bmr

bmr>NEWS>パフ・ダディとバッド・ボーイ・ファミリー集結コンサートのドキュメンタリーが発売開始

NEWS

パフ・ダディとバッド・ボーイ・ファミリー集結コンサートのドキュメンタリーが発売開始

Can't Stop Won't Stop: A Bad Boy Story

ノトーリアス・B.I.G.(The Notorious B.I.G.)など、主に90年代にヒップホップ~R&Bで数々のスターとヒットを生んだBad Boy Recordsの設立を記念し、人気アーティストが勢揃いしたコンサート〈Bad Boy Family Reunion〉のドキュメンタリー映画『Can’t Stop Won’t Stop: A Bad Boy Story』のデジタル販売が始まった。

米経済誌のフォーブスが先月発表した有名人の長者番付企画「Celebrity 100」において、年間1億3000万ドル(およそ148億円)を稼いだとして見事1位になるなど、ビジネスマンとしての活躍でも知られるパフ・ダディ(Puff Daddy)ことショーン・コムズ(Sean Combs)が1993年に創立したのがBad Boy Recordsだ。1997年に24歳の若さで亡くなった伝説的なラッパー、ノトーリアス・B.I.G.を始め、フェイス・エヴァンス(Faith Evans)、トータル(Total)、112(ワントゥエルヴ)、メイス(Ma$e)、ロックス(The LOX)といった人気アクトを送りだして90年代にヒットを連発し、パフ・ダディ自身もパフ・ダディ&ザ・ファミリーとしてのアルバム『No Way Out』を大ヒットさせ、グラミー賞に輝いたほか、ノトーリアス・B.I.G.を追悼する“I’ll Be Missing You”は中でも音楽史に残る特大ヒットとなった。

90年代ほどの圧倒的な勢いは無いものの、Bad Boyは2000年代以降もヒットを生み出し続けているが、音楽プロデューサーとして以上にビジネスマンとして大成功を収めたパフ・ダディ/ショーン・コムズと、Bad Boyに焦点を当てたドキュメンタリーが『Can’t Stop Won’t Stop: A Bad Boy Story』だ。これは、昨年5月から始まった、Bad Boyメンバーが再集結した一大コンサート〈Bad Boy Family Reunion〉を核として制作されたもので、舞台裏映像や開催までの準備過程を追いながら、一方でパフ・ダディのキャリアとBad Boyの歴史を振り返っていくもの。パフ・ダディ自身の発言だけでなく、パフ・ダディのプロデュースで華々しいデビューを飾ったメアリー・J.ブライジ(Mary J. Blige)や、若きパフ・ダディの才能を見抜いて彼をUptown RecordsのA&Rに抜擢したアンドレ・ハレル(Andre Harrell)を始め、ナズ(Nas)、リル・シーズ(Lil Cease)、フェイス・エヴァンスらのインタビューや、過去の映像なども織り交ぜながら、ノトーリアス・B.I.G.の誕生日に開催された2016年の〈Bad Boy Family Reunion〉へとつながっていく。

一部では「パフ・ダディのプロモーション・ビデオ」とも評されるなど、パフ・ダディ側の視点からのみで構成されており、ドキュメンタリーとしてはいささか物足りない面もあり、また当日のライブ映像があまり観られないのも残念だが、「今までやったことのないショーにしたい」と意気込むパフ・ダディによってフェイス・エヴァンスメイス112トータルロックスカール・トーマス(Carl Thomas)にリル・キム(Lil Kim)、フレンチ・モンタナ(French Montana)らが集結し、スペシャル・ゲストとして登場したジェイ・Z(JAY-Z)やメアリー・J.ブライジ(Mary J. Blige)、アッシャー(Usher)らの姿も楽しめるというだけあって、貴重な映像作品となっている。なおスコアは、ミゲル・アトウッド・ファーガソン(Miguel Atwood-Ferguson)が担当した。

この『Can’t Stop Won’t Stop: A Bad Boy Story』は、今年3月にトライベッカ映画祭でプレミア上映された後、Apple Musicとの独占契約を結んで6月25日にストリーミング配信が始まったが、今週からiTunesでのデジタル・ダウンロード販売も開始された。およそ80分の映像で、日本語字幕も用意されている。