bmr

bmr>NEWS>ロジック「1-800-273-8255」が全米トップ3へ サム・スミス新曲は初登場トップ5入り

NEWS

ロジック「1-800-273-8255」が全米トップ3へ サム・スミス新曲は初登場トップ5入り

Logic - 1-800-273-8255

27歳の米若手ラッパー/プロデューサー、ロジック(Logic)の先週トップ5入りを果たしたばかりのシングル“1-800-273-8255”が、今週はさらにトップ3へと上昇した。

アレッシア・カーラ(Alessia Cara)とカリード(Khalid)という若手シンガーふたりをゲストに迎えた“1-800-273-8255”は、ロジックにとってメジャー3作目となる最新作『Everybody』(⇒ 全曲フル試聴可)からのシングルで、この数字の並ぶタイトルは、米政府が提供する自殺防止ホットラインの電話番号。「生きていて欲しい」と呼びかけるこの曲は、この夏にじわじわとチャートを上昇していたが、8月末に開催された〈MTV Video Music Awards〉でのライブ・パフォーマンスが、放送後に自殺防止ホットラインへの相談電話が50%増となるなどの反響を起こし、チャートイン20週目となる先々週、前週の29位から9位へとジャンプアップ。

さらに先週は、9位から5位へと上昇したが、その勢いはさらに拡大。今週の全米シングル・チャートでは3位まで上昇した。ちょうど9月10日には世界自殺防止デーがあり、2時間のラジオ特番「I’m Listening」に数々のスターと共にロジックも起用されたこともあって、この曲の持つポジティブなメッセージがさらに注目を浴びた形だ。これにより、ロジックとカリードはさらに自身最高位を更新したほか、アレッシア・カーラにとっても、2015年のデビュー・シングル“Here”の最高位5位を上回る自己最高位のヒットとなった。前週に引き続き、ストリーミング・サービスでの再生回数とラジオ・エアプレイ数の上昇が“1-800-273-8255”の勢いを牽引しており、ストリーミング・ソング・チャートでも前週5位から今週3位へと上昇している。

今週の全米シングル・チャートの1位と2位は、先週に引き続いてテイラー・スウィフト(Taylor Swift)の“Look What You Made Me Do”、カーディ・B(Cardi B)の“Bodak Yellow”がキープ。全米1位獲得数で過去最高(タイ)となる通算16週と猛威を振るったルイス・フォンシ(Luis Fonsi)&ダディ・ヤンキー(Daddy Yankee)“Despacito”は、先週の3位から今週4位と勢いはしぼんでいる。

その中、今週5位に初登場となったのは、2015年のグラミー賞で主要4部門中3部門を制したイギリスの若きスター、サム・スミス(Sam Smith)の新曲“Too Good At Goodbyes”だ。映画『007 スペクター』の主題歌“Writing’s On The Wall”以来の新曲となる“Too Good At Goodbyes”は、主役のボーカルを引き立たせる抑え目のアレンジ、感情を震わせるゴスペル調のコーラスなど、サム・スミスの世界的ヒットであり、グラミー賞にも輝いた“Stay With Me”を彷彿とさせるエモーショナルなバラードだが、実際に“Stay With Me”を手がけたスティーヴ・フィッツモーリス(Steve Fitzmaurice)とジミー・ネイプス(Jimmy Napes)のコンビがプロデュ―ス。さらにスターゲイト(StarGate)も関与という、盤石の布陣で制作されている。

このサム・スミスの新曲“Too Good At Goodbyes”は、本国イギリスでは早々に初登場1位を獲得していたが、アメリカでも見事、初登場でトップ5入りというビッグ・デビューとなった。サム・スミスはこれで、ディスクロージャー(Disclosure)との“Latch”(最高7位)、“Stay With Me”(最高2位)、“I’m Not The Only One”(最高5位)、“Lay Me Down”(最高8位)に続いて、5曲目の全米トップ10ヒットを手にした。また、全米シングル・チャートでの初登場順位がこれで大幅に更新されたほか、“Stay With Me”に続く自身2番目のチャート順位となる。この“Too Good At Goodbyes”はやはり待望の新曲ということもあって、デジタル・ダウンロード・セールスでは今週1位に。また、ストリーミング・ソング・チャートでも初登場10位となっている。

なお、サム・スミスはニュー・アルバムを準備中で、一部では11月発売とも報じられるこの新作には、ティンバランド(Timbaland)と制作した楽曲が1曲収録予定のほか、1曲でデュエットを披露しているということが明らかになっている。

Hot 100 全米シングル・チャート・トップ10
1.(→1) Taylor Swift – Look What You Made Me Do
2.(→2) Cardi B - Bodak Yellow
3.(↑5) Logic ft. Alessia Cara & Khalid - 1-800-273-8255
4.(↓3) Luis Fonsi & Daddy Yankee ft. Justin Bieber – Despacito
5.(-) Sam Smith – Too Good At Goodbyes
6.(→6) DJ Khaled ft. Rihanna & Bryson Tiller – Wild Thoughts
7.(↑9) French Montana ft. Swae Lee – Unforgettable
8.(↓7) Charlie Puth – Attention
9.(↓8) Imagine Dragons - Believer
10.(→10) Shawn Mendes – There’s Nothing Holdin’ Me Back