bmr

bmr>NEWS>リーラ・ジェイムスが、デイヴ・ホリスターら参加の3年ぶり新作を発売 

NEWS

リーラ・ジェイムスが、デイヴ・ホリスターら参加の3年ぶり新作を発売 

Leela James - Did It For Love

2005年に『A Change Is Gonna Come』で鮮烈なデビューを果たした女性ソウル・シンガーのリーラ・ジェイムス(Leela James)が、およそ3年ぶりとなるニュー・アルバム『Did It For Love』を3月31日に発売した。

LA出身のリーラ・ジェイムスは、幼少時から教会で歌い、アル・グリーン、マイティ・クラウズ・オヴ・ジョイ、スピナーズ、ステイプル・シンガーズといった60年代~70年代のソウル・ミュージックを聴いて育った。膝の故障により陸上選手になるという夢が絶たれると音楽への道へと進んだ彼女は、そのソウルフルな歌声が話題を呼び、ブラック・アイド・ピーズ(The Black Eyed Peas)らのツアーで前座を務めたほか、ピート・ロック(Pete Rock)が2004年に発表した『Soul Survivor II』に抜擢。と同時に、“Funky Sensation”使いとなるピート・ロック制作の“Good Time”がクラブを中心に人気を博し、翌年にはデビュー・アルバム『A Change Is Gonna Come』を発表。ローリン・ヒルを始め、エイミー・ワインハウスやジョス・ストーンらの作品にも関わったコミッショナー・ゴードン(Commissioner Gordon)の監修で、カニエ・ウェスト(Kanye West)、ラファエル・サディーク(Raphael Saadiq)らも参加した同作は、90年代ヒップホップ・ソウル風のソウル~ファンク・サウンドも話題になったが、主役のリーラの歌ぢからも絶賛され、大型新人の登場となった。

以降は、その歌の実力を響かせるカバー集を挟みながら、2010年に『My Soul』、2014年に『Fall For You』とオリジナル・スタジオ・アルバムも順調に発表し、また2009年にはモービー(Moby)の“Walk With Me”でボーカルを務めるなど、その歌声で根強い支持を誇っているリーラ・ジェイムスだが、前作『Fall For You』からおよそ3年ぶりとなる新作『Did It For Love』が発売となった。

全12曲となる『Did It For Love』は、レディシ(Ledisi)のプロデュースなどで知られ、前作にも関わったレックス・ライダウト(Rex Rideout)が多くを担当。ゲスト・アーティストとしてデイヴ・ホリスター(Dave Hollister)が唯一参加している。レックス・ライダウトが手がけたリード・シングル“Don’t Want You Back”は米アダルトR&Bエアプレイ・チャートで最高4位を記録、前作における“Set Me Free”での最高7位を超える自身最高記録となるなど好評。エリック・ベネイの“You’re The One”などを思わせるようなスタイリスティックス“Stop, Look, Listen To Your Heart”風のメロディが印象的だが、この曲についてリーラは、「言ってみれば、オーティス・レディングの歌声をカニエのビートに乗せたような感じ。私はヒップホップ大好きだし。ハードなビートが好きなの」と、米Billboard誌に語っている。

またリーラは、デビュー当時について、「私がどういう音楽をやるべきか、みんなが考える枠に私は当てはまらなかった。R&Bアーティストながら踊らなきゃ、あれをやらなきゃ、みたいに言われていたけど、私はそういう流行りの音楽を歌うタイプじゃなかったし。私みたいなアーティストが活躍する場がなかった」と、『A Change Is Gonna Come』発表後に所属していたWarner Bros. Recordsを離れてインディに転じたことを振り返ったが、自身も歌った名曲“A Change Is Gonna Come”に引っ掛けて、「私はずっと、この業界、私の現状にも変化は起こると自分に言い続けなくちゃいけなかったけど、やっと(変化が)訪れた」と今の状況を説明。2014年から2015年までレギュラー出演したリアリティ番組『R&B Divas: Los Angeles』での露出もあって「やっとある程度、自分を認知してもらえるようになった」と喜び、「バラエティ豊かだった時代に戻らなきゃ。60年代や70年代はそうだったのに、最近はそうした多様性が失われたように見えるから」と力強く語っている。

1. Hard For Me
2. Don’t Mean A Thang
3. Don’t Want You Back
4. Real Talk – Relationships (Interlude)
5. I Remember
6. Good To Love You (feat. Dave Hollister)
7. There 4 U
8. This Day Is For You
9. Take Me
10. All Over Again
11. Our Love
12. Did It For Love

“Don’t Want You Back” (live)

“Set You Free” (live)