bmr

bmr>NEWS>ビッグ・ショーンが2年ぶり新作を発売 エミネム、カニエ、ミーゴズ、ジェネイ・アイコら参加

NEWS

ビッグ・ショーンが2年ぶり新作を発売 エミネム、カニエ、ミーゴズ、ジェネイ・アイコら参加

Big Sean - I Decided.

“I Don’t Fuck With You”などのヒットを放って前作で初の全米アルバム・チャート1位を獲得した人気ラッパーのビッグ・ショーン(Big Sean)が、自身のソロとしてはおよそ2年ぶりとなる新作『I Decided.』を発売した。

ニッキー・ミナージュ(Nicki Minaj)との“Dance (A$$)”や、カニエ・ウェスト(Kanye West)らとの“Mercy”、“Clique”を始め、ゲスト参加したジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)“As Long As You Love Me”などのヒットで知られ、2015年にはアリアナ・グランデ(Ariana Grande)との交際・破局が話題にもなったビッグ・ショーン。当時交際していたアリアナ・グランデも参加した前作『Dark Sky Paradise』は、リード・シングル“I Don’t Fuck With You”が全米シングル・チャート最高11位まで上昇、アルバムも自身初となる全米チャート初登場1位を獲得するヒットに。またComplex誌が年間ベストの6位に選出するなど作品性も高く評価され、ジョン・レジェンド(John Legend)との“One Man Can Change The World”は昨年のグラミー候補に。惜しくも授賞は逃したが、自身がリード・アクトとなる楽曲でのグラミー・ノミネートはこれが初だった。

昨年4月には、現在交際が噂されている日系女性R&Bシンガーのジェネイ・アイコ(Jhené Aiko)とのユニット=トゥエンティ・エイティエイト(TWENTY88)としてデビューEPをサプライズ・リリースしたのも話題になったが、あれから1年、前作『Dark Sky Paradise』からは2年ぶりとなるニュー・アルバム『I Decided.』が登場した。

昨年10月のハロウィンに“No More Interviews”と“Bounce Back”の2曲を突然発表し、現在“Bounce Back”が全米シングル・チャート15位まで上昇という中、リリースされた『I Decided.』は、全14曲を収録。“Bounce Back”のソングライティングに関わり、ボーカルも加えているカニエ・ウェストが、これまで同様にアルバムの共同エグゼクティヴ・プロデューサーを務めており、ビッグ・ショーン自身も、直接プロデュースした楽曲こそ無いものの、カニエ・ウェストの影響は大きかったと認めており、「Beats 1」の番組のインタビューの中で「間違いなく、アルバムを通してカニエ・ウェストの存在が感じられると思う」と話している。また、Entertainment Weekly紙のインタビューの中では、Motown Recordsの創始者であるベリー・ゴーディと共にMotownの展覧会に行き、そこでベリー・ゴーディから直接マーヴィン・ゲイやスティーヴィー・ワンダーらの話を聞いたこともアルバムへの大きな刺激となったと語っている。

アルバムには、地元デトロイトのヒーローであるエミネム(Eminem)が参加。前々作『Hall Of Fame』の際にも共演を熱望したものの実現できずにいたエミネムとは、エミネムのレーベル15周年記念コンピレーション『Shady XV』の目玉のひとつとなった“Detroit Vs. Everybody”のマイクリレーに他のデトロイトのMCと共に参加する縁もあったが、ついに自身のアルバムに参加することが叶った。「Beats 1」のインタビューの中でビッグ・ショーンは、「なんで俺がこれだけのエミネム・ファンなのか、改めてそのわけを思い出させてくれた。なんでエミネムの作品にこれほど惹かれるのかってね。エミネムは無二で、特別。初めて彼のラップを聞いたとき、この世界に新しい流れをもたらしたと思ったんだ。そして今回の曲のヴァースを聞いたとき、すぐにその時の気持ちを思い出したし、『ワオ、これはまったく新しいエネルギーだ』って思ったよ」と、エミネムの参加について振り返っていた。

『I Decided.』には他にも、“Bad and Boujee”が全米シングル・チャート1位となるなど勢いに乗るヒップホップ・トリオのミーゴズ(Migos)や、ジェネイ・アイコとのトゥエンティ・エイティエイトを始め、ザ・ドリーム(The-Dream)、ジェレマイ(Jeremih)、スターラー(Starrah)らがゲスト・アーティストとして参加している。

『I Decided.』というタイトルについて「Beats 1」のインタビューでは、「たくさんのことを意味しているんだ。人生とは、決断の連続だと思う。今この瞬間も、俺が決断したこと。だから、最後にピリオドが入ってるんだ。決定的であるということだから」とコメント。また、アンドレ3000(Andre 3000)にこのアルバムを聞かせたとき、アンドレから「ひとつのラインも無駄にしてないな」と褒められたと明かし、いずれコラボレーションもしたいと話している。

1. Intro
2. Light (feat. Jeremih)
3. Bounce Back
4. No Favors (feat. Eminem)
5. Jump Out The Window
6. Moves
7. Same Time, Pt. 1 (feat. TWENTY88)
8. Owe Me
9. Halfway Off The Balcony
10. Voices In My Head / Stick To The Plan
11. Sunday Morning Jetpack (feat. The-Dream)
12. Inspire Me
13. Sacrifices (feat. Migos)
14. Bigger Than Me (feat. The Flint Chozen Choir & Starrah)