bmr

bmr>NEWS>キャット・グレアムがプリンスやベイビーフェイスら提供曲を含むファンクな新作を発売 [ほぼ全曲フル試聴可]

NEWS

キャット・グレアムがプリンスやベイビーフェイスら提供曲を含むファンクな新作を発売 [ほぼ全曲フル試聴可]

Kat Graham - Love Music Funk Magic

米ドラマ『ヴァンパイア・ダイアリーズ』のボニー・ベネット役でも知られる女優で歌手のキャット・グレアム(Katerina “Kat” Graham)が、生前に交流のあったプリンス(Prince)にアドバイスを受け、楽曲の提供も受けた新作『Love Music Funk Magic』を2日に発売した。

2009年から始まった『ヴァンパイア・ダイアリーズ』のメイン・キャストとして知名度を上げ、アメリカでは今月上映される予定のトゥパック(Tupac)の伝記映画『All Eyez On Me』ではトゥパックの級友だった女優ジェイダ・ピンケット・スミス(Jada Pinkett Smith)を演じるなど女優として活躍する一方、2007年にはウィル・アイ・アム(will.i.am)の“I Got It From My Mama”で合いの手となる女性コーラスを担当するなど歌手としての顔を持ち、2012年にダンス・ポップなEP『Against The Wall』でデビュー。しかし、「自分の望む方向性ができない」としてメジャー・レーベルから独立し、自らプロデュースできるようビート制作やレコーディングのエンジニアリングを学んだ彼女は、2015年に、インディ・レーベルからデビュー・アルバム『Roxbury Drive』を発表。R&B色を強めた同作からは、TLCの1992年ヒット“What About Your Friends”を大胆にサンプリングした“1991”が話題となった。

このインディ転向には、2012年~2013年頃に知り合ったというプリンスからも色々とアドバイスをもらったというが、『Roxbury Drive』からおよそ2年ぶりとなるニュー・アルバム『Love Music Funk Magic』は、よりプリンスの助言の影響を受けている。キャット・グレアムは、以前に米カルチャー・メディア Complexのインタビューの中で、「ある時、プリンスから『もっと踊ってみたら? もっとファンクな……ドナ・サマーやジョルジオ・モロダーみたいな、本当にクールなファンクをやってみない?』って言われて。それでよし、やってみようって。」と振り返っているが、実際にこの新作『Love Music Funk Magic』は70年代~80年代のディスコやファンクに焦点を絞っている。

新作『Love Music Funk Magic』について、プリンスのスタジオがあるペイズリー・パークとも行き来をしてレコーディングしたとキャットは話しているが、実際にプリンスから“If Eye Could Get UR Attention”という曲を提供されている。これは書き下ろしというわけではなく、プリンスが送りだした女性アーティストのひとりであるタージャ・セヴェル(Taja Sevelle)が“Love Is Contagious”のヒットを放った1987年のデビュー・アルバム『Taja Sevelle』に収録されていた“If I Could Get Your Attention”のカバー。晩年のプリンスも2014年に自身でレコーディングし、翌年に“If Eye Could Get UR Attention”のタイトルでTIDALで配信していたものだ。

またこの新作には、前作に引き続いて名プロデューサー/ソングライターのベイビーフェイス(Babyface)が参加しており、リード・シングルの“All Your Love”や、エモーションズの名曲“Best Of My Love”を思わせる“Sometimes”など、複数の曲で制作に関わっている。また、リーナ(Lina)の数々の作品を始め、ジョルジオ・モロダー(Giorgio Moroder)が2015年に発表した『Déjà Vu』でも複数曲を手がけていたジーヴ(Jeeve)も前作に続いて参加しており、『Love Music Funk Magic』の全面的なプロデュースを担っているとのこと。

なおキャット・グレアムは、この新作『Love Music Funk Magic』発売にあたって、アルバムの楽曲を披露する30分ほどのライブ映像も公開。プリンス提供の“If Eye Could Get Ur Attention”では最後にプリンスの“Sexy MF”も少しだけ聞かせ、“All Your Love”ではブロンディ(Blondie)の70年代末のディスコ・ヒット“Heart Of Glass”とのメドレーを聞かせるなど、アルバムに込められた空気がより伝わるパフォーマンスになっている。


‘Love Music Funk Magic’ live:
1. If Eye Could Get Ur Attention / Sexy MF
2. Time = $ (3:05-)
3. What The Funk (6:56-)
4. Sometimes (10:10-)
5. Magic (13:37-)
6. Just Luv Me (16:21-)
7. Koolaid Man / California Love (20:05-)
8. All Your Love / Heart Of Glass (23:09-)

1. All Your Love

2. Sometimes

3. Fool For Ya

4. Time = $

5. Compromise (Interlude)

6. Magic

7. Just Luv Me

8. Can’t Get Enough

9. If Eye Could Get UR Attention

10. St Regis (Interlude)

11. What The Funk

12. A Lot Of Werq (Interlude)

13. Koolaid Man

14. Call Da Police

15. Lover