bmr

bmr>NEWS>BJ・ザ・シカゴ・キッドら参加、ゴアペレがEPを発売 アリーヤ名曲の引用も [全曲フル試聴可]

NEWS

BJ・ザ・シカゴ・キッドら参加、ゴアペレがEPを発売 アリーヤ名曲の引用も [全曲フル試聴可]

Goapele - Dreamseeker EP

後にドレイク(Drake)にもサンプリングされたデビュー曲“Closer”のスマッシュヒットで知られ、「シャーデーとディアンジェロのスピリチュアルな私生児」とも評される女性R&Bシンガーのゴアペレ(Goapele)が、10曲入りのEP『Dreamseeker』を19日に発売した。

オークランド出身のゴアペレは、2001年に自主リリースしたデビュー作『Closer』の表題曲“Closer”が話題となり、映画『ダンス・レボリューション』(原題『Honey』)のサウンドトラックに楽曲が採用されたほか、後にドレイクやヤング・バック(Young Buck)らが自身のミックステープでサンプリングするなど人気を呼んだ。また、後にカニエ・ウェスト(Kanye West)“Love Lockdown”、ジェイ・Z(Jay-Z)“Run This Town”、ドレイク“Find Your Love”、ブルーノ・マーズ(Bruno Mars)“Locked Out Of Heaven”、fun.“We Are Young”といった大ヒットを次々と手がけるようになるジェフ・バスカー(Jeff Bhasker)が、そのキャリア初期に『Closer』や彼女の2作目『Change It All』のプロデュースに関わっていたことでも知られる。

元々、業界内人気の高いシンガーだが、2012年には、故ホイットニー・ヒューストン(Whitney Houston)の遺作となった映画『スパークル』にカメオ出演、サウンドトラックに楽曲を提供し、2014年にはエリック・ベネイ(Eric Benét)のレーベル Jordan Houseと契約するなど多方面で話題を呼んでいるゴアペレが、前作『Strong As Glass』からおよそ2年半ぶりのリリースとなるEP『Dreamseeker』を完成させた。

表題曲となるオープニングの“Dreamseeker (Intro)”は、代表曲“Closer”を思わせる夢見心地のミッド・チューンだが、それもそのはず、手がけているのは、“Closer”など彼女を初期から支えてきたマイク・タイガー(Mike Tiger)。前作『Strong As Glass』では不在だったが、今回は4曲で参加。このEPについてゴアペレは、「元々のオリジナルの自分ともう一度つながる時が来たと思った。何事も考えすぎたりはしたくない。縛られることなく、そしてソウル、R&B、ファンク、あるいはヒップホップにも回帰しようという作品。今の時代、インディペンデントのアーティストにルールなんてものは無くて、それが励みになるの。だって私はそうやって音楽を始めたんだもの」と、初心にかえる意図があったことをサンフランシスコ・クロニクル紙に語っている。

また近年は、ケラーニ(Kehlani)を始め、ベイエリアからR&Bシンガーの若手が現れてきているが、実際にケラーニの公演にスペシャル・ゲストとして呼ばれたこともあるゴアペレは、ベイエリアのシーンについて「R&Bの新たな波がここから生まれているのを見ることができるのは、いいこと。それも、女性がここから出てきて、大きなプラットフォームを持つようになる姿が見られるのはね。ベイエリアは、スワッグの面で影響力のある土地だけれど、必ずしもそれは褒められたものではないし」と、アート系メディア KQED Artsに対して語っている。

『Dreamseeker』には『Change It All』や3作目『Break Of Dawn』などにも参加していたベッドロック(Bedrock)も参加。ベッドロックが手がけた“Stand”は、オークランドで2009年の新年に起きたオスカー・グラント射殺事件をきっかけに書いたという、警官による行き過ぎた取り締まりや暴行に対するメッセージを歌ったもの。ベッドロックは、A.Eと組んでいるデュオ=クラックウェーヴ(CrakWav)としても“$ecret”をプロデュースしており、こちらはアリーヤ(Aaliyah)の“Are You That Somebody”を引用したセクシーな曲となっている。また、今年のグラミー賞候補ともなったBJ・ザ・シカゴ・キッド(BJ The Chicago Kid)の“Woman’s World”を始め、クリス・ブラウン(Chris Brown)、リーラ・ジェイムス(Leela James)などを手がけてきたコーネリオ・オースティン(Cornelio Austin)が2曲を手がけており、“Stay”ではBJ・ザ・シカゴ・キッドとのデュエットも披露している。

なお、このゴアペレ『Dreamseeker』は7月5日に日本語解説付きの国内仕様盤が発売予定。

1. Dreamseeker (Intro) [prod. by Mike Tiger]
2. $ecret [prod. by CrakWav]
3. As Bright As The Sun (Interlude) [prod. by Mike Tiger]
4. Power [prod. by Cornelio Austin]
5. Take It Over [prod. by Nate Hendrix]
6. Giving Me Life (Interlude) [prod. by Mike Tiger]
7. Stay (feat. BJ the Chicago Kid) [prod. by Cornelio Austin]
8. Full Circle (Interlude) [prod. by Mike Tiger]
9. Stand [prod. by Bedrock]
10. Cool Breeze [prod. by Goapele]