bmr

bmr>NEWS>新作も待たれるシャギー、11年ぶりの来日ツアーを7月に

NEWS

新作も待たれるシャギー、11年ぶりの来日ツアーを7月に

Shaggy

“It Wasn’t Me”、“Angel”といった全米ナンバーワン・ヒットを放ち、ジャネット・ジャクソンやチャカ・カーンらとの共演でも知られるレゲエ・スター、シャギー(Shaggy)が東京と大阪で7月に来日公演を行うことが発表された。

1995年に発表した『Boombastic』が翌年のグラミー賞最優秀レゲエ・アルバムに輝き、表題曲が全米チャート最高3位となるなどクロスオーバーな成功を収めたシャギーは、“It Wasn’t Me”、“Angel”と2曲の全米1位シングルを生んだ2000年の『Hot Shot』がアメリカだけで600万枚を超える大ヒットとなり、またイギリスを始め世界各国でもヒットを記録するなど国際的なスターに。以降も数年ごとに新作を発表するなど安定した人気を誇り、2013年には、スライ&ロビー(Sly and Robbie)をプロデューサーに迎え、ニーヨ(Ne-Yo)らとも共演した『Out Of Many, One Music』を発表、好評を博している。

現在も、『That Love』というタイトルとされるニュー・アルバムを準備中で、昨年にはジェイムス・ブラウン(James Brown)をサンプリングした“I Got You”、スコット・ストーチ(Scott Storch)が手がけたポップな“That Love”などを発表し、今年に入ってからも、2015年の夏を席巻した“Cheerleader (Felix Jaehn Remix)”のヒットで知られるオーミー(OMI)との新曲“Seasons”を発表と精力的に動いているシャギーが、7月に来日公演を行うことを発表した。7月19日(水)にビルボードライブ東京、翌20日(木)にビルボードライブ大阪で開催される。

シャギーは2014年に来日ツアーが予定されていたものの、興行側の都合で中止となっており、来日は2009年の音楽フェスティバル出演以来、実に8年ぶり。またこの2009年はシャギーの乗った飛行機の遅れなどのトラブルで単独公演が中止となっており、2007年にも『Intoxication』発売記念パーティがクラブで行われたが、シャギーの単独公演となると、レイヴォン(Rayvon)を伴って行われた2006年の夏以来、およそ11年ぶりとなると見られる。今回はバンドでのフル・セット・ライブとなっており、「新曲を作るのは、好きなパフォーマンスのため」とまで言い切るシャギーのライブ・パフォーマンスを心置きなく味わえる夜となりそうだ。

「シャギー来日公演」
ビルボードライブ東京公演
日時:2017年7月19日(水)
1stステージ開場17:30 開演19:00/2ndステージ開場20:45 開演21:30
価格:サービスエリア 12,500円/カジュアルエリア 11,000円

ビルボードライブ大阪公演
日時:2017年7月20日(木)
1stステージ開場17:30 開演18:30/2ndステージ開場20:30 開演21:30
価格:サービスエリア 13,000円/カジュアルエリア 12,000円