bmr

bmr>NEWS>2週連続リリースのフューチャー、2作目にはリアーナやザ・ウィークエンドら参加

NEWS

2週連続リリースのフューチャー、2作目にはリアーナやザ・ウィークエンドら参加

Future - HNDRXX / FUTURE

自身初の全米チャート1位を手にした2015年の『DS2』以来、精力的にリリースを続けていたアトランタの人気ラッパー/シンガー/プロデューサーのフューチャー(Future)が、先週、今週と2週連続でアルバムを発表した。

2015年7月には3作目のアルバム『DS2』を緊急発売して自身初となる全米チャート1位を獲得、さらにそのわずか2ヶ月後の9月にはカナダのラップ・スター、ドレイク(Drake)とのコラボレーション作『What A Time To Be Alive』をサプライズ・リリースして当然のように初登場で全米チャート1位となり、全米で通算50万枚を超えるヒットを記録。昨年2月には発売日の4日前にアナウンスするという形でニュー・アルバム『EVOL』をサプライズ・リリースするなど矢継ぎ早に新作を投入。こうした商業作品のほかにも、グッチ・メイン(Gucci Mane)とのコラボレーションとなった『Free Bricks 2 (Zone 6 Edition)』といった無料ミックステープを発表するなど、驚異的なペースでリリースを続けている。

ゲスト参加のオファーも、ドレイク、ザ・ウィークエンド(The Weeknd)、チャンス・ザ・ラッパー(Chance the Rapper)、DJキャレド(DJ Khaled)、アッシャー(Usher)からアリアナ・グランデ(Ariana Grande)までひっきりなしで、先日もマルーン5(Maroon 5)の新曲“Cold”に参加したばかりだが、『EVOL』から1年、昨年11月のミックステープ『Free Bricks 2 (Zone 6 Edition)』から数えるとわずかに3ヵ月、早くもフューチャーが新作を発表。しかも2作を2週連続リリースした。

まずフューチャーは、2月17日に『FUTURE』を発売。今回も発売3日前のアナウンスというサプライズ・リリースで、全17曲となったアルバムは一切のゲスト無し。サウスサイド(Southside)、メトロ・ブーミン(Metro Boomin)、ゼイトーヴェン(Zaytoven)といった常連プロデューサーたちを中心に、ハードコアなヒップホップ・サウンドを聞かせている。

まもなく発表される全米アルバム・チャートで初登場1位が確実視されるなどヒット中の『FUTURE』だが、発売から4日後にはさらなる新作をリリースすると一部で報じられ、翌日には実際に2作目『HNDRXX』をアナウンス。2月24日の発売日からおよそ2日前の告知となった『HNDRXX』は、『FUTURE』と同じく全17曲となるが、こちらは『EVOL』に続いてザ・ウィークエンドに加えて、ゲスト参加&共同プロデュースした2012年の“Loveeeeeee Song”以来の共演となるリアーナ(Rihanna)という華やかなゲスト2組が名を連ねた。また、こちらは、『FUTURE』に参加していたサウスサイド、メトロ・ブーミンらに加えて、DJマスタード(DJ Mustard)やディーテイル(Detail)らも制作陣に加わっている。「とてもパーソナル」だというこの『HNDRXX』は、シンガーが参加していることもあり、『FUTURE』に比べてメロウなサウンドが増え、ポップ色も強まった作品になっている。

一部報道では、2作で終わらず、3週連続リリースになるのではとも囁かれている。フューチャーがこのようにリリースを続ける背景には、彼を“発掘”したとするロッコー(Rocko)との訴訟問題があるのではと見られている。“U.O.E.N.O.”のヒットで知られるラッパーのロッコーは、2011年に、フューチャーの才能を見込んで自身のレーベル A-1 Recordingsと契約。この時、アルバム6枚分の契約が成されたという。しかし同時にフューチャーは、Epic Recordsとのメジャー契約を獲得。当時は、あくまでEpicがディストリビューションだけを担当するとの説明だったが、実際にはEpicから数百万ドル(数億円)にのぼる“契約金”を前払いで受け取っており、ロッコー側はこれをA-1との契約に背いていると認識。昨年6月に、この契約金の25%をA-1側に委託手数料として支払うこと、またツアーやグッズなどの収益の20%をA-1側に収めるべきとして、総額1000万ドル(およそ11億円)にのぼる支払いを求める訴訟を起こしたのだ。昨年の『EVOL』は発売元の表記にA-1が外されていたが、『FUTURE』と『HNDRXX』には再びA-1の表記があり、フューチャーはA-1との契約を消化するためにリリースを重ねているのではと考えられている。

1. My Collection
2. Comin Out Strong (feat. The Weeknd)
3. Lookin Exotic
4. Damage
5. Use Me
6. Incredible
7. Testify
8. Fresh Air
9. Neva Missa Lost
10. Keep Quiet
11. Hallucinating
12. I Thank U
13. New Illuminati
14. Turn On Me
15. Selfish (feat. Rihanna)
16. Solo
17. Sorry

1. Rent Money
2. Good Dope
3. Zoom
4. Draco
5. Super Trapper
6. POA
7. Mask Off
8. High Demand
9. Outta Time
10. Scrape
11. I’m So Groovy
12. Might As Well
13. Poppin’ Tags
14. Massage In My Room
15. Flip
16. When I Was Broke
17. Feds Did A Sweep