bmr

bmr>NEWS>サンファ、エド・シーランらを破って英マーキュリー賞に輝く

NEWS

サンファ、エド・シーランらを破って英マーキュリー賞に輝く

Sampha - Process

ドレイク(Drake)、カニエ・ウェスト(Kanye West)、フランク・オーシャン(Frank Ocean)、ソランジュ(Solange)らの話題作に次々と参加したことで知られる英シンガー/プロデューサー、サンファ(Sampha)が今年発表したデビュー・アルバム『Process』が、「もっとも優れたアルバム」に贈られる音楽賞〈Mercury Prize〉に輝いた。

1992年から始まった〈Mercury Prize〉は、イギリス・アイルランドでその年もっとも優れたアルバムに贈られる賞。今年の候補には、エド・シーラン(Ed Sheeran)の大ヒット作『÷』(divide)を始め、「純粋なグライム・アルバムによる初の全英チャート1位」を手にしたストームジー(Stormzy)のデビュー・アルバム『Gang Signs & Prayer』、21歳の新進グライム・ラッパー、J・ハス(J Hus)のデビュー・アルバム『Common Sense』、同じく21歳の新進ラッパー、ロイル・カーナー(Loyle Carner)のデビュー・アルバム『Yesterday’s Gone』から、UKジャズ・シーンから登場したダイナソー(Dinosaur)、女性スポークンワード・アーティストのケイト・テンペスト(Kate Tempest)や、ジ・エックスエックス(The xx)、グラス・アニマルズ(Glass Animals)らの作品が挙がっていた。

昨年は、ハードコア色が強いこともあってメインストリームで活躍する才能が少ない「グライム」のラッパーであるスケプタ(Skepta)の『Konnichiwa』が受賞するなど、必ずしも大ヒット作や人気作に贈られるわけではないこともあって事前予想も割れていたが、2017年は、サンファの『Process』がこの栄誉に輝いた。授賞者には、2万5000英ポンド(およそ370万円)の賞金も贈呈される。

プレゼンターとなったイドリス・エルバが、サンファ『Process』の受賞を発表すると、サンファは感極まった様子を見せ、授賞スピーチでもまず「夢みたいだ」と口にした。また、手渡されたトロフィを見つめながら、「この賞は、両親に捧げたい」とコメントした。授賞式でサンファは、『Process』から“(No One Knows Me) Like The Piano”のパフォーマンスを披露したが、この曲は亡き母親への想いを歌った曲だった。

今回は、リアン・ラ・ハヴァス(Lianne La Havas)、エラ・エア(Ella Eyre)、ジェイミー・カラム(Jamie Cullum)、マムフォード&サンズのマーカス・マムフォード(Marcus Mumford)といったミュージシャンから、批評家、DJや、BBC 6Musicのトップらが審査員を務めたという。プレゼンターのひとりだったラジオDJのローレン・ラヴァーンは、「史上もっとも長い審議だった」と明かしたとか。

現在28歳のサンファは、SBTRKT作品のボーカルとして注目を集め、2013年にはドレイクの大ヒット作『Nothing Was The Same』収録の“Too Much”にゲスト・ボーカル&共同プロデューサーとして参加したほか。同年末にはドレイクが関与したビヨンセ(Beyonce)の“Mine”でもコーラスを聞かせた。そして2016年には、カニエ・ウェスト最新作『The Life Of Pablo』の6月のアップデート版で追加された“Saint Pablo”や、フランク・オーシャン『Endless』における“Alabama”でその歌声を響かせ、ソランジュが9月に発表した最新作『A Seat At The Table』ではリード・シングル“Don’t Touch My Hair”でゲスト・ボーカル&共同プロデューサーを担当、人気TV番組『Saturday Night Live』でもデュエット相手を務めた。さらに、ドレイクが今年発表した『More Life』にも再び呼ばれるなど、スター・アーティストたちからこぞってその歌声を求められている。

Hyundai Mercury Prize Nominees:
Sampha – ‘Process’ (winner)
alt-j – ‘Relaxer’
Blossoms – ‘Blossoms’
Dinosaur – ‘Together, As One’
Ed Sheeran – ‘÷’
Glass Animals – ‘How To Be A Human Being’
J Hus – ‘Common Sense’
Kate Tempest – ‘Let Them Eat Chaos’
Loyle Carner – ‘Yesterday’s Gone’
Stormzy – ‘Gang Signs & Prayer’
The Big Moon – ‘Love In The 4th Dimension’
The xx – ‘I See You’