダー(9th Wonder)率いるIt’s A Wonderful World Music Groupに所属する女性ラッパー。DJプレミア(DJ Premier)やマック・ミラー(Mac Miller)らが参加した2010年のミックステープ『Return Of The B-Girl』でその巧みなスキル、言葉遊びが脚光を浴び、2012年にナインス・ワンダーのレーベル Jamla Recordsからデビュー・アルバム『The Idea of Beautiful』をリリースしている。

以前から評価の高い女性MCだったが、ケンドリック・ラマーが2015年に発表し、数々のメディアで2015年のベスト・アルバムに選出されたほか、2016年のグラミー賞ではアルバム・オブ・ザ・イヤー候補となり、また最優秀ラップ・アルバムに輝いた傑作『To Pimp A Butterfly』へのゲスト参加で、さらにその名が知られることに。またこの2016年には、2016年屈指の傑作となったアンダーソン・パーク(Anderson .Paak)の『Malibu』にナインス・ワンダーと共に参加したほか、ラファエル・サディーク(Raphael Saadiq)やアンダーソン・パークも参加したEP『Crown』をサプライズ・リリースしてさらに話題を振りまいた。

昨年7月には、ラプソディが所属するJamlaと、ジェイ・Z率いるRoc Nationが提携を発表し、さらなる活躍が期待されていたが、今年7月からは「#JamRocFridays」と銘打ってTIDALで新曲を連続リリース。ニュー・アルバムへの期待が高まる中、2014年に発表したEP『Beauty and the Beast』以来3年ぶり、オリジナル・スタジオ・アルバムとしてはデビュー作『The Idea of Beautiful』に続く2作目となる『Laila’s Wisdom』をついに発表した。

祖母レイラに捧げたこの新作は、ナインス・ワンダーを始め、ナッツ(Nottz)、クライシス(Khrysis)、エリック・G(Eric G.)、カッシュ(Kash)といったナインス率いるプロデューサー集団ソウル・カウンシル(The Soul Council)の面々が中心となってプロデュース。またアレンジャーとしてケンドリック・ラマー『To Pimp A Butterfly』を手がけたことで知られるテラス・マーティン(Terrace Martin)が大半の楽曲に関わり、テラス・マーティンやジェイムス・ポイザー(James Poyser)、マーロン・ウィリアムス(Marlon Williams)らによる生演奏をヒップホップ・サウンドに融合。テラス・マーティンは、ラプソディやナインス・ワンダーらと共にエグゼクティヴ・プロデューサーも務めている

さらにゲスト・アーティストには、ケンドリック・ラマーアンダーソン・パークや、『Crown』にも参加した西海岸の気鋭ジャズ~ネオ・ソウル・トリオのムーンチャイルド(Moonchild)、デビュー作でも共演したBJ・ザ・シカゴ・キッド(BJ The Chicago Kid)を始め、ミュージック・ソウルチャイルド(Musiq Soulchild)、バスタ・ライムス(Busta Rhymes)、ザ・ルーツ(The Roots)のブラック・ソート(Black Thought)から、ケンドリックらを擁するTDE所属の新進R&Bシンガー、ランス・スカイウォーカー(Lance Skiiiwalker)、シド(Syd)の最新EP『Always Never Home』のプロデュースにも関わったバークリー卒の新進女性R&Bシンガー/プロデューサー、グウェン・バン(Gwen Bunn)といった才能までが参加しており、ラプソディの集大成な力作となっている。

ゲスト参加したバスタ・ライムスは、自身のInstagramで「ヒップホップ時代における女性MCの作品として俺が聞いた中ではベスト」、「この10年間くらいで俺が頭から最後まで全部聞いたアルバムの中でもベスト」などと絶賛。他にも、ヒップホップ系メディアの2DopeBoyzが「ラプソディは、“最高の女性ラッパー”じゃない。最高のアーティストのひとりだ」、「『Laila’s Wisdom』は今年のベスト作品のひとつ」と讃えている。

ナインス・ワンダーによれば、この『Laila’s Wisdom』の9割は、Roc Nationと契約する前からすでに出来上がっており、ケンドリック・ラマーが参加した“Power”も当時からすでにレコーディング済の曲だったとか。また、昨年10月に発表されたEP『Crown』は『Laila’s Wisdom』のレコーディングを一旦休止して生まれたもので、3週間で完成したという。加えて、この“Power”にはビートが違い、またラプソディ、ケンドリックと「誰か」による別バージョンも存在しているとも述べている。

なおラプソディは「#JamRocFridays」の中で、ハイエイタス・カイヨーテ(Hiatus Kaiyote)とのコラボレーションとなる“The Point”などの新曲を発表したが、いずれもこの『Laila’s Wisdom』には未収録となっている。

 

 

 

1. Laila’s Wisdom [prod. by Nottz]
2. Power (feat. Kendrick Lamar & Lance Skiiiwalker) [prod. by 9th Wonder / arr. by Terrace Martin & 9th Wonder]
3. Chrome (Like Ooh) [prod. by Krysis & Kash / arr. by 9th Wonder]
4. Pay Up [prod. by Kash & Krysis]
5. Ridin’ (feat. GQ) [prod. by 9th Wonder & Eric G / arr. by Terrace Martin & 9th Wonder]
6. Sassy [prod. by Eric G / arr. by Terrace Martin & 9th Wonder]
7. Nobody (feat. Anderson .Paak, Black Thought & Moonchild) [prod. by Krysis & 9th Wonder / arr. by Terrace Martin & 9th Wonder]
8. Black & Ugly (feat. BJ the Chicago Kid) [prod. by 9th Wonder / arr. by Terrace Martin, 9th Wonder & Marlon Williams]
9. You Should Know (feat. Busta Rhymes) [prod. by 9th Wonder]
10. A Rollercoaster Jam Called Love (feat. Musiq Soulchild & Gwen Bunn) [prod. by 9th Wonder]
11. U Used 2 Love Me (feat. Terrace Martin) [prod. by 9th Wonder / arr. by 9th Wonder & Terrace Martin]
12. Knock On My Door (feat. BJ the Chicago Kid) [prod. by 9th Wonder / arr. by Terrace Martin & 9th Wonder]
13. OooWee (feat. Anderson .Paak) [prod. by Krysis / arr. by Terrace Martin & 9th Wonder]
14. Jesus Coming (feat. Amber Navran) [prod. by 9th Wonder]