bmr

bmr>NEWS>マーヴィン・ゲイ、マイケル・ジャクソンらの名曲の作者 リオン・ウェアが亡くなる

NEWS

マーヴィン・ゲイ、マイケル・ジャクソンらの名曲の作者 リオン・ウェアが亡くなる

Leon Ware

マーヴィン・ゲイ(Marvin Gaye)“I Want You”やマイケル・ジャクソン(Michael Jackson)“I Wanna Be Where You Are”など数々のソウル名曲を生んだことで知られるリオン・ウェア(Leon Ware)が、現地時間で23日までに亡くなったことが明らかになった。今月16日に77歳の誕生日を迎えたばかりだった。

リオン・ウェアの訃報は、All Music TelevisionのCEOが「モータウン・ソウル、R&Bを手がけたレジェンド、リオン・ウェアが亡くなったという報せを受け取りました」と報告したほか、リオン・ウェアのインタビューを2005年に行ったRed Bull Music Academyや、リオン・ウェアと交流のあったミュージシャンや関係者らが追悼のコメントを発表したことで分かった。死因は明かされていない。2009年には前立腺がんにかかっていることを明かしていたが、治療後に復帰し、音楽活動を続けていた。

デトロイト出身、後に西海岸を活動拠点としたリオン・ウェアは、アイズリー・ブラザーズ(The Isley Brothers)の“Got To Have You Back”や、マーヴィン・ゲイ“I Want You”、マイケル・ジャクソンの“I Wanna Be Where You Are”といった数々の名曲を生み、その官能的でロマンティックな音楽性から「メロウ・ソウル・マスター」とも呼ばれるレジェンド。90年代にはマックスウェル(Maxwell)のデビュー作で“Sumthin’ Sumthin’”を共に手がけたほか、近年も彼を敬愛するセオフィラス・ロンドン(Theophilus London)の2014年作『Vibes』でクリエイティヴ・プロデューサーを務めた。また、日本のネオ・ソウル~ジャズ系女性シンガー、Hanah Springに“IN THE SUN”と“CHILLS…”の2曲を提供したこともある。

自身も1972年のデビュー以降、アーティストとして精力的に活動しており、2012年にはクワドロン(Quadron)とのコラボレーション・シングル『Orchids For The Sun / Hold Tight』を、2014年にはおよそ6年ぶりの新作『Sigh』を発表していた。ゲスト・ボーカルとしてもここ最近、タイラー・ザ・クリエイター(Tyler, the Creator)の2015年作『Cherry Bomb』や、ブラジルのマノ・ブラウン(Mano Brown)の最新作『Boogie Naipe』といったラッパー勢や、交流のあったオマー(Omar)が今年1月に発表した『Love In Beats』(⇒ 全曲フル試聴可)など名前を見かける機会は多かった。

この訃報に、マックスウェル、セオフィラス・ロンドン、サンダーキャット(Thundercat)といった関係者を始め、多くのアーティストやたちがソウル・レジェンドの死を悼むコメントを発表している。16歳でツアー・メンバーに抜擢されるなど長い付き合いだったサンダーキャットは、2月24日に発売となったばかりの最新作『Frunk』に収録された“Tokyo”という曲について、「リオン・ウェアのツアーで初めて日本を訪れたときのことを書いた曲。ありがとうリオン」と明かした。2011年のデビュー作『Timez Are Weird These Days』のジャケットではリオン・ウェアの82年作『Leon Ware』をオマージュしていたセオフィラス・ロンドンは、『Vibes』制作時の様子を写した写真などをツイートしながら、「男として、ミュージシャンとして、あなたが自分をどれだけ変えてくれたことか」と大きく影響を受けたことを振り返っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

We received news tonight of the passing of Motown Soul and R&B Music songwriting and producing legend LEON WARE. In what were probably his last public appearances, Leon visited us on the set of our All Music Television music series The Jazz Creative in 2015 at the Blue Whale. We enjoyed Leon so much that we invited him to our next shoot in Pacific Palisades where he reconnected with pianist Cameron Graves. The Motown songwriting legend behind many of Marvin Gaye's hits had stopped by to meet us and let us know that he was back! Leon was an American music artist, songwriter and composer. He was born and raised in Detroit, Michigan. Besides a solo career as a performer, Ware is best known for producing hits for other artists including Michael Jackson, Quincy Jones, Maxwell, The Isley Brothers, Minnie Ripperton and Marvin Gaye. In this short clip (in bio) he walked over to the piano, sat down and started playing. It was obvious he still had it! RIP Leon Ware. I'm glad we met you! #motown #music #songwriting #legend #soul #marvingaye #michaeljackson #quincyjones #theisleybrothers #detroit #rip #allmusictelevision

Frederick Smith Jrさん(@its_freddy_hoops)がシェアした投稿 –