bmr

bmr>NEWS>音楽セールスは下落傾向も、BandcampはCD/ダウンロード/レコードすべて右肩上がり

NEWS

音楽セールスは下落傾向も、BandcampはCD/ダウンロード/レコードすべて右肩上がり

Bandcamp

今月頭にニールセン・ミュージックは米音楽セールスはCD、ダウンロード共に下落していることを発表したが、一方で、主にインディペンデントのアーティストやレーベルの音楽配信プラットフォームとして人気のBandcamp(バンドキャンプ)は、すべてにおいて前年比より売り上げが伸びていることを発表した。

Bandcampは2007年に非上場企業として創立され、2008年から音楽配信プラットフォームとしてサービスを開始。soundcloudやYouTubeなどのように音源や映像をストリーミング再生することができるが、特徴的なのは、アルバムなどひとつの商品ページから購入リンク、試聴リンク、作品の情報などがすべてまとまっていること。また、アーティスト自身が価格を設定できるため、無料ダウンロードにすることも可能で、アルバム全曲をフルで試聴できるのが嫌な場合は特定の楽曲のみを試聴可能に設定できる。

他にも、アルバムの楽曲ごとのページもできるため、楽曲ごとの歌詞や制作者のクレジット情報などが記載されていることが多く、他のデジタル配信サービスよりも情報量が多いケースが少なくない。加えて、デジタル・ダウンロードもmp3(320kbps)から、元の音源を圧縮しないwav、aiff形式や、元の音声データからの音質の劣化が無いとされる可逆圧縮のflac形式など高音質でダウンロード可能であったり、CDやレコード、カセットテープから、近年はTシャツなどのグッズ販売も可能に。購入・ダウンロード時にはメールアドレスの登録を求めることが可能なため、購入者・ダウンロード者にダイレクトに新作のニュースなどを送ることができるなど、様々な利点があることで人気を得ている。

こうしたカスタマイズ性の高さや利点の多さもあって、特にメジャー・レーベルに所属しないインディのアーティストによく利用されており、中にはインディ・レーベルやマネジメント自体がページを持って運営していることもあるBandcampだが、先日、2016年のレビューを発表。それによると、Bandcampでのデジタル・アルバム・セールスは前年比20%増、単曲でのダウンロードも23%増で、レコードは前年比48%増、CDも14%増、カセットテープに至っては58%増となり、グッズ販売も34%増と、いずれの数字においても好調であることが明かされた。また2016年内に数十万人のアーティストが新規アカウントを開設したほか、2000以上のインディ・レーベルがBandcampで配信をスタートさせたという。これまでのBandcampの売り上げ総額は2億ドル(およそ230億円)近いとのこと。

音楽セールスなどの実態を調査し報告するニールセン・ミュージックが発表した2016年の年間の結果では、アルバムの実売セールスは前年比16.7%ダウンで、そのうちCDセールスは前年比16.3%ダウン、デジタル・ダウンロード形態は前年比20.1%ダウン。デジタル・シングル・セールスも前年比25%ダウンと落ち込み、200万DLを超えたシングルは、2015年は17曲あったのに対し、2016年はわずか5曲に留まったほか、300万DL以上を売り上げた曲は2015は5曲あったのに対し、2016年はゼロに終わったことが分かった。特にデジタル・シングル・セールスは4年連続で下落しており、2012年のデジタル・シングル・セールス累計に比べ、4年でほぼ半減している状態だ。一方で、オンデマンド・ストリーミング・サービスにおける再生回数は前年比39.2%アップとなり、ストリーミング再生回数を反映する全米シングル/アルバム・チャートでも、ストリーミングにおいて強い作品が上位を占めるようになった。

しかしこのBandcampのレポートでは、アーティストへの還元が少ないという意味において、メジャー・レーベル主導の定額制音楽ストリーミング・サービスのビジネス・モデルが崩壊していると言及した今年1月頭のブルームバーグの記事を紹介しながら、こうした音楽業界の構造変化における「オルタナティブ」としてBandcampが存在しており、売り上げが右肩上がりであるという事実がこれを証明しているとしている。

なお、Bandcampは昨年12月頭に、Bandcamp配信作品における年間ベスト・ランキングを独自に発表しており、1位は、晩年のプリンス(Prince)のサポートなども受けながら、LAの女性R&Bトリオ=キング(KING)が自主レーベルから発表したデビュー・アルバム『We Are KING』となった。同作は、英Guardian紙や、Pitchforkなどのメディアの年間ベストにも選出されたほか、来月に授賞式が行われる第59回グラミー賞でビヨンセ(Beyonce)やリアーナ(Rihanna)らと並んで最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム部門にノミネートを受けている