bmr

bmr>NEWS>エミネム、ゴーストライターの存在を疑いケンドリック・ラマーを「テスト」していた

NEWS

エミネム、ゴーストライターの存在を疑いケンドリック・ラマーを「テスト」していた

Eminem & Kendrick Lamar

世界セールスが1億枚を越える「ヒップホップ・モンスター」ことエミネム(Eminem)と、昨年のグラミー賞では最多11ノミネート・最多の5冠となった新世代のラップ・スター、ケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)。お互いにその才能を讃えあうふたりだが、実はエミネムは以前、ケンドリック・ラマーがゴーストライターを使っているのでは?と疑っていたという。

これは、ビースティ・ボーイズ(Beatie Boys)やエミネムを始め、カニエ・ウェスト(Kanye West)やフランク・オーシャン(Frank Ocean)、アデル(Adele)、エド・シーラン(Ed Sheeran)のプロデュースも手がけてきた大御所リック・ルービン(Rick Rubin)が話したことを、エド・シーランが伝えたもの。

3月にニュー・アルバムをリリースするエド・シーランは、インターネット・ラジオ番組でのインタビューの中で、他の素晴らしいアーティストから学んだことは?と訊ねられ、リック・ルービンから聞いた話として、エミネムとケンドリック・ラマーの話を紹介。「エミネムは、ケンドリック・ラマーが最高のラッパーだという話を聞いて、スタジオに招いて1曲、ラップさせたんだ。ケンドリックが仲間たちとやってくると、エミネムは『君にスタジオに入ってほしい。あくまで君だけで。俺のエンジニアがやってくるから、レコーディングしよう。でも君の仲間は入れられない』って言って。そしたらケンドリックがヤバいバースを書いて、披露したんだよ。それからやっとケンドリックの仲間もスタジオに入れてもらえたんだけど、エミネムは、ケンドリックがゴーストライターを使っているんじゃないかと思って試したんだ、って明かしたんだってさ。それでそんなことはないってエミネムは理解して、ケンドリック・ラマーは最高だとエミネムは言うようになったって話。クールだよね」と、ケンドリック・ラマーが本当に自分でラップを書いているのかエミネムがテストしたというエピソードを話した。

“テスト”に合格したケンドリック・ラマーはその後、エミネムが2013年に発表した最新作『The Marshall Mathers LP2』に収録された、リック・ルービン制作の“Love Game”にゲスト参加した。エミネムも以降、ケンドリックの才能を褒めており、昨年10月にも、「Aftermathからのケンドリックのデビュー・アルバムを聞いたときは信じられなかったよ。だってあれはあいつの本当の意味での最初のアルバムで、なのにスキットをうまく織り交ぜながら(アルバムを)ひとつのストーリーに仕上げていたんだから、天才だろ」などと絶賛している。

なお、エド・シーランは、『+』(plus)、『×』(multiply)に続くニュー・アルバム『÷』(divide)を3月3日にリリース予定で、リード・シングルとして同時発表した“Shape Of You”と“Castle On The Hill”はそれぞれ全英チャートで初登場1位と2位を獲得。音楽ストリーミング・サービスの最大手Spotifyでの24時間での再生回数の新記録を打ち立てるなど大きな反響を起こしている。ラッパーとも交流のあるエド・シーランだが、『÷』のオープニングを飾る“Eraser”ではラップもフィーチャーされる予定で、先日ラジオ番組でそのラップを初めて披露している。