bmr

bmr>NEWS>DJキャレド新作にアリシア・キーズ、カルヴィン・ハリス、ミーゴスらも参加 30組以上が集結

NEWS

DJキャレド新作にアリシア・キーズ、カルヴィン・ハリス、ミーゴスらも参加 30組以上が集結

DJ Khaled - Grateful

ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)にチャンス・ザ・ラッパー(Chance the Rapper)、リル・ウェイン(Lil Wayne)ら人気アーティストが集結した“I’m The One”が全米シングル・チャートで初登場1位という快挙となったDJキャレド(DJ Khaled)が、いよいよ注目の新作『Grateful』を来週発売するが、そのトラックリストが明らかになり、豪華アーティスト30組以上が集結していることが分かった。

マイアミの人気DJ/プロデューサーであり、またレーベル経営者でもあるDJキャレドは、その人脈を生かして、アルバムには毎回豪華アーティストが数十組も参加することで知られるが、特に自身10作目のアルバムとなる今回の『Grateful』に関しては、Instagramなどでスタジオ入りしている様子を度々公開。ジャスティン・ビーバーやマライア・キャリー(Mariah Carey)といったこれまで以上に豪華な顔ぶれが参加していることを示唆し、発売日がアナウンスされる前から期待感を煽ってきた。

昨年10月に第一子アサドが生まれたことが『Grateful』の原点となっており、今年2月にグラミー賞に合わせて発表された、ジェイ・Z(JAY Z)&ビヨンセ(Beyonce)夫妻を起用したリード・シングル“Shining”を始め、すべてのシングル、そしてアルバムのアートワークに愛息の写真を起用。さらには、まだ生まれて数ヶ月の我が子をアルバムのエグゼクティヴ・プロデューサーに据えていることも話題を呼んでおり、その理由についてDJキャレドは、息子に曲を聞かせた時に身体を揺らすとヒットになる、などのジンクスを話して説明している。

“Shining”に続いて4月28日にリリースされた“I’m The One”では、ジャスティン・ビーバーに加え、今年のグラミー賞でもっとも話題をさらった気鋭アーティストのチャンス・ザ・ラッパー、アメリカだけでアルバム総セールスは1500万枚を超えるラップ・スターのリル・ウェイン、そして、全米チャート1位にも輝いた“Bad and Boujee”のヒットで今勢いのある新進ヒップホップ・トリオ=ミーゴス(Migos)のメンバーであるクエヴォ(Quavo)と人気者4名を迎えたこともあって、全米シングル・チャートで初登場で1位を獲得。ラップ中心の曲で初登場1位を獲得したのは、エミネム(Eminem)が2010年5月に“Not Afraid”で初登場1位を手にして以来、およそ7年ぶりとなった。

次週に3位にランクダウンしたものの、そのまま5週目に入っても3位をキープするなどヒット中の“I’m The One”に続いては、ラップ・スターのドレイク(Drake)をゲストに迎えた“To The Max”を先週発表。UKガラージ風のダンサブルなビートのこの曲は、「To The Max Challenge」(#ToTheMaxChallenge )と題して、この曲に合わせて踊るダンス・チャレンジを展開しており、この試みがSNSで盛り上がればさらなるヒットとなりそうだ。

そして6月23日の発売を前に、DJキャレドがついに『Grateful』のトラックリストを公開。直前には、リアーナ(Rihanna)とブライソン・ティラー(Bryson Tiller)、またナズ(Nas)とトラヴィス・スコット(Travis Scott)と共にそれぞれビデオ撮影した様子を自ら明かしていたDJキャレドだが、アルバムにはさらに、“Nobody”にアリシア・キーズ(Alicia Keys)とニッキー・ミナージュ(Nicki Minaj)、“Major Bag Alert”にミーゴス、“Billy Ocean”にレイクウォン(Raekwon)とファット・ジョー(Fat Joe)といった名前が。

また、チャンス・ザ・ラッパーが“I’m The One”の他に単独で“I Love You So Much”でフィーチャーされているほか、フューチャー(Future)は計5曲、リック・ロス(Rick Ross)は計4曲で参加。トラヴィス・スコットも計4曲に名を連ねるが、そのうちジェレマイ(Jeremih)もフィーチャーされる“Don’t Quit”は、米経済誌フォーブスによるDJの長者番付ランキングでは2013年から4年連続で1位に輝くスターDJ/プロデューサーのカルヴィン・ハリス(Calvin Harris)とDJキャレドの共同名義となっている。

アルバムには他にも、パーティネクストドア(PARTYNEXTDOOR)、ビッグ・ショーン(Big Sean)、プッシャー・T(Pusha T)、2チェインズ(2 Chainz)、T.I.ジェイダキス(Jadakiss)、グッチ・メイン(Gucci Mane)、ヤング・サグ(Young Thug)、コーダック・ブラック(Kodak Black)など31組の豪華ゲストが名を連ねている。さらに加えて、インタールードではマイアミ・ソウルの女王ベティ・ライト(Betty Wright)らも声を聞かせる。

なお、トラヴィス・スコットとのレコーディング風景が公開され、参加が噂されていたマライア・キャリーの名前は見当たらない。DJキャレドの新作『Grateful』は6月23日発売予定。

 

1. (Intro) I’m so Grateful [feat. Sizzla]
2. Shining (feat. Beyoncé & JAY Z)
3. To The Max (feat. Drake)
4. Wild Thoughts (feat. Rihanna & Bryson Tiller)
5. I’m The One (feat. Justin Bieber, Quavo, Chance the Rapper & Lil Wayne)
6. On Everything (feat. Travis Scott, Rick Ross & Big Sean)
7. It’s Secured (feat. Nas & Travis Scott)
8. Interlude (Hallelujah) [performed by Betty Wright]
9. Nobody (feat. Alicia Keys & Nicki Minaj)
10. I Love You So Much (feat. Chance the Rapper)
11. Don’t Quit (with Calvin Harris feat. Travis Scott & Jeremih)
12. I Can’t Even Lie (feat. Future & Nicki Minaj)
13. Down For Life (feat. PARTYNEXTDOOR, Future, Travis Scott, Rick Ross & Kodak Black)
14. Major Bag Alert (feat. Migos)
15. Good Man (feat. Pusha T & Jadakiss)
16. Billy Ocean (feat. Fat Joe & Raekwon)
17. Pull A Caper (feat. Kodak Black, Gucci Mane & Rick Ross)
18. That Range Rover Came With Steps (feat. Future & Yo Gotti)
19. Iced Out My Arms (feat. Future, Migos, 21 Savage & T.I.)
20. Whatever (feat. Future, Young Thug, Rick Ross & 2 Chainz)
21. Interlude [performed by Belly]
22. Unchanging Love [performed by Mavado]
23. Asahd Talk (Thank You Asahd)