bmr

bmr>NEWS>タイラー・ザ・クリエイターが2年ぶり新作を発表 ファレル、フランク・オーシャン、エイサップ・ロッキーら参加

NEWS

タイラー・ザ・クリエイターが2年ぶり新作を発表 ファレル、フランク・オーシャン、エイサップ・ロッキーら参加

Tyler The Creator - Flower Boy

音楽に留まらず、自身のファッション・ブランドやTV番組も手がけ、昨年末にはあのVogue誌にモデルとして登場するなど幅広い活躍を見せる26歳の人気ヒップホップ・アーティスト、タイラー・ザ・クリエイター(Tyler, the Creator)が、2年以上ぶりとなる新作『Flower Boy』を発表した。

グラミー受賞シンガーのフランク・オーシャン(Frank Ocean)や、最新作がグラミー候補になったジ・インターネット(The Internet)といった人気アクトを輩出したLAのヒップホップ集団、オッド・フューチャー(Odd Future Wolf Gang Kill Them All)のリーダー格としてまず注目を集めたタイラー・ザ・クリエイター。2011年、まだ20歳の時に商業デビュー・アルバム『Goblin』を発表した際は、ミュージック・ビデオでゴキブリを食べる姿を見せるなど、オッド・フューチャー軍団の中でもやんちゃぶりが際立っていたが、全米チャート初登場3位となった2作目『Wolf』を経て、2015年に発表した『Cherry Bomb』では、カニエ・ウェスト(Kanye West)やファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)、チャーリー・ウィルソン(Charlie Wilson)にロイ・エアーズ(Roy Ayers)と豪華ゲストを招き、音楽的にも成熟した姿を見せ、Okayplayerによる2015年の年間ベスト・アルバム選で4位になるなど、これまで以上に高く評価された。

ここ最近は、昨年初めてのファッション・ショウも開催した自身のアパレル・ブランドである「GOLF Wang」や、毎年豪華なアーティストを招き評判の主催音楽フェスティバル〈Camp Flog Gnaw〉、スマートフォン・アプリを使った定額制ストリーミング・メディア「Gold Media」と様々なビジネスを展開して成功させ、今年に入ってからは前作『Cherry Bomb』のメイキングに迫るドキュメンタリーを発表するなど多忙なタイラー・ザ・クリエイターだが、『Cherry Bomb』からおよそ2年3ヵ月ぶりとなる新作『Flower Boy』を完成させた。

6月末に、エイサップ・ロッキー(A$AP Rocky)との“Who Dat”、そしてフランク・オーシャンに、ジ・インターネットのスティーヴ・レイシー(Steve Lacy)をゲストに迎えた“911”と“Mr. Lonely”と新曲を発表したタイラーは、7月上旬になってニュー・アルバム『Flower Boy』をアナウンス。7月21日に発売すると発表し、予告どおりにリリースされた。

これまで同様にアルバムはタイラー・ザ・クリエイターが全面的にプロデュースを手がけており、前作『Cherry Bomb』のように大半の曲でゲスト・アーティストをフィーチャー。エイサップ・ロッキーやフランク・オーシャン、スティーヴ・レイシーの他に、リル・ウェイン(Lil Wayne)、エステル(Estelle)、前作に続いてカリ・ウチース(Kali Uchis)らが参加しているほか、ウィル・スミス(Will Smith)の19歳になる息子として知られる俳優/ラッパーで、今月になってRoc Nation入りが発表されたジェイデン・スミス(Jaden Smith)、タイラーらが注目するアーティストとして脚光を浴びたロンドンの18歳レックス・オレンジ・カウンティ(Rex Orange County)、ノルウェーのドリーム・ポップ系シンガー、アナ・オブ・ザ・ノース(Anna of the North)といった新鋭の名前も並ぶ。また、“Boredom”ではコリーヌ・ベイリー・レイ(Corinne Bailey Rae)が、“Mr. Lonely”ではスクールボーイ・Q(ScHoolboy Q)らが、最後を飾る“Enjoy Right Now, Today”ではファレル・ウィリアムスが声を交える場面も。

多数のアーティストを招きつつ、彼らの声をパーツとして配し、タイラー・ザ・クリエイターの音楽として昇華し、すでに好評を博しているが、また一方では、孤独や焦燥など内省的な歌詞も話題に。中でも、“I Ain’t Got Time!”では「2004年から白人の男の子たちとキスしていた」と述べ、“Garden Shed”においては、「嘘を吐かなくていい」、「庭の物置小屋/それが僕が隠れていた場所/僕が落ちた本当の恋/自分を偽る理由なんてない」などと語っており、「クローゼットから出る」という言葉から生まれたカミングアウトにかけたような表現に、タイラーはこのアルバムでカミングアウトしようとしているのでは?とも注目を集めている。

1. Foreword (feat. Rex Orange County)
2. Where This Flower Blooms (feat. Frank Ocean)
3. Sometimes…
4. See You Again (feat. Kali Uchis)
5. Who Dat Boy (feat. A$AP Rocky)
6. Pothole (feat. Jaden Smith)
7. Garden Shed (feat. Estelle)
8. Boredom (feat. Rex Orange County & Anna of the North)
9. I Ain’t Got Time!
10. 911 / Mr. Lonely (feat. Frank Ocean & Steve Lacy)
11. Droppin’ Seeds (feat. Lil Wayne)
12. November
13. Glitter
14. Enjoy Right Now, Today