bmr

bmr>NEWS>メジャー・レイザーとのコラボでも知られるトーラス・ライリーの来日公演が8月に

NEWS

メジャー・レイザーとのコラボでも知られるトーラス・ライリーの来日公演が8月に

Tarrus Riley & Dean Fraser

昨年3月に亡くなった名レゲエ歌手ジミー・ライリー(Jimmy Riley)の息子で、2015年にはメジャー・レイザー(Major Lazer)との“Powerful”がヒットしたことでも知られるトーラス・ライリー(Tarrus Riley)が、8月に来日公演を行う。

ニューヨーク生まれ、ジャマイカ育ちのトーラス・ライリーは、60年代から活躍する大ベテランである名サックス奏者のディーン・フレイザー(Dean Fraser)をメイン・プロデューサーに据え、2004年に『Challenges』でデビュー。以降もディーン・フレイザーのバックアップでリリースを重ね、2006年に発表した2作目『Parables』からは“She’s Royal”がヒットを記録し、2008年の〈Reggae Academy Awards〉では最優秀レゲエ・ソング賞、最人気ソング賞、ブレイクスルー・レゲエ・アーティスト賞など総なめにした。

2014年にはディーン・フレイザーと組んだ『Love Situation』で米レゲエ・アルバム・チャートで自身初の1位を獲得し、その翌年にはメジャー・レイザーの“Powerful”にゲスト参加、同曲は米ダンス・チャートで最高5位となるなど各国でヒットに。この人気レゲエ・シンガーが、8月に来日する。トーラス・ライリーは、8月8日(火)にビルボードライブ大阪8月10日(木・祝前日)にビルボードライブ東京にて来日公演を開催。生ける伝説ディーン・フレイザーと共に来日し、さらに日本が世界に誇るレゲエ・バンド、HOME GROWNが演奏でサポートするというスペシャルな公演となる。父親が歌ったロックステディを受け継ぐ、心地よくも熱いステージとなりそうだ。

なおトーラス・ライリーは先月、新曲“Just The Way You Are”を発表しており、年内にニュー・アルバムをリリース予定とされているほか、ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズの名作『Exodus』の発売40周年を記念した『Exodus 40 – The Movement Continues』のスペシャル・デラックス・エディションに、ビーニ・マン(Beenie Man)ら錚々たる面子と並んで参加予定。

「トーラス・ライリー with ディーン・フレイザー来日公演 featuring HOME GROWN」
ビルボードライブ大阪公演
日時:2017年8月8日(火)
1stステージ開場17:30 開演18:30/2ndステージ開場20:30 開演21:30
価格:サービスエリア 8,900円/カジュアルエリア 7,900円

ビルボードライブ東京公演
日時:2017年8月10日(木・祝前日)
1stステージ開場17:30 開演19:00/2ndステージ開場20:45 開演21:30
価格:サービスエリア 8,900円/カジュアルエリア 7,400円