bmr

bmr>NEWS>向井太一がstarRo、SALU、mabanua、BLら参加のファースト・アルバムを11月に

NEWS

向井太一がstarRo、SALU、mabanua、BLら参加のファースト・アルバムを11月に

向井太一 - BLUE

starRoやyahyel、groovenman Spotらとのコラボレーションによる『24』が昨年話題を呼び、ファッション面からも注目を集める25歳シンガー・ソングライター、向井太一が、初のフル・アルバム『BLUE』を11月に発売する。

1992年生まれ、福岡県出身の向井太一は、ジャズやファンクをベースにしたバンドでのボーカルを務めた後、ソロに転向。当初は、敬愛するエイミー・ワインハウス(Amy Winehouse)のようなレトロ・ソウル的な作風だったが、FKAツイッグス(FKA twigs)やストロマエ(Stromae)といったエレクトロニックなサウンドに傾倒していくようになり、昨年3月にインディで発売したデビューEP『POOL』ではエレクトロニカやアンビエントの要素を取り入れ、独自の音楽を模索し始める。

MIYA TERRACE/Toy’s Factoryと契約して昨年11月には、早々に2nd EP『24』を発表。レーベルメイトでもあり、今年2月のグラミー賞候補になったことも話題になった日本人プロデューサーのstarRoを始め、groovenman Spotから、yahyel、CELSIOR COUPEといった新進気鋭の顔ぶれまでを迎えた同作は、より洗練されたオルタナティヴR&Bサウンドで高い評価を集め、昨年末にはSpotifyが2017年の飛躍が予想される日本の新人アーティスト14組の楽曲によるプレイリスト「Early Noise Japan 2017」に取り上げられたのを筆頭に、今年始めにはスペースシャワーTVが年間を通じて期待の新人をバックアップする企画「NEW FORCE」、YouTubeによる新人支援プログラム「YouTube Music Foundry」などに選出されるなど、“ブレイク必至”の注目新人として一気に名前が広がった。

今年7月にはLUCKY TAPESでの活動で知られる高橋海がプロデュースし、ブギーなグルーヴと、トロピカル・ハウスやフューチャー・ベース的なキラキラ感のある爽快なサマーチューン「FLY」を発表。俳優の山田孝之もInstagramで紹介していた同曲は、iTunes R&B/ソウル部門で1位、Spotify Japanバイラルチャートで2位を獲得。8月には同曲に加えて、過去にSoundCloudで発表した楽曲の人気上位曲をリマスタリングしてコンパイルしたEP『PLAY』をApple Music、Spotifyなどの定額制ストリーミング・サービス限定でリリースしたばかりだが、この勢いに乗って、ついに待望のフル・アルバムが登場する。

『BLUE』と題されたファースト・アルバムは、「FLY」を含む11曲に、バンド時代から歌われてきた人気曲「君にキスして」の全12曲を収録予定。『24』にも参加したyahyelからMONJOE (杉本 亘)とMIRU (篠田ミル)、そしてトラックメイカーの荘子itの3者のプロデュースによる「Can’t Wait Anymore」がアルバムからのリード曲として発表されており、尾崎裕哉、Licaxxx、高橋海など交流があるアーティストやモデル、俳優らが多数カメオ出演したミュージック・ビデオも公開。出演者の全衣装をスティーヴン・アランが提供していることも話題になっている。

他にアルバムには、starRogrooveman Spot、そして「Slow Down」などこれまで向井太一楽曲を多数手がけてきたCELSIOR COUPEが『24』に引き続き参加するほか、先日最終回を迎えたTVドラマ『僕たちがやりました』の劇中音楽を手がけたことや、Ovallの復活も話題になっているmabanua、AKLOやSALUからEXILEまでを手がけるBACHLOGICジェネイ・アイコ(Jhené Aiko)の最新作『Trip』にも参加している若手ジュリアン・クアン・ヴィエット・リー(Julian-Quan Viet Le)といった才能たちともコラボレーション。「君にキスして」も新たに、mabanuaと同じorigami PRODUCTIONSに所属する、バークリー卒の気鋭ピアニスト/プロデューサー、Kan Sanoがアレンジを担当した。

また、これまでMONSTER RION、Pa’s Lam System、MOP of HEADなど様々なアーティストと共演してきたが、本作で初めて、自身の作品でゲスト・アーティストを招いており、mabanuaが手がけた「空」でSALUと共演する。強力なプロデュース陣とゲスト・アーティストを迎え、この初のフル・アルバムでさらなる進化を見せてくれそうだ。向井太一の『BLUE』は11月29日発売。

1. 楽園 [co-prod. by Julian-Quan Viet Le]
2. FLY [co-prod. by Kai Takahashi]
3. Can’t Wait Anymore [co-prod. by MONJOE / MIRU / 荘子it]
4. Lost & Found [co-prod. by CELSIOR COUPE]
5. Great Yard [co-prod. by starRo]
6. BLUE [co-prod. by CELSIOR COUPE]
7. 空 (feat. SALU) [co-prod. by mabanua]
8. 眠らない街 [co-prod. by mabanua]
9. Conditional [co-prod. by grooveman Spot]
10. Teenage [co-prod. by BACHLOGIC]
11. ONE [co-prod. by CELSIOR COUPE]
Bonus Track: 君にキスして [co-prod. by Kan Sano]