bmr

bmr>NEWS>ミーゴズ、YG、ディプロに元2NE1のCLも参加 リル・ヤティが待望のデビュー作を発表 [全曲フル試聴可]

NEWS

ミーゴズ、YG、ディプロに元2NE1のCLも参加 リル・ヤティが待望のデビュー作を発表 [全曲フル試聴可]

Lil Yachty - Teenage Emotions

昨年D.R.A.M.との“Broccoli”が全米チャート最高5位を記録、また今年に入ってカイル(KYLE)との“iSpy”が4位まで上昇するなどヒットが続いている若手ラッパーのリル・ヤティ(Lil Yachty)が、待望のデビュー・アルバム『Teenage Emotions』を26日に発売した。

1997年生まれ、現在19歳のリル・ヤティは、2015年末に発表した“1Night”で注目を集めた若手ラッパー。同曲を使い、一夜限りの関係だと言い放つ歌詞の世界を生かしたコメディ・ビデオ「When Bae Hits You With That “So What Are We?”」がインターネット上でバイラル・ヒットを巻き起こしたことで、使用されている“1Night”への注目が集まり、リル・ヤティに脚光が集まった。さらに2016年2月にはカニエ・ウェスト(Kanye West)がマディソン・スクエア・ガーデンで行った「Yeezy Season 3」のお披露目ショウでモデルを務め、5月にはチャンス・ザ・ラッパー(Chance the Rapper)の傑作『Coloring Book』にゲストで呼ばれるなどオファーが相次ぎ、6月にはメジャー・レーベルのCapitol Records/Motown Recordsとの提携の形でQuality Controlとの契約を獲得。直後には、ヒップホップ専門メディア XXLが毎年、期待の新人をピックアップする恒例企画「XXL Freshman Class」のひとりに選出された。

さらに2016年後半には、ゲスト参加したD.R.A.M.の“Broccoli”が全米シングル・チャートで最高5位のヒットになったのに加え、今年4月には、同じくゲスト参加したカイルの“iSpy”が“Broccoli”を上回る4位を記録する大ヒットに。またマイク・ウィル・メイド・イット(Mike WiLL Made-It)、エイサップ・モブ(A$AP Mob)、T-ペイン(T-Pain)からカーリー・レイ・ジェプセン(Carly Rae Jepsen)、チャーリー・XCX(Charli XCX)と、ヒップホップからポップスまで幅広くゲスト・オファーを受けており、米経済誌フォーブスによるDJの長者番付ランキングで2013年から4年連続で1位に輝くスターDJ/プロデューサーのカルヴィン・ハリス(Calvin Harris)が来月リリースする注目作『Funk Wav Bounces Vol. 1』にも参加と、まさに時の人という状態だ。

この勢いに乗って、リル・ヤティがついに待望のデビュー・アルバム『Teenage Emotions』を発表。今年始めに“Bad and Boujee”が全米チャート1位になった若手ラップ・トリオのミーゴズ(Migos)を始め、テキサスの新進ラッパー、イヴァンダー・グリン(Evander Griiim)、オークランドの若手女性ラッパー、カマイヤ(Kamaiyah)、英国の女性MCステフロン・ドン(Stefflon Don)、オーストラリア出身の20歳女性歌手グレイス(Grace)といった10代後半~20代前半のフレッシュな顔ぶれを中心に、人気ラッパーのYG、アンダーソン・パーク(Anderson .Paak)“Room In Here”への参加で知られる女性ラッパーのソニエ・エリーズ(Sonyae Elise)らがゲストとして参加。また、米小売チェーンのTarget限定盤では、ボーナストラックの“Surrender”に、元2NE1として知られる韓国の女性ラッパー/シンガー、CLも招かれている。

制作陣では、ビヨンセ(Beyonce)やジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)も手がけるヒットメイカーのディプロ(Diplo)から、ブルーノ・マーズ(Bruno Mars)“24K Magic”のプロデュースなどで知られるステレオタイプス(The Stereotypes)、クリス・ブラウン(Chris Brown)らのヒットに携わったフリー・スクール(Free School)や、“1Night”を手がけたザ・グッドペリー(TheGoodPerry)などが参加しており、トラップ・ヒップホップから、“iSpy”などのようにゆるいラップを聞かせるポップ色の強いもの、さらにはオートチューンを使った歌モノまで、多彩な音楽を聞かせる内容に。

また『Teenage Emotions』のアートワークは、リル・ヤティを中心に、男女さまざまな若者が映画館にいるような様子を写したものになっているが、マイケル・ジャクソンも患っていたことでも知られる尋常性白斑の女性やアルビノ(先天性色素欠乏症)の男性、また男性同士のカップルがキスをする姿が写っており、多様性を写す画期的なアートワークだと絶賛する声も多い。一方で、このアートワーク公開時にはリル・ヤティのInstagramにホモフォビック(同性愛嫌悪)なコメントも相次ぐなど批判の声も上がっているが、リル・ヤティはこのアートワークの意図について、「10代の人生のありとあらゆる観点を表現したかった。高校で初めて経験したいろんなことについて考えたんだ。高校に入るまで、男同士がキスする姿をこの目で見たことがなかった。肥満について真剣に考えたこともなかった。尋常性白斑の人も見たことがなかった。エモのファッションの奴らを見たことも。そういった、俺が見てきた人たちをジャケットに使ったんだ」と、Geniusのインタビューで説明している。

1. Like A Star

※プレビューが表示されていませんが、再生できます

2. DN Freestyle

3. Peek A Boo (feat. Migos)

4. Dirty Mouth

5. Harley

6. All Around Me (feat. YG & Kamaiyah)

7. Say My Name

8. All You Had To Say

9. Better (feat. Stefflon Don)

10. Forever Young (feat. Diplo)

11. Lady In Yellow

12. Moments In Time

13. Otha Shit (Interlude)

14. X Men (feat. Evander Griiim)

※プレビューが表示されていませんが、再生できます

15. Bring It Back

16. Running With A Ghost (feat. Grace)

17. FYI (Know Now)

18. Priorities

19. No More

20. Made Of Glass

21. Momma (feat. Sonyae Elise) [Outro]

[Target deluxe edition]
22. My Business
23. Surrender (feat. CL & Shaiana)