bmr

bmr>NEWS>カーディ・B「ボーダック・イエロー」が全米チャートで3位まで上昇、ラップ・チャートでは首位に

NEWS

カーディ・B「ボーダック・イエロー」が全米チャートで3位まで上昇、ラップ・チャートでは首位に

Cardi B - Bodak Yellow

米ヒップホップ/カルチャー・メディアのMass Appealから「ニューヨークの新たな女王」とも称されたニューヨークの24歳新進女性ラッパー、カーディ・B(Cardi B)のメジャー・デビュー・シングル“Bodak Yellow”が、ついに今週トップ3入りを果たした。

カーディ・Bは、Instagramなどを通じて過激な露出写真・動画や炎上発言などを投稿、数十万人にフォローされるなど一躍ネットセレブの仲間入りを果たし、人気リアリティ番組『Love & Hip Hop: New York』の2015年12月から放送が始まったシーズン6にレギュラー出演、他の女性出演者とのバトルなどの話題を振りまいてさらに知名度を拡大させるなど米エンターテイメント界の有名人。2015年末から本格的にラッパーとしてのキャリアをスタートさせ、多くのメジャー・レーベルが争奪戦に乗り出す中、今年に入ってAtlantic Recordsと契約。一部ではその契約金は数百万ドルに及ぶと報じられている。

鳴り物入りで発表されたメジャー・デビュー・シングルとなる“Bodak Yellow”は、カーディ・B自身の人気や話題性もあって、チャートインからわずか4週でトップ30入りを果たし、2010年以降、ゲストなしの単独曲でトップ30入りした女性ラッパーとしてニッキー・ミナージュ(Nicki Minaj)、ヤング・エムエー(Young M.A)に続いて3人目に。5週目には14位へとさらにジャンプアップし、ニッキー・ミナージュの“Anaconda”(最高2位)以来、女性ラッパーがおよそ3年ぶりにゲストなしの単独曲でトップ15入りという快挙を成し遂げた。

その破竹の勢いは止まらず、6週目となる先週には8位にさらに順位を上げ、女性ラッパーのデビュー・シングルとして、イギー・アゼリア(Iggy Azalea)“Fancy”(最高位1位)以来、およそ3年以上ぶりのトップ10入りを実現。そして今週、ついに前週8位から3位へと駆け上がり、チャートイン7週目にしてトップ3入りを果たした。ストリーミング・サービスでの再生回数、デジタル・ダウンロード販売数、ラジオ・エアプレイ数のいずれも前週から上昇しており、中でもストリーミング・チャートでは先週から2週連続で2位と、ストリーミングでの人気が牽引。米ラップ・チャートでは前週2位からついに今週1位となった

米ラップ・チャートの首位をカーディ・B“Bodak Yellow”に譲る形になったのは、フレンチ・モンタナ(French Montana)とスウェイ・リー(Swae Lee)の“Unforgettable”で、同曲は全米シングル・チャートでは先週まで2週連続で3位をキープしていたが、これも“Bodak Yellow”に奪われる形となった。しかしフレンチ・モンタナは、今月頭に発表し、トップ3入りへを後押しすることになったJ・バルヴィン(J Balvin)参加のラテン・リミックスに続いて、今度はマライア・キャリー(Mariah Carey)がゲスト参加した「マライア・キャリー・リミックス」の“Unforgettable”を発表。カーディ・Bも先週、“Bodak Yellow”のスペイン語によるラテン・リミックスを発売しており、接戦が繰り広げられそうだ。

なお今週の全米シングル・チャート1位は、変わらずジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)参加リミックスも人気を博すルイス・フォンシ(Luis Fonsi)&ダディ・ヤンキー(Daddy Yankee)“Despacito”。これで“Despacito”は15週目の1位を獲得しており、マーク・ロンソン(Mark Ronson)+ブルーノ・マーズ(Bruno Mars)“Uptown Funk”(2015年)や、マライア・キャリー“We Belong Together”(2005年)、ボーイズIIメン(Boyz II Men)“I’ll Make Love To You”(1994年)、ホイットニー・ヒューストン(Whitney Houston)“I Will Always Love You”(1992年)などが誇る14週1位を破り、全米チャート史上においてナンバーワン獲得週数で単独2位に躍り出た。

史上1位となるマライア・キャリー&ボーイズIIメン“One Sweet Day”(1995年)の16週1位に並ぶまであと1週だが、先週はジャスティン・ビーバーの新曲“Friends”が発表され、来週の全米シングル・チャートに初登場となる見込みである上、テイラー・スウィフト(Taylor Swift)が今週、これまでのイメージを一新した新曲“Look What You Made Me Do”を発表して大きな話題を呼んでおり、波乱のチャート展開を見せそうだ。

Hot 100 全米シングル・チャート・トップ10
1.(→1) Luis Fonsi & Daddy Yankee ft. Justin Bieber – Despacito
2.(→2) DJ Khaled ft. Rihanna & Bryson Tiller – Wild Thoughts
3.(↑8) Cardi B - Bodak Yellow
4.(↓3) French Montana ft. Swae Lee – Unforgettable
5.(↓4) Imagine Dragons - Believer
6.(↓5) Charlie Puth – Attention
7.(↓6) Shawn Mendes – There’s Nothing Holdin’ Me Back
8.(↓7) Bruno Mars – That’s What I Like
9.(→9) Ed Sheeran – Shape Of You
10.(↑11) Sam Hunt – Body Like A Back Road