bmr

bmr>NEWS>チャンス・ザ・ラッパーとのコラボで知られる注目女性アーティスト、ノーネームの初来日公演が10月に決定

NEWS

チャンス・ザ・ラッパーとのコラボで知られる注目女性アーティスト、ノーネームの初来日公演が10月に決定

Noname

今年のグラミー賞に輝いた『Coloring Book』を始めとしたチャンス・ザ・ラッパー(Chance the Rapper)作品への参加で知られるシカゴの詩人/ラッパー、ノーネーム(Noname)の初来日公演が10月に決定した。

本名をファティマ・ワーナー(Fatimah Warner)というノーネームは、シカゴ出身の女性アーティスト。元々はノーネーム・ジプシー(Noname Gypsy)と名乗って活動していた彼女は、チャンス・ザ・ラッパーが幅広い注目を集めるようになったきっかけとなった2013年のミックステープ『Acid Rap』を始め、ミック・ジェンキンス(Mick Jenkins)の『The Water[s]』、ダニー・トランペット&ソーシャル・エクスペリメント(Donny Trumpet & The Social Experiment)『Surf』、サバ(Saba)の『Bucker List Project』といったシカゴ、特にチャンス・ザ・ラッパー周辺アーティストの作品を始め、カーク・ナイト(Kirk Knight)の『Late Knight Special』やジェシー・ボイキンス三世(Jesse Boykins III)の『Bartholomew』といった作品での参加で知られる。昨年末には、チャンス・ザ・ラッパーが人気番組『Saturday Night Live』のシーズン・ファイナルに出演した際も、パフォーマンスに参加していた。

中でも、有料での販売はないという形態ながら今年2月のグラミー賞で最優秀ラップ・アルバムに輝いた『Coloring Book』を始め、チャンス・ザ・ラッパーとのコラボレーションでその名が知られるようになったノーネームは、昨年7月にデビュー・ミックステープ『Telefone』(⇒ 全曲フル試聴可)をリリース。『Coloring Book』も手がけたキャム・オビ(Cam O’bi)らがプロデュースを手がけ、晩年のプリンス(Prince)にも目をかけられたエリン・アレン・ケイン(Eryn Allen Kane)など、シカゴの若き才能たちが多く駆けつけたこの『Telefone』は、詩人である彼女ならではの視点と表現力と共に高く評価され、BillboardやPitchfork、NPRなど様々な音楽メディアから、2016年の年間ベスト・ランキングに選出された傑作だ。

この注目のアーティストが、ついに日本に上陸。この秋、渋谷のライブスペース「WWW」がオープン7周年、上階の2号店「WWW X」がオープン1周年を迎えることを記念した特別シリーズ〈WWW & WWW X Anniversaries〉の第1弾として、10月7日(土)にWWW Xにて初来日公演が行われる。ニューヨーク・タイムズ紙の企画でもパフォーマンスを行うなどライブにも定評がある彼女のバンドセットでの公演だけに、見逃し厳禁の貴重な一夜となりそうだ。

ノーネーム初来日公演
日時:2017年10月7日(土)open18:00 / start19:00
会場:渋谷 WWW X
料金:前売¥5,800(税込/ドリンク代別/オールスタンディング)

チケット:
先行予約:7月1日(土)10:00~7月9日(日)23:59 ※先着(eplus
一般発売:7月15日(土)~

■ WWW & WWW X Anniversaries 第1弾発表 4公演
10月7日(土)Noname
10月9日(月・祝)Mount Kimbie (guest: yahyel)
10月14日(土)Shackleton with…
10月15日(日)cero × DC/PRG