bmr

bmr>NEWS>ケンドリック・ラマー新作『DAMN.』にリアーナ、ケイトラナダ、BBNGら参加

NEWS

ケンドリック・ラマー新作『DAMN.』にリアーナ、ケイトラナダ、BBNGら参加

Kendrick Lamar - DAMN.

昨年の第58回グラミー賞では、ラッパーとしては史上最多となる11ノミネートを受け、最優秀ラップ・アルバム、最優秀ラップ・ソングなど最多の5部門を授賞した新世代ラップ・スター、ケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)が、注目のニュー・アルバムのタイトルやアートワークなどを解禁した。

今年3月24日に新曲“The Heart Pt. 4”をサプライズ・リリースし、この曲の中で、「4月7日までまとめ上げる時間はまだある」と言っていることから、4月7日に新作がリリースされるのでは?と噂になっていたケンドリック・ラマーだが、その4月7日に、グラミー受賞作『To Pimp A Butterfly』からおよそ2年ぶりとなるニュー・アルバムを翌週の4月14日に発売するとアナウンス。前週に発表されたリード・シングル“HUMBLE.”を含む全14曲となるこの新作のiTunes予約が始まった。

そして発売まであと数日という中、ケンドリック・ラマーが、この注目の新作について詳細を発表。アートワークやトラックリストの公開と共に『DAMN.』というタイトルになることが判明したこのニュー・アルバムには、“LOYALTY.”という曲にリアーナ(Rihanna)が、そして“XXX.”という曲にU2が参加するという豪華ゲストが明らかに。また、ケンドリックが公開したアルバムのバックスリーブ写真には記載はないものの、米iTunesの予約ページには、“LOVE.”という曲にザカーリ(Zacari)という名前も。ケンドリックと同じTDE所属のアイゼイア・ラシャド(Isaiah Rashad)の最新作『The Sun’s Tirade』収録の“What’s Wrong”でケンドリックとも共演し、やはりTDE所属のアブ・ソウル(Ab-Soul)の最新作『Do What Thou Wilt.』にも参加していたLAの新進ラッパーだ。ザカーリ本人も、『DAMN.』に参加していることをTwitterで認めている。

また、 リード・シングル“HUMBLE.”をプロデュースしたマイク・ウィル・メイド・イット(Mike WiLL Made-It)は、他に“DNA.”、U2との“XXX.”の2曲をプロデュースしていると明かしているほか、DJダーヒ(DJ Dahi)とサウンウェイヴ(Sounwave)がプロデュースする“LUST.”には、バッドバッドノットグッド(BADBADNOTGOOD)も関与し、ケイトラナダ(KAYTRANADA)がアディショナル・ボーカルで加わっているという。ナインス・ワンダー(9th Wonder)も、アルバム最後を飾る“DUCKWORTH.”をプロデュースしているとツイートしている。『DAMN.』には他に、ジェイムス・ブレイク(James Blake)、アルケミスト(The Alchemist)、スティーヴ・レイシー(Steve Lacy)、グレッグ・カースティン(Greg Kurstin)や、前作にも参加したラーキ(Rahki)、テラス・マーティン(Terrace Martin)、アナ・ワイズ(Anna Wise)らも参加していると見られている。

なお、リード・シングル“HUMBLE.”は、今週の全米シングル・チャートで初登場2位という好発進を記録。ゲスト参加したテイラー・スウィフト(Taylor Swift)“Bad Blood”を除いて自身最高位となるほか、ラップ・ソングで初登場2位を記録したのは、エミネム(Eminem)とリアーナの“Love The Way You Lie”以来、およそ6年と9ヶ月ぶりになるという。また、R&B/Hip-Hopチャートやデジタル・ソング・セールス・チャートでは初登場1位となり、それぞれ同チャートでの自身初の1位を獲得している。一方で、“HUMBLE.”の前週に発表された“The Heart Pt. 4”は全米シングル・チャートで前週22位に初登場しているが、『DAMN.』には未収録となるようだ。

1. BLOOD.
2. DNA.
3. YAH.
4. ELEMENT.
5. FEEL.
6. LOYALTY. (feat. Rihanna)
7. PRIDE.
8. HUMBLE.
9. LUST.
10. LOVE. (feat. Zacari)
11. XXX. (feat. U2)
12. FEAR.
13. GOD.
14. DUCKWORTH.