bmr

bmr>NEWS>シドらジ・インターネットのメンバーも参加 ジェット・エイジ・オブ・トゥモローが4年半ぶり新作を発表 [全曲フル試聴可]

NEWS

シドらジ・インターネットのメンバーも参加 ジェット・エイジ・オブ・トゥモローが4年半ぶり新作を発表 [全曲フル試聴可]

The Jet Age Of Tomorrow - God's Poop Or Clouds?

ジ・インターネット(The Internet)のメンバーとしても活躍するマット・マーシャンズ(Matt Martians)と、Stones Throwからの作品リリースでも知られるピラミッド・ヴリトラ(Pyramid Vritra)によるユニット=ジェット・エイジ・オブ・トゥモロー(The Jet Age Of Tomorrow)が、およそ4年半ぶりとなる新作『God’s Poop Or Clouds?』を15日に発売した。

ロサンジェルスを拠点とするヒップホップ集団オッド・フューチャー(Odd Future Wolf Gang Kill Them All)のマット・マーシャンズと、オッド・フューチャー一派とも親しいピラミッド・ヴリトラによるユニット=ジェット・エイジ・オブ・トゥモローは、これまで『Voyager』、『Journey To The 5th Echelon』といったミックステープを発表してきたが、2013年に発表した『The JellyFish Mentality』を最後に、活動が一時休止。マットは主にジ・インターネットの活動が忙しくなり、ピラミッド・ヴリトラもStones Throwから発表した『Indra』を始め、ソロ活動に邁進している。

初来日公演はソールドアウト、フジロックでのパフォーマンスも好評を博するなど人気の拡大したジ・インターネットだが、今年は個々のメンバーによるソロ活動に注力しており、マットも今年1月、ソロ・デビュー・アルバム『The Drum Chord Theory』をリリースしていたが、これに続いて、ピラミッド・ヴリトラとのジェット・エイジ・オブ・トゥモローが再始動。『The JellyFish Mentality』以来、およそ4年半ぶりとなる新作『God’s Poop Or Clouds?』を9月15日にリリースすると8月末に告知していたが、その宣言どおりに彼らの久々の作品が届けられた。

全15曲となるアルバムには、“The Long Way Home”のゲスト・ボーカルとしてジ・インターネットのシド(Syd)の名前があるが、アルバムの演奏陣にはスティーヴ・レイシー(Steve Lacy)やパトリック・ペイジ二世(Patrick Paige II)、クリストファー・アラン・スミス(Christopher Allan Smith)といったジ・インターネットの他のメンバーも駆けつけている。また、“Friday Night / The World’s Ending”のバックコーラスにはアールという名前があり、オッド・フューチャー軍団のアール・スウェットシャツ(Earl Sweatshirt)のことと思われる。

他にも、ジェイムス・フォントルロイ(James Fauntleroy)とのコラボレーションEP『Outer Limits』などで知られる若手女性R&Bシンガーのインディア・ショーン(India Shawn)や、ハミルトン・パーク(Hamilton Park)という男性R&Bグループのメンバーだったことでも知られるマーカスフリー(MarkUsFree)などが参加している。

なおマットは、発売日に「今度は2018年1月に会おう」とツイート。具体的に何を指しているかは不明だが、当初は年内にリリース予定とされたジ・インターネットのニュー・アルバムのことではないかと見られている。

 

1. Summer Is Ending
2. The Long Way Home (feat. Syd)
3. Escape City
4. The Jaunt
5. Friday Night / The World’s Ending
6. Wool Glasses
7. Ain’t A Party
8. Buzzin’
9. Chance (feat. India Shawn & MarkUsFree)
10. 1 A.M
11. LocoMotive
12. Dis Far Witcha’
13. Fly Like Me (Wings) [feat. MarkUsFree & ZackVillere]
14. What Reality?
15. Come On Wit Me Gurl