bmr

bmr>NEWS>スヌープが『ドギースタイル』時代も懐古する新作を今週に 故ティーナ・マリー参加曲も

NEWS

スヌープが『ドギースタイル』時代も懐古する新作を今週に 故ティーナ・マリー参加曲も

Snoop Dogg - Neva Left

西海岸のベテラン・ラッパー、スヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)が、前作からおよそ10ヶ月というスピードでニュー・アルバム『Neva Left』を今週19日に発売する。

昨年からメジャー・レーベルを離れて活動を始めたスヌープ・ドッグは、ダズ・ディリンジャー(Daz Dilinger)とのコラボレーション・アルバム『Cuzznz』(→ 全曲フル試聴)を発表したのに続き、7月に自身13作目のオリジナル・スタジオ・アルバムとなる『COOLAID』をリリース。またジャジー・フェイ(Jazze Pha)と共にCadillacc Musicを立ち上げて、自身が惚れ込んだ若手ソウル・シンガーのオクトーバー・ロンドン(October London)をデビューさせ、彼のデビューEP『Color Blind: Love』と連動した同名ショート・フィルムを俳優のマイク・エップスと共に手がけ、自身も『COOLAID』の楽曲を使用した映画で、アメフト選手を志していた若き日から、ギャングスタ・ラップへと踏み出して成功を手にするまでを描いた自伝的作品『COOLAID: The Movie』を今年4月にiTunesで配信(※日本未配信)。昨年11月から今年3月までは、マーサ・スチュワートとの異色コンビによるバラエティ番組『Martha & Snoop’s Potluck Dinner Party』で世間を驚かせ、「和の鉄人」森本正治から50セント(50 Cent)まで幅広いゲストを迎えて好評を博すなど、変わらず精力的に活動している。

そのスヌープ・ドッグが、『COOLAID』からおよそ10ヶ月というインターバルで新作『Neva Left』を発表する。今年3月には、ケイトラナダ(KAYTRANADA)が手がけたバッドバッドノットグッド(BADBADNOTGOOD)の“Lavender”に自身のラップを乗せる形で“Lavender (Nightfall Remix)”を発表し、ドナルド・トランプ大統領を皮肉ったミュージック・ビデオが賛否を呼ぶなど話題になったが、この時すでに「この曲は、完成させたばかりのニュー・アルバムの1曲になる。アルバムは『Never Left』というタイトルで、5月くらいに出るかな」と話しており、予定どおり5月にこのニュー・アルバムが発売となる。

先月行われた関係者向けのリスニング・セッションでは、『Neva Left』というアルバム・タイトルについて、「アメフトのコーチ、TVや映画もやっているが、俺はラップの世界を離れたことはこれまで一度もない」と説明し、「今作でやりたかったことは、この25年間のスヌープ・ドッグのあらゆる時期を包括したようなアルバムにすることだった」とコンセプトを語ったという。ドクター・ドレー(Dr. Dre)との“Deep Cover”で世に出た1992年から25周年という節目を意識をしたようで、「“Deep Cover”で俺を聞いてもらった頃から、ファースト・アルバム、そしてファレル(Pharrell)とやった頃、No Limitからレゲエ・アルバム、ファンク・アルバム……これまでの様々なスヌープ・ドッグの進化(を聞かせる)。同じスピリットを持ち、それぞれの要素を取り出しつつ、進化させる」とも語っている。

新作『Neva Left』は、1993年発表のデビュー・アルバム『Doggystyle』の時期に撮影された若かりし頃の自分をアートワークに起用していることもあって、自身のキャリアにおいてもデビュー当時の90年代初頭を強く意識しているようで、ウータン・クラン(Wu-Tang Clan)の“C.R.E.A.M.”や、ア・トライブ・コールド・クエスト(A Tribe Called Quest)“Check The Rhime”などがサンプリングされているとか。

ゲスト陣も、ウィズ・カリファ(Wiz Khalifa)やオクトーバー・ロンドンら若手もいるが、メソッド・マン(Method Man)&レッドマン(Redman)、サイプレス・ヒル(Cypress Hill)のB-リアル(B-Real)、KRS-ワン(KRS-One)、トゥー・ショート(Too $hort)、バトルキャット(Battlecat)、ビッグ・バブ(Big Bub)を始め、スヌープのレーベルに所属していたビッグ・トレイ・ディー(Big Tray Deee)、2パック(2 Pac)やE-40などを手がけたことで知られるプロデューサーのリック・ロック(Rick Rock)などベテラン勢が中心。中には、スヌープと何度もコラボレーションを重ねてきたチャーリー・ウィルソン(Charlie Wilson)と並んで、故ティーナ・マリー(Teena Marie)の名前もある。

スヌープ・ドッグのニュー・アルバム『Neva Left』は5月19日発売。なお、スヌープは8月にカリフォルニア州で開催される音楽フェスティバル〈HARD Summer Music Festival〉で、デビュー作『Doggystyle』の全曲パフォーマンスを行う予定であることも発表されている。

1. Neva Left
2. Moment I Feared (feat. Rick Rock)
3. Bacc In da Dayz (feat. Big Tray Deee)
4. Promise You This
5. Trash Bags (feat. K CAMP)
6. Swivel (feat. Stresmatic)
7. Go On (feat. October London)
8. Big Mouth
9. Toss It (feat. Too $hort & Nef The Pharaoh)
10. 420 (Blaze Up) [feat. Devin the Dude, Wiz Khalifa & DJ Battlecat)
11. Lavender (Nightfall Remix) [feat. BADBADNOTGOOD & KAYTRANADA]
12. Let Us Begin (feat. KRS-One)
13. Mount Kushmore (feat. Redman, Method Man & B-Real)
14. Vapors (DJ Battlecat Remix) [feat. Charlie Wilson & Teena Marie]
15. Still Here
16. Love Around The World (feat. Big Bub)