bmr

bmr>NEWS>エド・シーランの大ヒット「シェイプ・オブ・ユー」の作者にエクスケイプのキャンディらの名も加わる

NEWS

エド・シーランの大ヒット「シェイプ・オブ・ユー」の作者にエクスケイプのキャンディらの名も加わる

Ed Sheeran - Shape Of You

今週の全米チャートで7週連続の1位になるなど大ヒットを記録しているエド・シーラン(Ed Sheeran)の“Shape Of You”の作者として、新たにエクスケイプ(Xscape)のメンバーとしても知られるキャンディ・バーラス(Kandi Burruss)らの名が加わることが明らかになった。

エド・シーランは3月3日に発売になった最新作『÷』が本国イギリスで、男性ソロ・アーティストとしては史上最高となる初動およそ59万枚を売り上げ、アメリカでも2017年発売作品で最高となるおよそ32万2000枚の初動セールスを叩き出し、米英のチャートで初登場1位を獲得。2週目となる今週も米英で首位をキープするなど大ヒット中だ。この勢いを牽引しているのが、リード・シングルである“Shape Of You”で、本国イギリスでは初登場から10週連続で1位、アメリカでも通算8週、7週連続の1位と圧倒的な人気を見せている。

この世界的な大ヒット・シングル“Shape Of You”は、エド・シーラン、プロデューサーのスティーヴ・マック(Steve Mac)、そしてジョニー・マクデイド(Johnny McDaid)の3者による共作とされていたが、ここに新たに3名の名前が追加されたことが米Billboard誌の報道によって明らかになった。これは、“Shape Of You”のサビの直前の「Boy, let’s not talk too much/ Grab on my waist and put that body on me」の部分が、TLCの1999年のナンバーワン・ヒット“No Scrubs”のサビにおける「No, I don’t want no scrubs/ A scrub is a guy that can’t get no love from me」の譜割りや韻、リズムを想起させるということで、“No Scrubs”を手がけたエクスケイプのキャンディタイニー・コトル(Tameka “Tiny” Cottle)、そしてプロデューサーのケヴィン“シェイクスピア”ブリッグス(Kevin “She’kspere” Briggs)の3名が、“Shape Of You”のソングライティング・クレジットに加わるというもの。実際に、ASCAP(米国作曲家作詞家出版者協会)では、すでにこの3名の名前が著作権者として加わっている。

これは、あるツイッター・ユーザーが「キャンディ・バーラスとタイニーが、エド・シーランの“Shape Of You”のライターとしてASCAPでクレジットされている」と報告、これをタイニーらが紹介したことで話題になっているもので、そもそもどういう経緯でTLCの“No Scrubs”の作者がクレジットされることになったかは現時点では不明。

しかし、訴訟トラブルを避けるために、内々で和解に至り、ソングライティング・クレジットに名前が追加されるという例は近年増えており、サム・スミス(Sam Smith)の2014年の大ヒット“Stay With Me”も、トム・ペティ(Tom Petty)の89年ヒット“I Won’t Back Down”を盗用していると訴えられ、サム・スミス側が早々に示談を提示、12.5%のロイヤリティをトム・ペティ側に譲ることで友好的に解決。マーク・ロンソン(Mark Ronson)とブルーノ・マーズ(Bruno Mars)の2015年の大ヒット“Uptown Funk”の場合は、サビで繰り返される「Don’t believe me, just watch」のフレーズをトリニダード・ジェイムス(Trindad Jame$)の2013年ヒット“All Gold Everything”から引用していることから、トリニダード・ジェイムスと“All Gold Everything”のプロデューサーの名前がリリース直後から加わったほか、ギャップ・バンド(The Gap Band)の79年ヒット“Oops Up Side Your Head”を引用しているという主張を受けて、チャーリー・ウィルソン(Charlie Wilson)ら5名の名前がさらに追加されている。

今回の件が公になったことを受けてか、キャンディはエド・シーラン“Shape Of You”の大ヒットを祝福し、自身とタイニーがライターのクレジットに加わったことに感謝するコメントをInstagramに発表している。

なお、90年代にヒットを飛ばした女性4人組R&Bグループのエクスケイプは、1998年発表の3作目『Traces Of My Lipstick』を最後に一度解散。2000年代にキャンディの代わりに新メンバーを入れる形で再始動したことものの、活動は長く続かなかったが、先日、オリジナル・メンバー4人が揃う形での再結成を発表し、こちらも話題になっている。