bmr

bmr>NEWS>CreativeDrugStoreのビートメイカー、dooooが初のソロ・アルバムを11月に

NEWS

CreativeDrugStoreのビートメイカー、dooooが初のソロ・アルバムを11月に

doooo - PANIC

THE OTOGIBANASHI’S(ジ・オトギバナシズ)のメンバーなどラッパーたちからビートメイカー、DJ、VJ、ムービーエディターらによるクリエイティブ集団「CreativeDrugStore」のメンバーとして知られるdoooo(ドゥ―)が、ソロ・デビュー・アルバム『PANIC』を11月に発売することが発表された。

CreativeDrugStoreに所属する岩手県出身のDJ/ビートメイカー、dooooは、OTOGIBANASHI’Sのデビュー・アルバム『TOY BOX』、セカンド・アルバム『BUSINESS CLASS』のプロデューサーとして注目を集めた存在で、昨年9月、OTOGIBANASHI’SのBimやSIMI LABのOMSBに加えてDEEQUITEのトークボックスをフィーチャー、さらにN.W.A.のDJイェラ(DJ Yella)、そしてN.W.A.の故イージー(Easy-E)の息子であるベイビー・イージー・E(Baby Easy-E)がシャウトアウトするGファンク「Street View」、そして同じ岩手出身で同じ高校の同級生であるBabi参加のエレクトロニカ的な「Purple Flower」という対照的な2曲を収録した12インチ・シングルを発表し、本格的にソロ・アーティストとして活動を始めた。

今年6月には、OTOGIBANASHI’Sのin-dのソロ・デビュー・アルバム『d/o/s』への参加も話題になったばかりのdooooだが、自身初のソロ・アルバム『PANIC』も完成。11月2日に発売されることが決定した。「今まで『見て』『聴いて』『触れて』感じたものをこの作品に凝縮」したというこの『PANIC』は、「たくさんのアーティストの皆さんと様々な種類の曲」を作ったとのことで、OTOGIBANASHI’SのBimin-dに、JUBEEといったCreativeDrugStoreの仲間たちから、OMSB、GAGLEのHUNGER仙人掌、YENTOWN/MONYPETZJNKMNのMonyHorseなどが参加。ヒップホップを軸にしつつも、テクノやディスコ、民族音楽まで枠に囚われず、聴く者を「パニック」に陥らせるような音楽を目指して作られたようで、これまでも様々なトラックを制作してきたdooooの新たな一面を覗くこともできそうだ。