bmr

bmr>NEWS>『ワイスピ』新作映画サントラにウィズ・カリファ、ミーゴズ、トラヴィス・スコット、ケラーニら参加

NEWS

『ワイスピ』新作映画サントラにウィズ・カリファ、ミーゴズ、トラヴィス・スコット、ケラーニら参加

The Fate Of The Furious: The Album

大人気シリーズ『ワイルド・スピード』(原題『Fast & Furious』)の第8弾となる新作映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』(原題『The Fate Of The Furious』)がいよいよ4月に公開。前作からは“See You Again”という記録的な世界的ヒットを生むなど音楽面でも注目される中、今回のサウンドトラックの内容が明らかになった。

『ワイルド・スピード』シリーズといえば、ジャ・ルール(Ja Rule)からフェイス・エヴァンス(Faith Evans)、R.ケリー(R. Kelly)といった人気アーティストが集まった第一作を皮切りに、2作目『ワイルド・スピードX2』ではテズ役として映画の常連となるリュダクリス(Ludacris)による“Act A Fool”などがヒット。東京が舞台となったシリーズ3作目『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』には日本からTeriyaki Boyzがファレル(Pharrell)とのコラボ曲などで参加、6作目『ワイルド・スピード EURO MISSION』からはトゥー・チェインズ(2 Chainz)とウィズ・カリファ(Wiz Khalifa)のコラボレーション曲“We Own It (Fast & Furious)”がヒットするなど音楽面でも毎回注目を集めている。

中でも2015年に公開された第7弾 『ワイルド・スピード SKY MISSION』(原題『Furious 7』)は、ウィズ・カリファと新人チャーリー・プース(Charlie Puth)によるテーマソング“See You Again”が特大ヒット。同作が遺作となった俳優ポール・ウォーカーへの追悼曲ともなったラップ・バラードとなるこの曲は、ラップ主体の曲として歴代1位(タイ)となる通算12週の1位を記録、2015年の年間セールスもアメリカだけで380万を超えるダウンロード数を記録して年間3位となり、ストリーミングの再生回数をポイント換算した総合では、国際レコード連盟の発表によると世界1位のヒット・シングルになるなど、2015年を代表する曲となった。

4月に公開となる『ワイルド・スピード ICE BREAK』のサウンドトラックもまた、前作のヒットを受け、ラッパー主体のアルバムとなるようだ。3月3日にリード・シングル“Go Off”が公開されたが、噂どおり、リル・ウージー・ヴァート(Lil Uzi Vert)、ミーゴズのクエヴォ(Quavo)、トラヴィス・スコット(Travis Scott)の若手ラッパー3者によるコラボレーション。

そして同時に公開されたトラックリストによれば、3作連続でウィズ・カリファが参戦。ウィズやウージーにタイ・ダラー・サイン(Ty Dolla $ign)、ケラーニ(Kehlani)、セージ・ザ・ジェミナイ(Sage the Gemini)、ケヴィン・ゲイツ(Kevin Gates)、コーダック・ブラック(Kodak Black)、PnB・ロック(PnB Rock)など発売元のAtlantic Records所属アーティストを中心に、“Bad and Boujee”が今年全米チャート1位となり、今週も2位をキープしているミーゴズ(Migos)を始め、ジェレマイ(Jeremih)、ヤング・サグ(Young Thug)、トゥー・チェインズリル・ヤティ(Lil Yachty)、G・イージー(G-Eazy)、トゥエニー・ワン・サヴィジ(21 Savage)など、人気ラッパー/シンガーや新鋭アーティストが多数参加している。

また第4弾『ワイルド・スピード MAX』サントラで活躍していたピットブル(Pitbull)が久々に再登場。今回は映画の舞台のひとつにキューバがあることもあり、キューバ移民二世のピットブルは、フィフス・ハーモニー(Fifth Harmony)の元メンバーでキューバ系のカミーラ・カベロ(Camila Cabello)らとラテン・コラボレーションを聞かせるようだ。

映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』は日本で4月28日(金)公開予定で、サウンドトラックはアメリカ公開日となる4月14日に発売となる。全米アルバム・チャート1位のヒットとなった前作は、発売1ヵ月から3週連続でサントラからの楽曲を発表するプロモーション展開が為されたが、今回も、3月3日に公開された“Go Off”に続いて、来週10日にはG・イージーとケラーニによる“Good Life”が解禁される見通し。音楽においても前作同様のヒットとなるか注目されるところだ。

1. “Gang Up” – Young Thug, 2 Chainz, Wiz Khalifa & PnB Rock
2. “Go Off” – Lil Uzi Vert, Quavo & Travis Scott
3. “Good Life” – G-Eazy & Kehlani
4. “Horses” – PnB Rock, Kodak Black & A Boogie wit da Hoodie
5. “Seize The Block” – Migos
6. “Murder (Remix)” – Youngboy Never Broke Again feat. 21 Savage
7. “Speakerbox (F8 Remix)” – Bassnectar feat. Ohana Bam & Lafa Taylor
8. “Candy Paint” – Post Malone
9. “911” – Kevin Gates
10. “Mamacita” – Lil Yachty feat. Rico Nasty
11. “Don’t Get Much Better” – Jeremih, Ty Dolla $ign & Sage the Gemini
12. “Hey Ma (Spanish Version)” – J Balvin & Pitbull feat. Camila Cabello
13. “La Habana” – Pinto “Wahin” & DJ Ricky Luna feat. El Taiger
14. “Hey Ma” – J Balvin & Pitbull feat. Camila Cabello