bmr

bmr>NEWS>カルヴィン・ハリスが新作を6月に フランク・オーシャン、ファレル、ケラーニ、スヌープら19名が集結

NEWS

カルヴィン・ハリスが新作を6月に フランク・オーシャン、ファレル、ケラーニ、スヌープら19名が集結

Calvin Harris - Funk Wav Bounces Vol. 1

米経済誌フォーブスによるDJの長者番付ランキングでは2013年から4年連続で1位に輝くスターDJ/プロデューサーのカルヴィン・ハリス(Calvin Harris)が、待望のニュー・アルバム『Funk Wav Bounces Vol. 1』を6月に発売すると発表した。

スコットランド出身のカルヴィン・ハリスは、ダンス・ミュージックのDJとして2000年代後半から頭角を現し、プロデュースを手がけたディジー・ラスカル(Dizzee Rascal)の2008年のシングル“Dance Wiv Me”が全英チャート1位となったのを皮切りに、2009年には自身も“I’m Not Alone”、“Ready For The Weekend”とヒットを連発。2011年にはリアーナ(Rihanna)の“We Found Love”をプロデュースして全米チャートや全英チャートを始め世界各国で1位となる大ヒットに。

EDM流行の波に乗ってクリス・ブラウン(Chris Brown)、カイリー・ミノーグ(Kylie Minogue)、メアリー・J.ブライジ(Mary J. Blige)らを手がけるなどプロデューサーとしても活躍する一方で、自身の2012年作『18 Months』からは“We Found Love”、ケリス(Kelis)との“Bounce”、ニーヨ(Ne-Yo)との“Let’s Go”など8曲を全英チャートのトップ10に送りだし、マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)が1991年作『Dangerous』から7曲のトップ10ヒットを出した記録を上回り、ひとつのアルバムからのトップ10ヒット数として全英チャート新記録を樹立。米Billboard誌からは「新たなキング・オブ・ポップ」とも評された。

昨年は米最大級野外フェスティバルのコーチェラでDJとして史上初のヘッドライナーを務め、またフォーブス誌の恒例企画「The World’s Highest-Paid DJs」では昨年も推定収入およそ6300万ドルで2位以下に大差をつけて「世界でもっとも稼ぐDJ」に。同企画では2013年からこれで4年連続で1位となるなど、規格外の活躍を見せるスターDJとなっている。

リアーナと再タッグを組み、全米チャート最高3位(全英チャート最高2位)のヒットとなった“This Is What You Came For”など昨年から新曲を次々に発表していたカルヴィン・ハリスは、今年2月にフランク・オーシャン(Frank Ocean)とミーゴス(Migos)をゲストに迎えた“Slide”を発表して世間を驚かせ、その翌月にはさらにファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)、アリアナ・グランデ(Ariana Grande)、ヤング・サグ(Young Thug)が参加する“Heatstroke”をリリース。新作への期待が高まっていたが、ついに『Motion』以来およそ2年8ヵ月ぶりとなるニュー・アルバム『Funk Wav Bounces Vol. 1』がアナウンスされた。

カルヴィン・ハリスは米時間で5月9日に、新作の予告編映像をSNSなどで公開。新作のタイトルが『Funk Wav Bounces Vol. 1』となり、6月30日発売になること、さらに参加アーティストの名前を明かした。それによると、“Slide”に参加したフランク・オーシャンミーゴス、“Heatstroke”に参加したファレルアリアナ・グランデヤング・サグに加えて、D.R.A.M.リル・ヤティ(Lil Yachty)、トラヴィス・スコット(Travis Scott)、ニッキー・ミナージュ(Nicki Minaj)、パーティネクストドア(PARTYNEXTDOOR)、スヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)、フューチャー(Future)、スクールボーイ・Q(ScHoolboy Q)、ビッグ・ショーン(Big Sean)、ジョン・レジェンド(John Legend)、ケラーニ(Kehlani)、カリード(Khalid)、ジェシー・レイエズ(Jessie Reyez)、さらにはケイティ・ペリー(Katy Perry)と、全19名が集う作品になるという。“Slide”や“Heatstroke”ではこれまでとは一転してブギー・ファンク風のサウンドを聞かせていたカルヴィン・ハリスだが、アルバム・タイトルにファンクとあることや、ゲストのほとんどがR&B~ヒップホップ系アーティストであることから、新たな境地を見せる作品となりそうだ。

なおカルヴィン・ハリスは、今年は8月19日(土)と8月20日(日)に開催される日本最大級の都市型フェスティバル〈SUMMER SONIC〉への出演が決まっており、単独のDJとして同フェス史上初のヘッドライナーを務める。カルヴィン・ハリスは、19日に関東(ZOZOマリンスタジアム&幕張メッセ)、20日に関西(舞洲SONIC PARK)に出演する予定だが、いずれも新作『Funk Wav Bounces Vol. 1』に参加するケラーニが同日に出演予定となっており、生共演も期待されそうだ。