bmr

bmr>NEWS>ジェネイ・アイコが3年ぶり新作をサプライズ発売 ブランディ、ビッグ・ショーン、ジョン・メイヤーら参加

NEWS

ジェネイ・アイコが3年ぶり新作をサプライズ発売 ブランディ、ビッグ・ショーン、ジョン・メイヤーら参加

Jhené Aiko - Trip

母方に日本人の祖父を持つ西海岸の人気女性R&Bシンガー、ジェネイ・アイコ(Jhené Aiko)が、自身のアルバムとしては3年ぶりとなる新作『Trip』を22日にサプライズ・リリースした。

元々は姉のミラ・J(Mila J)らと同様にクリス・ストークス(Chris Stokes)率いるT.U.G.(The Ultimate Group)に所属し、12歳の若さでEpicと契約するも、2003年に発売を予定していたデビュー・アルバムはお蔵入りとなり、一時はシーンから消えていたジェネイ・アイコだが、2010年頃から本格的に音楽活動を再開。2011年に無料ミックステープ『sailing soul(s)』を発表し久々に表舞台に戻ると、ラップと歌の中間を行く気だるいボーカルと、その歌声を引き立てるアンビエント的なサウンドが高く評価され、一躍脚光を浴び、見事“復活”を遂げた。

2013年にはデビューEP『Sail Out』を発表、グラミー候補となるなど話題を集める一方、ドレイク(Drake)の『Nothing Was The Same』やレーベルメイトとなったコモン(Common)の『Nobody’s Smiling』を始め、人気ラッパーたちから次々とオファーを受けるなど支持されてきたジェネイ・アイコは、2014年9月、26歳でようやくデビュー・アルバム『Souled Out』を発売。全米アルバム・チャート初登場3位、R&B/ヒップホップ・チャート1位を手にした。

2015年にはゲスト参加したオマリオン(Omarion)“Post To Be”が全米シングル・チャート最高13位(R&Bチャート最高2位)というヒットを記録。昨年は、交際が報じられ、共に1988年3月生まれでもある人気ラッパー、ビッグ・ショーン(Big Sean)とトゥエンティ・エイティエイト(TWENTY88)というユニットを結成し、デビューEP『TWENTY88』を急きょ発売したほか、日本の緊縛にインスパイアされた“Maniac”というセクシーな新曲を発表し、緊縛師に縛られた姿を見せたことでもファンを驚かせた。

今年6月には、盟友フィスティカフズ(Fisticuffs)がプロデュースした新曲“While You Were Sleeping”を発表し、映画『50回目のファースト・キス』のようなストーリーのミュージック・ビデオも好評を博した彼女は、以前からニュー・アルバムを制作中であることを認めていたが、米時間で今週水曜に「Trip」と題したショート・フィルムを発表したのに続き、新作『Trip』を22日に発売した。

ソロとしては『Souled Out』から実に3年ぶりとなる『Trip』は、全22曲を収録。恋仲とされるビッグ・ショーンや、そのビッグ・ショーンとのユニット=トゥエンティ・エイティエイトに加えて、映画『Chi-Raq』サウンドトラック収録の“Contradiction”で共演したことのあるマリ・ミュージック(Mali Music)や、「90年代のヒーローのひとり」で「パーフェクトな歌声の持ち主」と讃えるブランディ(Brandy)、そして生まれ育った西海岸のベテラン・ラッパーであるコラプト(Kurupt)といったアーティストたちがゲストに迎えられている。他にも、オマリオンの弟オライアン(O’Ryan)とのあいだにもうけた8歳の娘ナミコ・ラヴや、ドクター・チルこと実父のカラモ・キロンボの名前もある。

また制作陣には、キッド・カディ(Kid Cudi)の右腕としても知られるドット・ダ・ジーニアス(Dot Da Genius)が5曲で参加。昨年3月に、実は極秘裏に結婚していたことが明らかになるも、その5ヵ月後にはジェネイ・アイコが離婚を申し立てていると報じられており、ふたたびふたりの関係に注目が集まりそうだ。また、復帰作『sailing soul(s)』から彼女を支える盟友フィスティカフズや、『TWENTY88』やビッグ・ショーンの近作にも参加しているアメア・ジョンソン(Amaire Johnson)が多くを手がける中、彼女をDef Jam Recordingsとの契約に導いたベテラン、ノーI.D.(No I.D.)を始め、マリ・ミュージックキー・ウェイン(Key Wane)、フランク・デュークス(Frank Dukes)、ベニー・ブランコ(Benny Blanco)、カシミア・キャット(Cashmere Cat)から、ジャズ・ピアニストとしての顔も持つ西海岸の若手ジュリアン・クアン・ヴィエット・リー(Julian-Quan Viet Le)まで多彩な顔ぶれが並ぶ。中でも、ジョン・メイヤー(John Mayer)が“Newer Balance (Freestyle)”を手がけているのは驚きだが、ジェネイ・アイコにとって「ジョン・メイヤーは私のナンバー・ワン」とのことで、念願のコラボレーションが実現したようだ。

なおアルバムには、昨年発表していた“B’s + H’s”、“Maniac”や、今年6月に発表したクリス・ブラウン(Chris Brown)との“Hello Ego”といった楽曲は未収録となっている。

1. LSD [prod. by Dot Da Genius]
2. Jukai [prod. by Fisticuffs]
3. While We’re Young [prod. by Fisticuffs]
4. Moments (feat. Big Sean) [prod. by Amaire Johnson]
5. OLLA (Only Lovers Left Alive) [feat. TWENTY88] [prod. by Amaire Johnson]
6. When We Love [prod. by Noel Cadastre]
7. Sativa (feat. Swae Lee) [prod. by Fisticuffs]
8. New Balance [prod. by Dot Da Genius & Julian-Quan Viet Le]
9. Newer Balance (Freestyle) [prod. by John Mayer & Fisticuffs]
10. You Are Here [prod. by Amaire Johnson / co-prod. by Fisticuffs]
11. Never Call Me (feat. Kurupt) [prod. by Frank Dukes, Benny Blanco, Cashmere Cat & Amaire Johnson]
12. Nobody [prod. by Fisticuffs / co-prod. by Dot Da Genius]
13. Overstimulated [prod. by Mike Zombie, Shakari "TRAKGIRL" Linder & Amaire Johnson]
14. Bad Trip (Interlude) [prod. by Dot Da Genius & Amaire Johnson]
15. Oblivion (Creation) [feat. Dr. Chill] [prod. by Jhené Aiko & Amaire Johnson]
16. Psilocybin (Love In Full Effect) [feat. Dr. Chill] [prod. by Jhené Aiko & Amaire Johnson]
17. Mystic Journey (Freestyle) [prod. by No I.D.]
18. Picture Perfect (Freestyle) [prod. by Julian-Quan Viet Le]
19. Sing To Me (feat. Namiko Love) [prod. by Key Wane]
20. Frequency [prod. by Mali Music]
21. Ascension (feat. Brandy) [prod. by Fisticuffs / co-prod. by Dot Da Genius]
22. Trip (feat. Mali Music) [prod. by Mali Music]